【失敗せず】転職の進め方で転職サイトと転職エージェントを使おう!

【失敗せず】転職の進め方で転職サイトと転職エージェントを使おう!転職ノウハウ
この記事は約6分で読めます。
Sponsored Links

転職サイトと転職エージェントには、それぞれ使い方があります。本記事では転職サイトと転職エージェントの使い方を解説します。

Sponsored Links

【失敗せず】転職の進め方で転職サイトと転職エージェントを使おう!

転職サイトのビジネスモデル

 

結論「転職の進め方に従って転職サイトと転職エージェントを使うのが効率的」

 

転職の進め方には王道ともいうべき方法があります。

知っているかどうかで転職成功するかどうかが決まることだってあるんです。情報こそすべてです。

 

  • 転職理由・転職の軸を明確にする
  • 転職理由に相応しい求人ニーズを転職サイトでマーケティング
  • 転職活動のスケジュールを立てる
  • キャリアの棚卸し
  • 履歴書・職務経歴書の作成
  • 転職エージェント推薦で応募
  • 年収交渉・内定・退職
  • 上記の通り。

 

なぜ転職エージェントは無料で利用できるのか?に詳しく書いてありますが、転職エージェントのビジネスモデル、すなわち儲かる仕組みは成功報酬型です。

つまり登録している転職希望者が転職成功して初めて、転職エージェントの売上げとなるわけです。

 

それに対して、上図は転職サイトのビジネスモデルを書いたものです。

  • 企業は求人掲載に際し、掲載料を基本的には前払いで支払う。成功報酬型を組合せることも可能。
  • 掲載料によって、求人掲載の場所が決まる
  • 登録者のあなたから見ると、掲載料の高い求人が見つけやすい
  • 登録者のあなたから見ると、掲載料の安い求人は見つけにくい

 

求人の質ではなく「掲載料」によって、検索のし易さに影響が出てくる点は注意が必要です。

目立つ場所に掲載されていても、良い求人だとは限りません。

>>転職サイトのビジネスモデルを理解した使い方とは?【おすすめ】

 

 

スカウトサービスとしての転職サイトは利用価値があるか?

スカウトサービスとしての転職サイトは利用価値があるか?

 

スカウトは登録したあなたのレジュメを見て、企業や転職エージェントからオファーが来る転職サイトサービスです。

ただしスカウトの意味は「求人に応募してみませんか?」です。

 

転職エージェントの方がずっと利用価値はあります

スカウトは使い方によっては利用価値がありますが、求人の調査をマジメにしないとダメです。

 

なぜならブラック企業のスカウトがかなり来るからです。

「採用が保証される」と勘違いする求職者の方もいらっしゃいます。

 

一般の転職サイトのスカウトは直接応募と同じですので注意しましょう。

ただしビズリーチはハイクラスの転職サイトですので、スカウトの利用価値はあります。

 

  • 企業からのスカウトは直接応募扱いと同じ
  • 企業の中には登録者に同じ文面で送付しているところがあるので注意
  • まれに登録するだけで思わぬオファーが来る
  • 応募する前に十分な検討が必要

 

スカウトサービスでは、直接応募か転職エージェント登録をしてからの応募をすることになります。

いずれにしても応募後は転職サイトからのサポートはありませんので認識しておきましょう。

>>転職サイトのスカウトを使いこなすには?【ポイントは3つだけ】

 

 

転職エージェントの方が推薦状付きなので、ずっと効率的

転職の進め方

 

転職サイトは応募方法がとても複雑です。

やっかいなのは意識しなくても、転職サイトから応募エントリーできてしまう点です。

 

スカウトサービスは企業からのオファーの場合は、エントリーすれば良いので特に問題はないでしょう。

ところが転職エージェントからのオファーの場合は、転職エージェント登録をしないと応募は出来ません

 

なぜか?

転職エージェントからスカウトが来たということは、その求人は転職エージェントのものだからです。

 

これが転職サイトの使い方をわかりにくくしている原因です。

転職サイトから応募するのはやめたほうがいいです。求人検索に使いましょう。

 

本来なら転職サイトの使い勝手を改善して頂きたいところです。

転職サイトのビジネスモデルは「求人掲載」で成り立っています。

 

転職サイトのスカウトや応募は使わないほうが無難です。

>>【情弱】転職サイトの使い方での最悪の失敗は直接応募してしまうこと

 

ハローワーク、知人の紹介、新聞・フリーペーパー、転職サイト、転職エージェントなど転職活動で使うメディアは様々です。

適切な管理をしっかりしましょう。

 

今度は求人応募の可能性について考えてみましょう。

転職サイトから求人応募する場合は転職エージェントのものを除き、どんな求人でも可能です。可能性は低くてもです。

 

一方転職エージェント推薦の応募は、エージェントが企業に推薦する形となります。

転職エージェントがあなたに求人紹介するのは、企業への推薦候補者だからです。

 

あなたの職務経歴を聞き、希望条件も勘案して適切なものが求人紹介されるはずです。

求人紹介された時、応募を辞退するのは希望条件がよほど乖離していない限りは、前向きに検討した方が転職成功まで短期間で済みます。

 

もちろんこの後、もっと良い条件の求人が出て来る可能性もあります。

転職エージェントの使い方の基本は、優先順位を決めることです。

 

複数社から同時に内定をもらうことも想定してから応募して下さい。

10社以上も同時に応募すると、後が困ります。

 

スケジュール管理もしっかりですね。

>>応募求人の進捗管理はどうすればいいの?【テンプレ公開します】

 

以上より、転職の進め方に従って転職サイトと転職エージェントを使うのが最も効率的です。

>>簡単な転職の7つの進め方を完全公開【これを守らないと失敗する】

 

 

おすすめの転職エージェント・転職サイト

おすすめの転職エージェント・転職サイト

 

パソナキャリア

 

転職エージェント4強の一つです。

求人開拓、転職者支援ともに一人のコンサルタントが一気通貫でサービスをします。

 

そのため、求人についての情報を良く把握できており、面談をして適任だと思う人に紹介可能なのです。

 

無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

リクナビネクスト

 

転職希望者がほぼ100%利用している転職サイトです。

転職活動の最初に登録しましょう。

 

スカウトの利用は職務経歴書がある程度完成してからの方が良いでしょう。

運営はリクルートですので安心して転職活動を始められます。

 

無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

ビズリーチ

 

転職サイトと転職エージェントの中間的な性格です。

求人掲載がされており、ウェブサイトからの応募も可能です。

 

しかし、ヘッドハンターからのオファーがこの転職サイトの特徴ですね。

本当の意味での非公開求人を多数保有しています。

 

事業立ち上げメンバーの求人はなかなかないですよ。

テレビCMでも有名なのでご存知なかたも多いでしょう。

 

20代向けのキャリトレもビズリーチが運営しておりますが、取り扱う求人は棲み分けがしっかりされています。

 

無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

 

Sponsored Links