「本ページはプロモーションが含まれています」

【採用担当解説】第二新卒エージェントneoはやばい?【転職エージェントの評判は無視しよう】

【採用担当解説】第二新卒エージェントneoはやばい?【転職エージェントの評判は無視しよう】転職エージェント
転職エージェント
この記事は約19分で読めます。

 

 

20代で、転職を考えている人「20代なので、キャリアが浅い。だが現職には不満があって、転職を考えている。20代向けの求人が多い転職エージェントがあれば、知りたいな。」

 

こういった疑問に答えます。

先ほど、こんなツイートをしました。

 

 

 

本記事を読めば以下のことがわかるようになっています。

 

この記事を読めばわかること

  • 20代向けの転職エージェントが、わかる。
  • 転職エージェントの評判・口コミを気にする必要はない客観的な理由が、わかる。

 

とは言っても、何の根拠もなく書いているわけではありません。

この記事には以下の根拠があります。

 

この記事の根拠

  • 上記の通り。

 

記事構成は以下のとおりです。

  • 20代の方で、こんなお悩みはありませんか?
  • このような悩みは、どうしたらいいかわからないですよね…
  • 第二新卒エージェントneoは、第二新卒・フリーター・既卒求人に強い
  • 第二新卒エージェントneoに限らず、評判を無視して問題ない客観的な理由
  • 第二新卒エージェントneoは完全無料ですので、今すぐ行動しましょう

 

では一つずつ解説します。

 

 

第二新卒エージェントneoの無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

  • 第二新卒エージェントneoは、第二新卒・フリーター・既卒の転職に強い。
  • 第二新卒エージェントneoは、キャリアに自信がない求職者も、安心。
  • 第二新卒エージェントneoは、第二新卒・フリーター・既卒の悩みが理解でき、サポートが丁寧なコンサルタントが多数在籍。
  • スタッフは、全員第二新卒
  • 初回面談は、最大2時間実施することで、コンサルタントとキャリプランを共有。
  • 転職エージェントは「マッチング」次第なので、評判や口コミは無視して問題ない。
  • 第二新卒エージェントneoのメリットは、上記の通り。

 

 

20代の方で、こんなお悩みはありませんか?

20代の方で、こんなお悩みはありませんか?

 

  • 転職するにしても、自分の強みがわからない。
  • 20代での転職を、考えている。
  • これからのキャリア形成を、考えている。
  • 今の会社に、未来がないような気がする。
  • 20代なので、キャリアに自信がない。転職できるか不安だ。
  • 現職の社風には、あわない気がする。
  • 今の会社よりも、よい環境で働きたい。
  • 社畜のように働かされて、年収が低すぎるので、転職したい。
  • サービス残業が、当たり前になっているので、転職したい。
  • 休みが取れないので、体調もよくない。会社から逃げたい。
  • 会社の経営方針に、同意できない点が多い。
  • 転職市場価値を知りたい。
  • いきなり転職エージェントを使うのは、壁が高い。
  • 第二新卒でも、OKな転職エージェントを使いたい。
  • フリーターでも、OKな転職エージェントを使いたい。
  • 既卒でも、OKな転職エージェントを使いたい。
  • たった一人だけで転職活動を行うのは、不安だ。サポートが丁寧な転職エージェントを使いたい。
  • 上記の通り。

 

第二新卒エージェントneoの無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

 

このような悩みは、どうしたらいいかわからないですよね…

このような悩みは、どうしたらいいかわからないですよね…

 

  • でも転職活動って何から始めたらよいかわかりませんよね…
  • もちろんインターネットや転職本でも情報収集は可能ですが、本当に正しいのか不安ですよね…
  • 筆者も初めての転職活動では、だいぶ回り道をしたと思っています。
  • 転職活動ほど難しいものはないです。
  • うまくいっているのか自分ではわからないのですから。

 

実は転職活動にはちょっとしたコツがあります。

筆者は採用担当ですので、その「ちょっとしたコツ」を理解しています。

 

正しい「転職の進め方と手順」を意外と求職者の皆さんは知りません。

あまり知られていませんが、正しい「転職の進め方と手順」は以下です。

 

