転職エージェントはコンサルタント次第【口コミ比較は無駄です】

転職エージェント
この記事は約7分で読めます。
Sponsored Links

 

 

転職エージェントのコンサルタントと相性が合わず悩んでいる人「転職エージェントの担当コンサルタントとの相性が良くない。紹介される求人は満足しているので、マッチングスキルはあると思う。何となく話しにくいので、相談もできない。割り切ってこのままにしておいても良いのだろうか?」

 

上記のお悩み・疑問にお答えします。

Sponsored Links

 

先ほど、こんなツイートをしました。

 

転職エージェントの担当コンサルタントは相性が重要。結局はコミュニケーション能力が高いコンサルタントを選ぶのがよい。スキルマッチング能力はあってもキャリア相談ができないと転職エージェントのメリットは半減する。

 

ちなみに筆者は採用担当者で、数多くの転職面接や書類選考を経験しています。

転職経験も3回ほどあり、50社以上の転職エージェントと転職サイトを利用してきました。

 

採用担当経験、そして3回の転職経験から、この記事を書いてみました。

5分ほどで読める記事ですので、しばらくお付き合いください。

 

  • 転職エージェントはコンサルタント次第【口コミ比較は無駄です】
  • 転職エージェントのコンサルタントと相性が良くない場合どうすればよいか?
  • 転職エージェントのコンサルタントはスキルマッチング能力があればよいのか?

 

では一つずつ解説します。

 

 

転職エージェントはコンサルタント次第【口コミ比較は無駄です】

 

結論「転職エージェントはコンサルタントの能力次第で決まる」

 

転職エージェントの口コミを比較している求職者の方が多すぎるように思います。

ぶっちゃけ転職エージェントの口コミ比較は時間の無駄でしかありません。

 

その理由は転職エージェントはコンサルタント次第で良くも悪くもなるからです。

転職エージェントのメリット・デメリットにもなるのが、コンサルタントスキルにバラツキがあることです。

 

 

転職エージェントに登録するとあなたに担当コンサルタントがつきます。

コンサルタントを誰にしてほしいとあらかじめ指名することはほとんどの転職エージェントではできません。

 

つまり「イマイチ」のコンサルタントが担当することもあり得るんです。

それこそが転職エージェントのデメリットですので、口コミ比較は意味ないです。

 

口コミに書かれていることはほとんど「担当コンサルタント」の優劣についてです。

そのコンサルタントに担当してもらいたいと仮に思ったとしても、転職エージェントに登録するとすぐに担当コンサルタントから面談についての連絡があるはずです。

 

あなたには選択権はないんですね。

ただこれについては回避策はあります。

 

過剰に心配しないでください。

それではコンサルタントと相性が合わないとき、どうするのが良いのでしょうか?

 

次項からは解決方法を簡潔に書きます。

誰でもできることですので、ぜひ実行してくださいね。

 

転職エージェントはコンサルタント次第で優劣が決まります。口コミに書いてあるのは担当コンサルタントについてのことです。転職エージェントでは指名することはできませんので、コンサルタントが誰になるかは結局は運任せです。相性が合わないときはそのままにするのはよくありません。解決編は次で!

 

 

転職エージェントのコンサルタントと相性が良くない場合どうすればよいか?

 

結論「あなたが相性が合わないと思ったら、すぐに担当コンサルタントを交代してもらおう」

 

転職エージェントはあなたに転職してもらって初めて企業からフィーが入るビジネスモデルをとっています。

つまり担当コンサルタントとあなたとの相性が合わないのは転職エージェントにとってもビジネス上良くないことなんです。

 

あなたにとっても相性が合わないコンサルタントに転職支援をしてもらうことはデメリットしかありません。

その時の対策はたった一つです。

 

担当コンサルタントを切ってください。

転職エージェントによってはウェブサイトから簡単に手続きできるところもあります。

 

リクルートエージェントは最大手ですので、コンサルタント交代についてもシステム化されていて、使いやすかったです。

以下がコンサルタント交代したいときの依頼フォームです。

 

変更希望の理由を明記するのはビジネスマンとして常識ですね。

本音で書く必要はないので「もう少し幅広く求人を紹介してもらいたい」などと書いておけば十分です。

 

 

転職エージェントを上手く使うコツは一つです。

出来るだけ早く「あなたにとって相性ピッタリのコンサルタントを見つける」ことです。

 

 

そのために最初は複数の転職エージェントを掛け持ちすることをおすすめします。

何人かのコンサルタントと接しないと「こんなものか」と妥協してはあなたの転職活動にとって、もったいないです。

 

転職エージェントは利用するものです。

転職エージェントに利用されてはいけません。

 

中には希望していない求人に応募するようにゴリ押しするコンサルタントもいます。

自分の収入に関わってきますからね。

 

人材業界の離職率はとても高いんです。

なのでコンサルタントになりたての新人があなたの担当になる可能性も十分にあります。

 

あなたの転職活動を効率的に進めるためにはコンサルタントとの相性をまずチェックしましょう。

話しにくい相談しにくいコンサルタントでは転職活動は失敗します。

 

相性が合わないコンサルタントが担当者になったときの対策はとても簡単です。転職エージェントに担当変更を申し出るだけです。あなたの転職が成功するか失敗するかがかかっているので、遠慮は無用です。納得できるコンサルタントを見つけるまで頑張ることが転職失敗しない秘訣です。

 

 

転職エージェントのコンサルタントはスキルマッチング能力があればよいのか?

 

結論「例えスキルマッチングの能力が高くてもコミュニケーションを取れなければコンサルタントの能力は半減する。」

 

転職エージェントのコンサルタントはあなたとの相性が一番だと先ほど書きました。

では相性とは何のことでしょうか?

 

転職エージェントのコンサルタントの能力をはかるパラメータは二つあります。

一つ目はスキルマッチング能力、二つ目はコミュニケーション能力です。

 

求職者の多くがスキルマッチング能力さえあれば、満足する傾向にあります。

ですが転職エージェントは「転職支援」ですので、転職サポートしてもらうこともやってもらわないと損です。

 

求人紹介してもらうだけではあまりにももったいないです。

あなたが転職活動で行き詰ったときに相談できる相手こそがコンサルタントです。

 

転職活動で悩みがあったら本音ベースで相談できるコンサルタントが必要ですよね。

筆者は転職活動中ではないですが、懇意にしているコンサルタントとのコミュニケーションは欠かしていません。

 

役に立つ情報が入手できますし、タイミングによっては掘り出し物の求人を紹介してもらえる可能性もあるからです。

コンサルタントといっても人間です。

 

スキルマッチング能力だけではなく、コミュニケーション能力も兼ね備えているコンサルタントを見つけましょう。

あとはあなたとの相性なので、好みで選んでよいと思いますよ。

 

 

転職エージェントのコンサルタントはスキルマッチング能力とコミュニケーション能力が優れている人を選びましょう。相性が良いコンサルタントはこの二つのスキルが高いことがほとんどです。

 

 

 

Sponsored Links

コメント