あなたの会社は大丈夫?どんな会社がブラック企業?

転職理由
この記事は約5分で読めます。

ブラック企業の定義は明らかに労働環境が悪い場合は判断できますが、実はきちんとした判断基準がありません。グレイゾーンも含めてどんな会社がブラック企業なのでしょうか?あなたが勤めている会社は大丈夫ですか?

ブラック企業とは?

ブラック企業とは何でしょうか?

労働環境が通常では考えられないくらいの酷さで、安月給でこき使われるというイメージではないでしょうか?

実際には福利厚生はきちんとしていて、上場している企業であっても、ブラック企業は存在します。

正確にいうと働いている社員がブラック企業だと思えば、そうなのです。

受け止める側次第ということでは、パワハラやセクハラと同じです。

ただし、以下のような状態が続いているようでしたら、ブラック企業と考えても良いです。

はっきりしたブラック企業ではなく、グレイゾーンの会社も含みます。

  • 月に残業時間45時間は当たり前になっている。
  • 時給を計算したら最低賃金くらいになっている。
  • 役職で上司を呼ぶ(普通の企業はいくら偉くても「さん付け」で呼ぶ)。
  • 退職金がない。
  • 企業年金がない。
  • 社会保険に加入していない。
  • 有給休暇が取れない。
  • 有給休暇がない。
  • ボーナスが1ヶ月分くらいしか出ない。
  • 退職者が月に一人は出ている。
  • ハローワークで常に人を募集している。
  • 求人票に書かれている年収が実際と全く違う。

などです。

2つくらい当てはまれば、ブラック企業だと思います。

ブラック企業に応募しないで済む方法とは?のように求人の確認をしてから応募することが重要ですが、時間の関係などで全てできないこともあります。

それに人間誰でも間違いを犯すものです。

このような失敗から学ぶことの方が大切です。

そうすればあなたの今後の転職活動の財産になります。

転職活動は時間が無限にあるわけではありません。

応募するに値しない求人を見分けることも次第に出来るようになってきます。

過重労働や安月給はわかりやすい

社会保険に加入する義務が企業にはあるのですが、罰則がありません。

特に中小企業では、社会保険が整備されていない場合が多いです。

年金がもらえるのはかなり先のことですが、国民年金では心許ないです。

給料であるとか残業時間とかはわかりやすいのですが、社会保険のような地味なものについては、退職後に知る人も多いようです。

企業年金や退職金については、制度があること自体知らない方がいます。

どちらもあって当たり前です。

制度を片方だけにしている企業はブラック企業と考えても良いです。

このような福利厚生を確認してみると、あなたの会社のブラック度がわかります。

厚生年金、企業年金がないのは、給料以上に痛手です。

社会保険や企業年金、退職金について意識が低い人がなぜか多いです。

結果、会社の都合の良い制度になってしまっているんです。

居心地の良いブラック企業もある!

先に書いたように制度面で欠陥だらけだとします。

会社はそれが気づかれないようにうまくやるところもあります。

アットホームな雰囲気を作って、悪い会社じゃないと思わせるんです。

例えば、イベントなど多い会社とかです。

ここで居心地がいいとあなたが思えば、ブラック企業ではありません。

例えば「給料は安いけど、みんないい人たちだから、いいっか?」とかです。

違和感を感じた人だけが、その会社はブラック企業だと思うんです。

会社がきちんと利益を出していれば、それでもいいのかもしれません。

問題は雰囲気がやたらゆるい会社で利益が出ていない場合です。

その場合は、ブラック企業以前に会社の存続が危ういと思ってください。

早めの準備をするに越したことはありません。

準備をしていない人にとっては、晴天の霹靂(へきれき)でしょう。

もしもあなたがこの記事を読んでいて、会社がこのような状態でしたら撤退する勇気を持ってください。

そして新天地で働く準備を着々と始めましょう。

ブラック企業というのは、経営に余裕がないことが引き金となっていることも多いです。

経営が悪化するとブラック化する会社だってあるんです。

だんだんと働きにくい環境になります。

会社の上司に相談したり、組合に相談したりするのは、会社が会社ですので効果はないかもしれません。

ブラック企業に勤めている場合、そのまま我慢するか転職するかしかありません。

どちらがいいのかは、第三者に判断してもらうのも手だと思います。

そのような場合、転職エージェントに相談してみるのもいいと思います。

転職するべきか、会社に残った方がマシかをプロの目線でアドバイスしてくれます。


ブラック企業へ応募をしないための求人票の確認すべき5つのポイントとは?


