転職サイトは無駄なく、賢く、うまく利用せよ

転職サイト
この記事は約6分で読めます。
Sponsored Links

転職活動でも欠かすことのできないのが転職サイトです。手軽に利用できるのがその利点ですが、使い方を誤るとスカウトがなかなか来なかったりして非効率的です。どうすれば、転職サイトのかしこい利用ができるのでしょうか?

Sponsored Links

ハローワークと転職サイトのどちらが利用価値があるか?

 

転職活動をする際には、色々な媒体を使いますよね。

転職サイトを始め、転職エージェント、ハローワーク、新聞広告、雑誌広告、など。

 

 

効果のある媒体としては、転職エージェント、転職サイトが挙げられます。

ではハローワークはどうでしょうか?

 

ハローワークは必ずしも悪いということではありません。

ハローワークはこんな人におすすめということはあります。

 

 

単純な比較はできませんが、ハローワークと転職サイトとでは、どちらをメインに使った方が良いのでしょうか?

結論を言いますと、【年齢】が大いに関係しています

 

 

法律では求人票では、原則年齢制限は禁止されています。

年齢制限をするときは、いくつかの理由しか認められていないのですが、どれに当たるのかを明記しなければならないのです。

 

ですが、実情は年齢制限は行われています

履歴書の年齢を見ただけで、職務経歴書には目を通してもらえない場合が多いのです。

 

 

ハローワークはミドル向けの求人が多いとは言いませんが、転職サイトよりはずっとあります。

逆に転職サイトは若年層向けの求人しかありません。

 

ミドルの方が転職サイトの募集要項の年齢に制限がないからといって、転職サイト経由で応募することは、非常に非効率的ですし、無駄です。

やはりそういった方はハローワークを地道に使うべきです。

 

確かにハローワークは求人の検索機能も貧弱なので、一つ一つ見ていくしかないのですが、これという求人を見つけたらすぐに応募すれば、間に合います。

 

 

これに対して、先ほど書いたように転職サイトは20代、30代の方のためにあるものです。

 

求人票の仕事内容を読んで頂けると、企業が想定している年齢がわかると思います。

仕事内容が以前に行っていたようなことでしたら、あきらかに20代向け求人です。

 

主任クラス、係長クラスの仕事内容でしたら、30代向けの求人でしょう。

若年層の方は転職サイトを使いましょう。

 

 

スカウトが来るために今すぐできることは?

 

 

では転職サイトの中でも利用価値のあるものはなんでしょうか?

転職サイトは求人サイトとも呼ばれます。

 

 

それだけ求人を検索するという機能がメインであるというイメージがあるんだと思います。

ですが、求人を検索するサイトということでしたら、今はGoogleなどの検索エンジンから探すことでも十分です。

 

転職サイトには、もっと付加価値のある機能があります。

だからこそ、多くの転職希望者の方が登録するのです。

 

 

転職サイトで利用価値がある機能といえば、【スカウト】です。

あなたの経歴を見た企業、もしくは、転職エージェントがオファーをしてくれる制度です。

 

 

ほとんど全ての転職サイトにスカウト機能は存在します。

転職サイトでは、スカウトに力を入れることで、他との差別化を図ろうとしています。

 

求人ではそんなに差は出ないからです。

では登録する側としても、スカウトが来るようにしておきたいですよね。

 

まずは、登録する際に簡単にできることからやっておきましょう。

以下、三点だけです。

 

 

  • 住所と希望勤務地
  • 希望年収
  • 現在、または直前の職種

 

 

 

これを入力しておかないと、スカウトが来ません。

オファーを出す方の心理として、返事をくれそうにもない人は候補者にしません。

 

どこに住んでいるかわからないのでは、転職意欲が疑われます。

希望年収がわからないのでは、想定している年収の範囲で求人をオファーすることができません。

 

職種がわからないとどんな職種の求人をオファーしたらいいのかわかりません。

 

 

なので、上記三点を入力するだけでも、オファー候補者になります。

 

しかも、今からでも簡単にできることですよね。

ほかにもいくつかあるのですが、必須項目は先ほどの三点です。

 

それだけでもすぐに入力しましょう。

 

 

転職サイトに登録していない方は登録の際は気をつけて、それだけは入力しましょう。

 

 

【職務経歴】はキチンと書こう!

