転職でいきなり管理職を目指したいが、可能か?【可能だが大変】

転職ノウハウ
この記事は約8分で読めます。
Sponsored Links

 

 

転職でいきなり管理職を目指している人「転職でいきなり管理職を目指したいが、可能か?転職でいきなり管理職を目指す上で、必要なスキルを知りたい。転職でいきなり管理職を目指す上で、おすすめの転職エージェントと転職サイトを知りたい。」

 

上記の疑問・お悩みにお答えします。

Sponsored Links

 

先ほど、こんなツイートをしました。

 

 

転職で「いきなり管理職」を目指す場合は、可能だが大変。管理職を経験していなくても、転職先によっては、いきなり管理職に就くこともできるが、プロパー社員から厳しい目で見られることは覚悟しなければならない。外資系管理職は、実績さえ出せばプロパーと中途採用の差別は少ないのでおすすめ。

 

記事の根拠

ちなみに筆者は課長から部長への管理職転職を成功しています。

転職先では開発部門責任者と採用担当者を兼任していました。

 

数多くの方の書類選考、および、転職面接を行ってきました。

転職経験は3回ほどあり、50社近くの転職エージェントと転職サイトを使ってきました

 

記事構成は以下の通りです。

5分ほどで読める記事ですので、しばらくお付き合いください。

 

  • 転職でいきなり管理職を目指したいが、可能か?【可能だが大変】
  • 転職でいきなり管理職を目指す上で、必要な3つのスキル
  • 転職でいきなり管理職を目指す、おすすめの転職エージェントと転職サイト3選

 

では一つずつ解説します。

 

 

転職でいきなり管理職を目指したいが、可能か?【可能だが大変】

 

結論「多くの企業で管理職不足のため、転職でいきなり管理職を目指すのは可能だが大変です」

 

結論から言うと、転職でいきなり管理職を目指すのは可能です。

その理由としては、中小企業では特に管理職不足のため、ニーズがあるのです。

 

多くの20代・30代の方が管理職を志向していないのも、管理職不足の一因です。

中間管理職はそれだけ大変な仕事だということです。

 

転職でいきなり管理職を目指す前に「なぜ管理職を目指すのか?」について、明確にしておきましょう。

転職するのであれば、管理職以外にも色々な働き方があります。

 

わざわざ管理職を目指すからには、転職理由を説明できなければなりません。

転職活動では転職理由が最も重要ですが、それは管理職への転職でも同様です。

 

 

転職でいきなり管理職を目指す上で、必要な3つのスキル

 

結論「部下マネジメントスキル、部署をまとめるスキル、業界専門スキル」

 

転職でいきなり管理職を目指す上で、部下マネジメントスキルは必要

 

管理職で最重要スキルと言えば、部下マネージメントスキルです。

部下を評価する際のポイントは何に重点を置いているかなどで応募者の考え方も大体わかります。

 

部下育成にきちんと力を入れてきた人なのかもわかります。

採用面接の今までの経験ですと、部下を育成しようとせず、部下の実績だけで評価する応募者も多いです。

 

企業によってマッチング度合いが大きいのが、部下マネージメントスキルです。

社風にも大きく影響するからです。

 

例えば外資系企業であれば、かなりドライな社風です。

評価も「実績だけ」で行う傾向があります。

 

日系企業であれば、部下がどのように業務に取り組んできたかも考慮してくれるところが多いです。

能力・実績主義になったとはいえ、日系企業はまだまだ年功序列は残っている企業もあります。

 

あなたの部下マネージメントスキルと企業の社風とのマッチングは、よく調査しておく方がいいでしょう。

マッチングしてない求人に応募する時間は転職活動の無駄になります。

 

求人応募は会社四季報転職会議でよく調べて、企業研究を十分にしてからにしましょう。

 

転職でいきなり管理職を目指す上で、部署をまとめるスキルは必要

 

部署・チームをまとめるスキルは当然ながら必要です。

部署でどのようなアウトプットを出すのか方針を示し、責任をとるのが管理職です。

 

間違っても部下の手柄を横取りしたり、自分の失敗を部下の責任にしたりしてはいけません。

全てのアウトプットは管理職の責任なのです。

 