10万件の企業口コミ。キャリコネ

絶対に登録しておきたい転職エージェント8選!
本ブログでは転職活動では転職エージェントを使うことを強く、推奨しています。どこに登録したら良いかわからないというお問い合わせを良く頂きますので、登録しておいて間違いないものをご紹介いたします。

トップへ戻る

業界最大手の転職エージェントです。非公開求人だけでも20万件以上保有するのはここだけです。専門コンサルタントがあなたの転職を全力でバックアップします。転職初心者にも使いやすいエージェントですので、キャリア相談や求人を紹介してもらうのに有効活用してください。私自身も最初の転職のときに使った最初の転職エージェントです。コンサルタントの方がとても親切で助かったのを今でも覚えています。これについては相性がありますので、担当者が自分に合わない場合はすぐに変更可能です。ウェブサイトから手続き出来ますので、気を使う必要もありませんしね。

dodaは転職エージェントと転職サイトからの応募が一括管理できるのでとても便利です。エージェント紹介求人画面と転職サイト求人とは分かれていますので、迷うことはありません。私もリクルートエージェントとdodaは転職活動開始後、自己分析が終わったらすぐに利用しました。転職サイトからのスカウトや転職エージェントからの求人紹介がメールでかなりの数ありますので、見逃さないような工夫は必要です。求人は生き物ですから。

転職エージェントは通常求人獲得する営業担当と求職者のサポートを行うキャリアアドバイザーとで分業制をとっています。ここの転職エージェントは一人のコンサルタントが営業から求職者への転職支援を行う一気通貫体制をとりますので、アドバイザーが求人情報についてとても詳しいメリットがあります。あなたの転職支援を一人のコンサルタントが全てワンストップで担当するメリットとしてはほかにも求人のマッチングがとれないリスクがとても低いことなどが挙げられます。分業制をとるリクルートエージェントやdodaと合わせて使うとどちらがあなたに合うかわかると思います。

ハイスペック求人を取り揃えた転職エージェントで外資系求人に強いことでも有名です。当然ながら高年収求人ばかりですので、高スキルで高年収を目的に転職する方はぜひ使いたい転職エージェントです。ミドル・ハイクラスに特化した転職エージェントですので、それ以外の方は別のところを利用した方が良いでしょう。

マイナビが運営する20代に特化した転職エージェントです。第二新卒の方には最適でしょう。求人の量よりも質にこだわっていますので、求人紹介数が多いリクルートエージェントやdodaと合わせて使いたいところですね。20代の方以外は別の転職エージェントを使った方が良いでしょう。

ビズリーチはヘッドハンティング型転職サイトです。掲載されている求人は企業や中堅転職エージェント保有の求人が多いですね。ヘッドハンターからのオファーで思わぬ求人に出会える可能性が広がります。1000万円以上の求人が殆どですので、いわゆる転職サイトとは一線を画します。オファーを待つだけでも価値があるでしょう。

ワークポートは元々はIT特化型転職エージェントで、現在は幅広い求人を扱う総合型転職エージェントです。ですのでIT関係の求人に強みを発揮し、未経験からのエンジニアへの転職もサポートしています。もう一つの特徴は営業部隊が求人を毎日新規開拓しているということです。新鮮な求人を紹介することで常に生きている求人15000件を確保しています。求人は生き物ですからできるだけ新鮮な方が良いのです。転職決定人数が第一位のワークポートについてはさまざまな評判があります。しかしそのほとんどが担当コンサルタントとの相性の問題なのです。常に新鮮な求人を保有している転職エージェントは他にはありません。使わないともったいないエージェントですよ。

この転職エージェントは東京・神奈川・埼玉・千葉の首都圏エリアに特化しています。特徴としてはそんなに大手ではないので、その分サポートが手厚いということが挙げられます。大手の転職エージェントでは物足りない部分はtype転職エージェントで十分補えるはずです。この転職エージェントで転職した方の71%が年収アップを実現しています。満点の転職エージェントはありません。各々の特徴を把握しながら、上手く利用していきましょう。

ニュースレターを購読する

新規記事を誰よりも早くお届けします!


タイトルとURLをコピーしました