  1. 転職理由・転職の軸を明確にする
  2. 転職理由に相応しい求人ニーズを転職サイトでマーケティング
  3. 転職活動のスケジュールを立てる
  4. キャリアの棚卸し
  5. 履歴書・職務経歴書の作成
  6. 転職エージェント推薦で応募
  7. 年収交渉・内定・退職
  • 上記の通り。

 

転職の進め方のポイントは「求人応募」は転職エージェント推薦でということ。

ハローワークや転職サイト経由の「直接応募」は求職者が履歴書・職務経歴書を企業に送る方法です。

 

企業の採用担当者から見ると「どこの誰かわからない」ので、書類選考のハードルは高くなります。

それに対して「転職エージェント推薦」は企業に推薦状つきで応募できます。

 

転職エージェントが企業に推薦するので、有利になります。

転職エージェントには「総合型」と「特化型」の2つがあります。

 

「総合型」は業界・職種・年齢ともに、幅広い求人を扱っています。

一方「特化型」は業界・職種・年齢などに特化した求人を扱っています。

 

もちろん、「20代特化型」転職エージェントも存在します。

有名な「20代特化型」転職エージェントはとても少ないので、迷わずにとりあえずは、使ってみましょう。

 

本記事では「20代特化型」転職エージェントの「第二新卒エージェントneo」を紹介します。

 

第二新卒エージェントneoの無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

 

第二新卒エージェントneoは、第二新卒・フリーター・既卒求人に強い

第二新卒エージェントneoは、第二新卒・フリーター・既卒求人に強い

 

そこでおすすめしたいのが、第二新卒・フリーター・既卒求人に強い転職エージェントを使って、転職活動する方法です。

第二新卒・フリーター・既卒転職するなら「第二新卒エージェントneo」を使いましょう。

 

運営会社ネオキャリア
対応エリア全国
公開求人数200件
非公開求人数非公開
特記事項第二新卒・フリーター・既卒向けの転職エージェント。

 

第二新卒エージェントneoは、第二新卒・フリーター・既卒の転職に強い

 

第二新卒エージェントneoは、全業界・全職種を扱う転職エージェントです。

総合型転職エージェントではなく、年齢面から「20代特化型」転職エージェントです。

 

通常の転職エージェントの場合は、キャリア・職務経歴が重視されます。

スキルがない方は、登録段階で断られることがありますが、第二新卒エージェントneoの登録は厳しくありません。

 

もちろん、ハローワークから求人応募する方法もあります。

しかし、フリーターのようなキャリアの浅い方は、ブラック企業を見分けるのは難しいです。

 

ハローワーク求人は、企業が無料で掲載できるので、ブラック率が高いと言われています。

直接応募は、20代の方には企業と交渉も必要なので、不利になります。

 

転職サイトの求人は、スキルがない方には、競争率が高いのでおすすめしません。

結局、第二新卒・フリーター・既卒求人に強い転職エージェントを使うことが一番の近道です。

 

まとめますと、「第二新卒エージェントneo」は「20代特化型」転職エージェントです。第二新卒・フリーター・既卒には、第二新卒・フリーター・既卒の戦い方があります。

 

第二新卒エージェントneoにも、デメリットがある

 

しかし、第二新卒エージェントneoにも、デメリットがあります

それは「求人数」が200件と大手転職エージェントと比べ、少ないこと。

 

有利に転職活動を進めるためには、ほかの転職エージェントを併用することです。併用することはルール違反ではありませんので、ご心配なく。

以下に、第二新卒エージェントneoと併せて使ったほうが良い転職エージェントを示します。

 

第二新卒エージェントneoの無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

無料登録は、以下よりどうぞ。

  • 【第二新卒エージェントneoと併用おすすめ】転職エージェント
転職エージェント特記事項運営会社対応エリア公開求人数非公開求人数
ハタラクティブフリーターの方向け転職エージェントレバレジーズ全国60,000件非公開
就職Shop学歴不問!正社員求人を紹介可能な転職エージェントリクルート首都圏、関西圏非公開非公開

 

第二新卒エージェントneoは、求人数が少ないので、確率からいっても「数を打つ」ことは必須です。

転職エージェントを1社だけに絞るのは、失敗の原因になりますので、やめましょう。

 

第二新卒エージェントneoの転職支援フロー

 

転職エージェントのコンサルタントは、いわば有能な秘書のような役割です。

第二新卒エージェントneoは完全無料で以下のような転職支援を受けることができます。

 

