転職サイトをうまく利用する方法とは?


Sponsored Links



転職活動でも欠かすことのできないのが転職サイトです。手軽に利用できるのがその利点ですが、使い方を誤るとスカウトがなかなか来なかったりして非効率的です。どうすれば、転職サイトのかしこい利用ができるのでしょうか?

Sponsored Links



ハローワークと転職サイトのどちらが利用価値があるか?

 

転職活動をする際には、色々な媒体を使いますよね。

転職サイトを始め、転職エージェント、ハローワーク、新聞広告、雑誌広告、など。

 

 

効果のある媒体としては、転職エージェント、転職サイトが挙げられます。

ではハローワークはどうでしょうか?

 

ハローワークは必ずしも悪いということではありません。

ハローワークはこんな人におすすめということはあります。

 

 

単純な比較はできませんが、ハローワークと転職サイトとでは、どちらをメインに使った方が良いのでしょうか?

結論を言いますと、【年齢】が大いに関係しています

 

 

法律では求人票では、原則年齢制限は禁止されています。

年齢制限をするときは、いくつかの理由しか認められていないのですが、どれに当たるのかを明記しなければならないのです。

 

ですが、実情は年齢制限は行われています

履歴書の年齢を見ただけで、職務経歴書には目を通してもらえない場合が多いのです。

 

 

ハローワークは中高年向けの求人が多いとは言いませんが、転職サイトよりはずっとあります。

逆に転職サイトは若年層向けの求人しかありません。

 

中高年の方が転職サイトの募集要項の年齢に制限がないからといって、転職サイト経由で応募することは、非常に非効率的ですし、無駄です。

やはりそういった方はハローワークを地道に使うべきです。

 

確かにハローワークは求人の検索機能も貧弱なので、一つ一つ見ていくしかないのですが、これという求人を見つけたらすぐに応募すれば、間に合います。

 

 

これに対して、先ほど書いたように転職サイトは20代、30代の方のためにあるものです。

 

求人票の仕事内容を読んで頂けると、企業が想定している年齢がわかると思います。

仕事内容が以前に行っていたようなことでしたら、あきらかに20代向け求人です。

 

主任クラス、係長クラスの仕事内容でしたら、30代向けの求人でしょう。

若年層の方は転職サイトを使いましょう。

 

 

スカウトが来るために今すぐできることは?

 

 

では転職サイトの中でも利用価値のあるものはなんでしょうか?

転職サイトは求人サイトとも呼ばれます。

 

 

それだけ求人を検索するという機能がメインであるというイメージがあるんだと思います。

ですが、求人を検索するサイトということでしたら、今はGoogleなどの検索エンジンから探すことでも十分です。

 

転職サイトには、もっと付加価値のある機能があります。

だからこそ、多くの転職希望者の方が登録するのです。

 

 

転職サイトで利用価値がある機能といえば、【スカウト】です。

あなたの経歴を見た企業、もしくは、転職エージェントがオファーをしてくれる制度です。

 

 

ほとんど全ての転職サイトにスカウト機能は存在します。

転職サイトでは、スカウトに力を入れることで、他との差別化を図ろうとしています。

 

求人ではそんなに差は出ないからです。

では登録する側としても、スカウトが来るようにしておきたいですよね。

 

まずは、登録する際に簡単にできることからやっておきましょう。

以下、三点だけです。

 

 

  • 住所と希望勤務地
  • 希望年収
  • 現在、または直前の職種

 

 

 

これを入力しておかないと、スカウトが来ません。

オファーを出す方の心理として、返事をくれそうにもない人は候補者にしません。

 

どこに住んでいるかわからないのでは、転職意欲が疑われます。

希望年収がわからないのでは、想定している年収の範囲で求人をオファーすることができません。

 

職種がわからないとどんな職種の求人をオファーしたらいいのかわかりません。

 

 

なので、上記三点を入力するだけでも、オファー候補者になります。

 

しかも、今からでも簡単にできることですよね。

ほかにもいくつかあるのですが、必須項目は先ほどの三点です。

 

それだけでもすぐに入力しましょう。

 

 

転職サイトに登録していない方は登録の際は気をつけて、それだけは入力しましょう。

 

 

【職務経歴】はキチンと書こう!

 

 

良い求人のスカウトがくるようにするための方法は一つです。

【良い職務経歴を書くこと】です。

 

 

 

  • 文字数が少ないとキャリアが企業に伝わりにくい
  • 300文字以上で企業にキャリアが最低限伝わる
  • 600文字以上で企業にキャリアが伝わりやすい

 

上記は【リクナビNEXT】による文字数目安です。

私は300文字程度ではほとんど企業にはキャリアが伝わらないと思います。

 

【リクナビNEXT】では、最大全角で2000文字まで入力できますので、1000文字くらいで企業にキャリアが伝わる程度だと思います。

文字数が多ければ良いということではありませんが、ある程度は書かないとキャリアは伝わりません。

 

文字数目安はあくまでも目安です。

私は1000文字以上は必要だと思います。

 

 

誰でもできる職務経歴書の作成方法!で書いたように職務経歴書の作成は決して難しくありません。

中身とボリュームをいい感じにしておきましょう。

 


 【リクナビNEXT】への登録はこちら



トップへ戻る

転職に関するご質問は何でもお気軽にどうぞ。







Sponsored Links



Sponsored Links

ニュースレターを購読する

新規記事を誰よりも早くお届けします!