40代からの転職方法、おすすめは?【エージェント 対 ハロワ】

ミドル
この記事は約6分で読めます。

40代からの転職方法では、どれがおすすめなのでしょうか?転職エージェントとハロワの一騎打ちになりそうです。

40代からの転職方法、おすすめは転職エージェント

 

転職エージェントの3つのメリットとは?に書いたように転職エージェントは有力な転職方法の一つです。

40代の方の場合は、転職エージェントが取り扱っている求人の年齢層を調査してから利用した方が効率的です。

 

転職エージェントの3つのメリットとは?
転職活動で最も効果があるとされるのが【転職エージェント】を利用する方法です。それはなぜなんでしょうか?

 

ここでは業界大手の転職エージェントの特徴を見ていきましょう。

 

まずは最大手のリクルートエージェント です。

保有求人数でも他社を圧倒していますが、年齢層についても幅広く取り扱っています。

 

40代でも使うに値する転職エージェントです。

リクルートエージェントの管理システム【Personal Desktop】上から求人検索可能ですので、今どんな求人があるのかを調べることができます。

 

各転職エージェントの保有求人は重なる場合もありますが、そのエージェント独自のものも当然あります。

業界最大手の転職エージェント以外もみてみましょう。

 

業界第2位はdodaで、知名度は抜群です。

実際、アドバイザーも親切で、求人紹介数もかなり多いです。

 

キャリアにピッタリの求人というよりは、将来のポテンシャルを考慮しているように思います。

必ずしもあなたの職務経歴にマッチングしなくても、求人紹介した理由はあるはずですので、アドバイザーに質問してみましょう。

 

質より量を重視する方にはおすすめですよ。

40代の方より若年層向けの転職エージェントだと思います。

 

業界第3位のJAC Recruitment は、40代の方にとって、最も利用価値がある転職エージェントです。

求人ですが、マネージャーなどの管理職求人を実に数多く保有しています。

 

年齢層も35歳以上のミドルが対象です。

さらに年収が高いのも特徴です。

 

ほとんどの求人は年収800万円を超えています。

現在の年収が600万円くらいの方には、超絶おすすめですよ。

 

 

 

ハローワークも40代には有効な転職方法

 

ハローワークはこんな人におすすめ!に書いたようにハローワークも40代の方にはおすすめの転職方法です。

40代ともなると年齢制限で求人に応募できないことがあるからです。

 

【悲報】ハローワークはこんな人におすすめです。
ハローワークは良い求人が少ないとよく言われています。ですが、転職の方向性によってはとても利用価値があります。それは何でしょうか?

 

応募できたとしても、履歴書の年齢を見て見送りの場合も多いです。

 

求人票に年齢制限を書くことは原則禁止となっています。

書類選考で年齢を考えていけないという訳ではないのです。

 

求人によってはキャリアの形成に必要なので、年齢制限をする場合もあるのです。

応募の時点で足切りはしないのが通例です。

 

なので応募する際に求人票の仕事内容をよく見て、対象年齢層を考えてみる必要はあります。

あまりにも実務レベルの仕事でしたら、それは若い人が求められていると考えてよいです。

 

たとえ一人でも部下がつくような仕事でしたら、40代でも可能性はあるわけです。

応募する際は、求人の仕事内容を確認し、企業が欲しがっている年齢層を想定してみることが大切です。

 

ハロワークは年齢不問の求人が多いので、それだけでもおすすめです。

年収や仕事内容は転職エージェントより多少劣りますが、転職方法の選択肢の一つとして考えておきましょう。

 

 

管理者求人が多い転職エージェントを探そう

 

高年収のポジションに特化した転職エージェントには、管理職求人が豊富にあります。

先ほどご紹介したJAC Recruitment です。

 

高年収ということは、当然年齢層も高くなります。

JAC Recruitment は年収1000万円クラスの求人が最も多いので、この転職エージェントを使うためには現年収(前年収)が少なくとも600万円程度は必要でしょう。

 

この転職エージェントであれば、年齢が高いからと言って、求人紹介してくれないなどということはありません。

日本というところは、まだまだ年齢の高い人に対する転職インフラが整っていません。

 

ここは数少ない、40代以上、ハイクラスの方のための転職エージェントと言えるでしょう。

それにハローワークや転職サイト求人とは、年収は雲泥の差です。

 

転職エージェントが保有している求人は殆どが非公開求人だからです。

企業は良い人材を「秘密裏に」採用したいのです。

 

転職サイトと転職エージェントを比較してみた!に書いてあるように、転職サイトと転職エージェントとは全く違うものです。

転職サイトはハローワークと同じと考えて良いです。

 

転職サイトのデメリットとは?
転職エージェントと転職サイト。とてもポピュラーな転職方法ですね。ここでは、転職サイトのメリット、デメリットについて考えてみましょう。

 

公開求人のみの掲載だからです。

企業はライバル企業に知られずに進めたいプロジェクトのための有能な人材を欲しがっています。

 

そのような背景から転職エージェントの非公開求人とは?で書いたように数多くの非公開求人を保有しているのです。

当然のこと年収も高くなります。

 

40代以上の求人は表に出ていないだけで、実は常に需要があるのです。

数という面ではそんなにないかもしれません。

 

転職エージェントの非公開求人とは?【割り合いもお教えします】
求人には一般に公開されている求人とそうでない非公開求人とがあります。非公開求人とは何かから説明しましょう。

 

景気の動向に左右されない安定した求人数という面では、40代以上のミドル求人は正しくアプローチすれば、かならず転職できます。

そのためにも転職エージェントを上手く使いましょう

 

扱う求人は年齢層が少なくとも30代以上のところを狙ってください。

若手中心の転職エージェントが多いですから、選び方は慎重にした方がよいです。

 

JAC Recruitment は私が自信をもっておすすめする転職エージェントです。

 


JAC Recruitment

 

コメント