  • キャリア相談(自己分析・自己紹介・希望条件)
  • 求人紹介・企業への推薦
  • 転職の軸や履歴書・職務経歴書の作成アドバイス、添削
  • 転職面接の過去問を提供し、想定問答
  • 転職面接の日程調整
  • 転職面接に同行
  • 年収交渉
  • 円満退職のための、退職交渉アドバイス
  • 転職後、職場で活躍できているかのアフターフォロー
  • 上記の通り。

なぜ無料で転職支援を受けられるかというと、労働契約が結ばれて入社すると企業から成功報酬をもらえるためです。

求職者が転職したら、想定年収の30~40%を企業は転職エージェントに払います。

 

転職エージェントは、ボランティアではなく、ビジネスです。

理由もなく無料であるわけは、ありません。

 

転職エージェントは企業が求める候補者を推薦するため、直接応募よりも内定率は高くなります。

なので、転職活動は転職エージェントを中心に進めましょう。

 

第二新卒エージェントneoの無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

 

第二新卒エージェントneoに限らず、評判を無視して問題ない客観的な理由

第二新卒エージェントneoに限らず、評判を無視して問題ない客観的な理由

 

転職エージェントの評判はコンサルタントのものだから。そのコンサルタントが担当になる確率はほとんどゼロ。つまり「評判や口コミは無視して良い」。

第二新卒エージェントneoには良い口コミもあり、もちろん悪い評判もあります。

第二新卒エージェントneoの良くない評判についても、全く気にする必要はないです。

 

なぜなら、評判の悪いコンサルタントが担当者になる確率は、ほとんどゼロだから。

第二新卒エージェントneo自体の対応について、書かれているものは見つかりませんでした。

 

第二新卒エージェントneoの良い評判・口コミ

 

  • ブラック企業で耐えてた私を理解してくれ、素晴らしい会社を紹介してくれました

就活で納得しないまま入社して、2年間最悪な会社で頑張っていましたが、体調的にこれ以上続けるのが厳しくなって退職しました。次の会社を見つける気力もどんな会社ならば私は働いていけるのかもわからなかったので非常に悩んでいました。

そんな時にネットで就活AGENTneoを見つけて、悩み相談的な感じでもOKだったので登録に行ってみました。
担当になってくれた転職エージェントさんは非常に良い方で、まず最初に「○○○○会社で2年働いてて辛かったですよね?あの会社は評判良くないですから。」っと言ってもらえて、気持ち的にすごく楽になれたのを今でも覚えています。

そこからは前職のような会社ではなく、アットホームで安定した企業に入社する事を目指して様々なアドバイスをもらうことができました。
時に私の甘い気持ちには厳しく意見してくれて、社会の厳しさはこういうものっていう事も指摘してもらえて、本当に良かったと思っています。

複数社求人を紹介されて、その中で選考を進めましたが、転職エージェントのおかげでスムーズに進みました。
大学生の時の就職活動は苦労したのに、スムーズにいった事の驚きと、転職エージェントの担当さんが上手くいくようにサポートしてくれてたんだと思います。

仕事について1人で悩むよりも、経験豊富な方にアドバイスしてもらうと思っていた以上の回答をしてくれるので是非こういったサービスを活用するといいと思います。

引用元:ブラック企業で耐えてた私を理解してくれ、素晴らしい会社を紹介してくれました

 

  • 既卒で不安でしたが、正社員になることができました。

新卒就活に失敗して既卒で就活してました。

他の既卒就活サポートを利用していましたが、「そんなに仕事は甘くない」「ブラック企業なんて世の中にはたくさんある、若いうちはそんな環境でも力を蓄えるべき」と、すごくスパルタな指導をされて、ブラック企業に就職させたいんじゃないかと感じてしまいました。

でも、就職AGENTneoのキャリアカウンセラーさんは、すごく親身に話を聞いてくれて、「既卒ならば、新卒のように一から教育しようという企業がある」と、いくつも自分にマッチする企業をおすすめしてくれました。

一個だけ不満があるとすれば、紹介される求人の中には、「これ働いたら大変だろうなぁという」企業の求人もあったことでした。(ブラックとはっきりは言えませんが…)