 

 

良い求人のスカウトがくるようにするための方法は一つです。

【良い職務経歴を書くこと】です。

 

 

 

  • 文字数が少ないとキャリアが企業に伝わりにくい
  • 300文字以上で企業にキャリアが最低限伝わる
  • 600文字以上で企業にキャリアが伝わりやすい

 

上記は【リクナビNEXT】による文字数目安です。

私は300文字程度ではほとんど企業にはキャリアが伝わらないと思います。

 

【リクナビNEXT】では、最大全角で2000文字まで入力できますので、1000文字くらいで企業にキャリアが伝わる程度だと思います。

文字数が多ければ良いということではありませんが、ある程度は書かないとキャリアは伝わりません。

 

文字数目安はあくまでも目安です。

私は1000文字以上は必要だと思います。

 

 

誰でもできる職務経歴書の作成方法!で書いたように職務経歴書の作成は決して難しくありません。

中身とボリュームをいい感じにしておきましょう。 

 

 

リクナビNEXT

 

絶対に登録しておきたい転職サイト7選!

 

アクセス数No.1の転職サイトです。残業時間で検索したり、月給順にソートしたりする便利な機能があります。これは業界初のサービスです。その他にもユーザーにとってうれしい検索機能があります。この転職サイトは使って損をすることはないので、ぜひ使ってみてくださいね。

ビズリーチはヘッドハンティング型転職サイトです。掲載されている求人は企業や中堅転職エージェント保有の求人が多いですね。さらに掲載されていない非公開求人についてはヘッドハンターからのオファーという形で出会える可能性が大きく広がります。1000万円以上の非公開求人が殆どですので、いわゆる転職サイトとは一線を画します。オファーを待つだけでも価値があるでしょう。

Re就活は20代向けの求人が多い転職サイトです。登録者数も20代が多いので、まだご存知でない方は一度サイトを見てみることをおすすめします。思わぬ求人に出会えるかもしれませんよ。

リクナビネクストは転職活動中のほぼ全員が使っているリクルートキャリアが運営する転職サイトです。登録はとても簡単ですし、求人検索などの基本的な機能もとても使いやすいので初心者向けとも言えます。転職をすると決めたら、まずはここから使いましょう。

CAREER CARVER

キャリアカーバーはリクルートキャリアが運営するハイクラス向けの転職サイトです。転職後の平均年収の実績は942万円です。リクルートだから実現できる高年収とも言えます。実に多くの転職エージェントと提携しているため、ヘッドハンターの数も半端ないです。求人の質はとても高いものなので、そんなにオファーはないので転職を急がない方や良いところがあったら転職を考えようというスタンスの方には最適だと思います。

スマホから気軽に使える転職サイトです。特徴は書類選考が通過している求人のみオファーが来ることです。それもかなりの頻度ですので、転職エージェントと転職サイトを補完するメディアとして上手く利用できます。転職活動のスキマ時間に使う程度で構わないと思います。

この転職サイトはきちんと20代向けと断っているところが良心的です。年齢で応募しても無駄だったということが転職サイトの求人には多いからです。20代の方であれば気軽に使える転職サイトとなっています。レコメンドされる求人の中から興味あるものを答えていくことで、AIがあなたの転職に関する価値観を分析していきます。使い込むうちにだんだんと興味のある求人が増えていくでしょう。気軽に使ってみてください。

東京しごとセンターは東京都が運営する公的な就職支援のための施設です。ここではヤング、ミドル、シニア層それぞれに対して就職支援を行っています。若者正社員チャレンジ事業はヤング層に対しての就職支援で29歳までが対象とし、ニートやフリーターなど就業経験のない方向けの正社員就職を目的とするものです。今まで1500名以上の就職実績があります。通常の就職と違って、実際に企業で働きながらあなたに向くところかどうかを実感することができます。実習の間はアルバイトが出来ず大変だという方には最大10万円の奨励金を用意しているとのことです。今まで就業経験がない方で20代の方はぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

トップへ戻る

 

 

 

よくある質問

 

 

転職活動の手順を知りたい。できるだけ無駄のないようにしたいので。ハローワーク・転職サイト・転職エージェントの違いや使い方も含めて手順が知りたい。

 

 

転職活動で転職エージェントや転職サイトはどのように利用するのがよいのか?それぞれはどんな人に向くのか?おすすめの転職エージェント・転職サイトも知りたい。

 

 

職務経歴書が上手く書けないので、秘訣を知りたい。面接で注意すべき点やドタキャンする事情があったら、再応募は可能なのだろうか?その時の対策はあるのだろうか?

 

 

上記の質問に対する回答は本ブログの記事のさまざまな記事にとりあげていますので、ご一読頂ければ幸いです。

それでも疑問がある方は遠慮なくお問い合わせください

 

 

 

Sponsored Links