【驚愕の事実】転職の軸を作るのは意外に簡単【誰でもできる】

転職ノウハウ
この記事は約6分で読めます。
Sponsored Links

 

 

転職の軸が決まらずに悩んでいる人「転職の軸が決まらないので、応募すべき業界・職種が明確にならず、困っている。転職理由までは明確にしたので、転職の軸の作り方がもしあれば知りたい。」

 

上記のお悩み・疑問にお答えします。

Sponsored Links

 

先ほど、こんなツイートをしました。

 

転職の軸の作り方は意外と簡単で明快である。①できることから作る②したいことから作る③すべきことから作る。この3つが重なっていれば理想だが、どれかに優先順位を付けた方がよい。例えばノースキルならば③である程度スキルを身につけるのが先決とか。②は転職実現するには優先順位は最低でよい。

 

ちなみに筆者は採用担当者で、数多くの転職面接や書類選考を経験しています。

転職経験も3回ほどあり、50社以上の転職エージェントと転職サイトを利用してきました。

 

採用担当経験、そして3回の転職経験から、この記事を書いてみました。

5分ほどで読める記事ですので、しばらくお付き合いください。

 

  • 転職の軸を作るのは意外に簡単【誰でもできる】
  • できることから転職の軸を作る方法
  • したいことから転職の軸を作る方法
  • すべきことから転職の軸を作る方法

 

では一つずつ解説します。

 

 

転職の軸を作るのは意外に簡単【誰でもできる】

 

結論「転職の軸は優先順位付けが重要」

 

転職の軸とは転職活動を進める上での指標のことです。

求人応募の際の条件と言い換えればわかりやすいでしょう。

 

転職の軸が明確になっていないと、転職活動は失敗に終わることが多いです。

たとえ転職できたとしても「こんなはずじゃなかった」と思うはずです。

 

後悔しないためにも転職の軸はブレないようにしましょう。

 

 

転職する際に決めておくべき条件は以下のようなものがあります。

 

  • 職種
  • 業界
  • 年収
  • 雇用形態
  • 勤務地
  • 活かしたいスキル
  • 勤務時間

 

上記の中で重要な項目は「職種と業界」です。

残りの項目は希望条件ですので、満たせればOKぐらいに考えましょう。

 

転職の軸を決める上で大切なことは「優先順位付け」です。

転職において、すべての条件を満たすことは困難だからです。

 

まずは「これだけは譲れない」ことを決めましょう。

もちろん希望条件も含めてです。

 

家庭の事情で転勤は難しい方は勤務地が最優先になるでしょう。

今身につけているスキルを活かした転職をしたい場合は「総合的な仕事内容」の判断が必要です。

 

新しいことに挑戦したい場合は職種・業界を変更することも考えても良いでしょう。

ただし現実的に未経験転職が可能なのは20代までです。

 

30代以降の転職は即戦力採用が原則です。

なので、20代の方は職種・業界についてこだわらずに決めても問題ないです。

 

 

逆に30代以上の方は「今までの経験・実績・スキル」が問われます。

求人応募して困るような業界・職種は転職の軸としないことを強く勧めます。

 

基本的には職種を変更することはおすすめできません。

ただし今まで身につけた経験から職種の範囲を広げるのは良いことです。

 

業界についても同じ業界に転職するよりは関連のある業界も考慮に入れた方がよいでしょう。

結果として転職の軸をずらす方法になりますが、スキルアップに最もつながるやりかたです。

 

 

できることから転職の軸を作る方法

 

結論「経験・実績をもとに転職の軸を作る方法で王道中の王道」

 

転職の軸を作るときに最優先で考えるべきことです。

企業はあなたの願望はぶっちゃけどうでも良いのです。

 

あなたが会社に何をしてくれるのかが一番の関心です。

つまり経験や実績、スキルがあなたの転職活動における武器になります。

 

あなたの強みを転職の軸と一致させれば、転職活動も楽です。

得意分野で勝負できますからね。

 

履歴書・職務経歴書を作成する際もポイントを押さえた書類が出来るはずです。

他の人が苦労してできないのに、あなたは難なくできることも強みです。

 

このように「あなたができること」に焦点を当てて、転職の軸を作成する方法が王道です。

よっぽどの理由がない限りはこの方法で転職の軸を作成してください。

 

思ったよりも簡単にできることに拍子抜けするかもです。

 

 

【20代限定】したいことから転職の軸を作る方法

 

結論「転職の目標が未経験でも挑戦したい人向け」

 

転職してからこうしたいと明確な目標がある人は「したいこと」から転職の軸を作るのもいいでしょう。

この場合は未経験転職になりますので、20代に限られます。

 

 

あなたが転職面接で「志望動機」を熱く語れば、ポテンシャル採用されるでしょう。

そのためには希望する職種・業界に詳しくなければいけません。

 

 

 

転職面接ではこれからのあなたについて語れた方が有利です。

つまり「3年後、5年後、10年後のあなたはどうなりたいか?」が明確であれば転職面接での印象も良くなります。

 

 

 

すべきことから転職の軸を作る方法

 

結論「やるべきことを解決しないと転職できない場合はこの方法で転職の軸を作る」

 

完全なノースキルでは転職が難しい場合、やるべきことから転職の軸を作ります。

将来性のある仕事だとIT関連になるかと思います。

 

ITエンジニアになるにはノースキルでは難しいです。

人手不足ですが、ある程度経験が必要です。

 

その場合は独学でもスクールでも良いですが、プログラミングを習得する必要があります。

プロのエンジニア級にはどう考えてもなれませんが、考え方は身につくはずです。

 

 

転職の前にスキル習得したり、資格を取ったりと制約がある場合はまずはこれをクリアにしておきましょう。

転職はそれからでも間に合います。

 

 

 

Sponsored Links

コメント