転職方法、効率的なのはどれ?


転職方法の代表例としての転職サイト。私は転職サイトだけでは転職成功は難しいと思っています。その訳をお話ししましょう。

求人サイトとしての転職サイト

転職エージェントのビジネスモデルは成功報酬型です。

つまり、登録している転職希望者が転職して初めて、利益となるわけです。

それに対して、上図は転職サイトのビジネスモデルを書いたものです。

 企業は求人掲載に際し、掲載料を支払う

 掲載料によって、求人掲載の場所が決まる

 登録者のあなたから見ると、掲載料の高い求人が見つけやすい

 登録者のあなたから見ると、掲載料の安い求人は見つけにくい

 求人の質ではなく、掲載料によって、検索のし易さに影響が出てくる点は注意が必要です。目立つ場所に掲載されていても、良い求人だとは限りません。

 

スカウトサービスとしての転職サイト

登録したあなたのレジュメを見て、企業や転職エージェントからスカウトメールが来るサービスです。

転職サイトの中では、最も利用価値のあるサービスです。

 登録するだけで思わぬオファーが来る

 応募する前に十分に検討が可能

 転職エージェントからのオファーであれば、その後はその転職エージェントから求人紹介される

 スカウトサービスでは、直接応募か転職エージェント登録をすることになります。

 

転職エージェントの方が効率的?

転職サイトはこれだけでは成立しないことが多いです。

最も利用価値があるスカウトサービスについて考えてみましょう。

スカウトサービスは企業からのオファーの場合は、他の転職支援サービスは入らないですね。

転職エージェントからのオファーの場合は、転職サイトから転職エージェント登録をするわけです。

これが転職方法をわかりにくくしている原因でもあります。

転職サイトと転職エージェントとで区別がついていない方が多いように見受けられます。

応募方法で考えるとわかりやすいです。

直接応募は転職サイトです。

応募はあなたの自由です。

転職エージェント経由の応募は、エージェントが推薦する形となります。

転職エージェントが適当でないと判断すれば、応募はできません。

逆に応募できるということは、見込みがあるということです。

どちらが効率的かは明らかだと思います。

 

おすすめの転職サイト、転職エージェント

パソナキャリア

転職エージェント4強の一つです。

求人開拓、転職者支援ともに一人のコンサルタントが一気通貫でサービスをします。

そのため、求人についての情報を良く把握できており、面談をして適任だと思う人に紹介可能なのです。

 【パソナキャリア】への登録はこちら

リクナビネクスト

転職サイトでは、殆どの転職希望者が利用しています。

転職活動の最初に登録しましょう。

 【リクナビNEXT】への登録はこちら

人材バンクネット

企業ではなく、転職エージェントの集合体としての転職サイトです。

直接求人に応募はできませんので、転職エージェントへのエントリーが必要です。

遠回りのようですが、転職エージェントとの縁が増えていくので、望ましいと思います。

この転職サイトを使うことで、どの転職エージェントにエントリー済みかがわかるからです。

エントリーのし過ぎは、管理できなくなります。

一定期間経っても、求人紹介がない転職エージェントは、個人情報を抹消してもらいましょう。

 【人材バンクネット】への登録はこちら

ビズリーチ

転職サイトと転職エージェントの中間的な性格です。

求人掲載がされており、ウェブサイトからの応募も可能です。

しかし、ヘッドハンターからのオファーがこの転職サイトの特徴ですね。

本当の意味での非公開求人を多数保有しています。

事業立ち上げメンバーの求人はなかなかないですよ。

テレビCMでも有名なのでご存知なかたも多いでしょう。

 【BIZREACH(ビズリーチ)】への登録はこちら


トップへ戻る

転職に関するお悩みはお気軽にお問い合わせください。









本日のランキングクリックありがとうございました(^^)/

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職情報・転職サイトへ

ニュースレターを購読する

新規記事を誰よりも早くお届けします!