チーム成果のコミットメントができているかはとても重要です。

チームとして成果が出るように部下に働きかけることを第一とすべきです。

 

管理職としての仕事が忙しく、チームの成果が出ているかどうか部下にフォローできない場合もあるでしょう。

そのような場合は管理可能なサブチームを作るなどして、組織体制を考えることも必要です。

 

何十人、何百人のチームの成果をあなただけでフォローするのは、土台無理です。

チームの中でキーマンをサブチーム単位のリーダーに指名することで、あなたの負担は軽くなるはずです。

 

ただし部下一人一人の成果についても気を配ることも忘れてはいけません。

チーム成果については組織体制を考えることも必要ですが、部下一人一人のアウトプットをフォローすることも必要なのです。

 

部署・チームをまとめるスキルはこのように管理職として、総合的なものが必要です。

管理職の経験がなくても、事業の立ち上げにたずさわった経験などがあれば、転職面接では十分なアピールポイントになります。

 

管理職としての採用ポイントは「結果よりプロセス」です。

応募者はどのようなプロセスで部下を管理してきたのかを転職面接ではみています。

 

転職でいきなり管理職を目指す上で、業界専門スキルは必要

 

管理職は部下の管理を行うことが多いのですが、会社で以外に多いのが業界のことに詳しくない方です。

単なるスケジュール管理をしている管理職になってしまい、部下からも尊敬されません。

 

最先端技術を常にキャッチアップするのは、管理職の仕事です。

これから求められる技術をあらかじめ読むスキルも必要です。

 

時代遅れの業務内容をチームで行っては、チームの評価が下がり、あなたが降格ということももちろんあり得ます。

プレイイングマネージャーの場合はあまり心配ないのですが、実作業を行っていない管理職の方は特に心配です。

 

転職でいきなり管理職を目指すのであれば、業界専門スキルは必須と言えます。

これから求められる事業はどんなものがあるかを転職面接で提案できるようにしておきましょう。

 

あなたが指示をする立場なのですから、部下よりも業界専門知識を深く身につけていることは当然とも言えます。

 

 

転職でいきなり管理職を目指す、おすすめの転職エージェントと転職サイト3選

 

結論「転職エージェントはJAC Recruitment 、転職サイトはビズリーチCAREERCARVERがおすすめ」

 

転職でいきなり管理職を目指す、おすすめの転職エージェント:JAC Recruitment

 

 

JAC Recruitment は外資系求人に強い業界第三位の転職エージェントです。

管理職求人も多く保有しています。

 

年収アップを望む場合は、外資系管理職求人に応募するのが効果的です。

スキルに自信がある人であれば、求人紹介されるでしょう。

 

スキル不足の方の場合は登録できないこともあります。

あなたの転職市場価値をはかるために、登録できるか挑戦してみるだけでもいいでしょう。

 

 

転職でいきなり管理職を目指す、おすすめの転職サイト:ビズリーチ

 

 

ビズリーチは年収1000万円近辺の求人が中心の転職サイトです。

ヘッドハンター型転職サイトですので、オファーは企業、転職エージェントのどちらからも来ます。

 

テレビCMでもおなじみなので、知名度はとても高い転職サイトです。

筆者ももちろん利用していますが、企業としても良い人材を採用するために、結構な数のオファーが来ます。

 

 

 

転職でいきなり管理職を目指す、おすすめの転職サイト:CAREERCARVER

 

CAREER CARVER

 

CAREERCARVERはハイクラス型転職サイトで、リクルートが運営しています。

求人数はビズリーチより見劣りしますが、求人の質という点ではむしろ勝っています。

 

ここもビズリーチと同様、ヘッドハンターからのオファーを待つ転職サイトです。

急いで転職したい方は同社が運営するリクルートエージェントを使った方が良いでしょう。

 

CAREERCARVERは良い求人が来るまで転職しないで待てる人におすすめします。

現職で部長クラスの方は仕事が忙しいので、ここに登録しておくと思わぬ優良オファーが来ると思います。

 

 

 

 

Sponsored Links

コメント