カウンセラーさんにはなんでも相談できる空気だったので、これって大丈夫ですか、と聞くと、「長時間労働になりがちな分、残業代もしっかり出ますが、体力や気力のいる仕事なので、向いてないと思ったら応募をやめましょうか」と、正直に話してくださったのですごく信頼できました。

おかげさまで、既卒でも、10月入社の新卒の人と一緒に入社、正社員として働けることになりました。事前に会社の社風や仕事内容は、キャリアカウンセラーさんからいろいろ聞けていたので安心しました。

社長も社員のみなさんも、既卒・新卒分け隔てなく仕事を教えてくださって、感謝してます。たぶん自分は他の方法では正社員になれてなかったと思うので、ここに相談してよかったです。

引用元:既卒で不安でしたが、正社員になることができました。

 

  • やりたい事が見つからない私にとっては就職AGENTneoのおかげで上手くいきました

私は就職活動の中で就職AGENTneoを活用しました。WEBサイトにはエントリーシートの詳しい書き方からイベント情報やTwitterの情報収集方法までいろんな情報が掲載されていてためになります。さらに、担当の方とも打ち解けやすく、個人で就職活動をするよりも遥かに気持ちが楽ですし、様々なサポートもしてくれるので頑張ろうって気持ちになれたので本当に助かりました。

やりたいことが明確でない自分には、自身でどういう会社を受けていいかもわからず、就職活動がなあなあになっていたので、就職AGENTneoに登録することで説明会やイベントに背中を押されて参加して、そこから少しずつ興味のある業界がでてきて前向きに就職活動が行えるようになったんだと思います。

ただ、ちょっとノリが軽いというか社会人とは思えないような雰囲気の方もいます。
それも私達学生との距離を縮めようとしているのかはわかりませんけどね。

引用元:やりたい事が見つからない私にとっては就職AGENTneoのおかげで上手くいきました

 

第二新卒エージェントneoの悪い評判・口コミ

 

以下を読めば、転職エージェントの顧客は企業であることを理解していないことが、わかります。

求職者は「企業に売り込む商品」です。

 

転職エージェントを使いこなすには、ビジネスモデルを理解する必要があります。

 

 

  • 結局のところ非公開求人って本当にたくさんあるの?

若いお姉さんに対応してもらいました。正直なことを言うと、何が役に立った、という記憶がないです。ビルの何階か覚えていませんが、ちょっと豪華そうな複合ビルでした。

お姉さんがいろんな会社の名簿みたいなのを持って、案内をしてくれました。一対一で、向かい合いの席で、完全に個室でした。リラックスした感じではなく、面接のような感じでした。

フロア内にはそういう個室がいくつもあったように見えました。会社の案内をしたあと、履歴書の添削を少ししてくれました。でも、大幅に内容が変更になったということもなく、性格やアピールポイントなどの込み入った話は一切ありませんでした。

私は転職を考えていたので、在職中の仕事についての話もありませんでした。そのため、結局一回しか利用しませんでした。

これならハローワークの方が自分の性格もわかってくれてるし、何回も通う気になるし、いいかなと思いました。あとは、非公開求人がどれなのかが全くわかりませんでした。

話は聞いてもらいましたが、大卒1年目で無知だったこともあり、大切な話を聞けてなかったのかな、と思います。もっと求人票の見方や合っている求人など、幅広く紹介してもらってもいいのではと思いました。

引用元:結局のところ非公開求人って本当にたくさんあるの?

 

  • 若いカウンセラー、よくわからない求人。相談した結果転職をやめた。

1年目で会社の方針についていけず転職を悩んでいた時、知り合いにすすめられてここに相談しにいきました。

正直、自分と同じ年ぐらいのカウンセラーで、なんか頼りなかった印象です。でもまぁ話してみて悪い人ではなかったので、いろいろ現状の悩みや、もし転職するなら…という話をしました。

上司が尊敬できない職場は、無理です。あと意味のない仕事、非効率な仕事を頼まれるのも、キツいです。だから合理的で尊敬できる上司のいる職場がいい、なんて話をしてました。

そしたら、対人業務よりも向いているのでは、と、プログラマーをすすめられました。文系なのにです。文系でも未経験で挑戦できる仕事がある、なんて言われましたが、結局のところそれで合わなくて苦労してまた転職、というのはリスキーだと思います。

逆に考えたら、今の職場は理不尽な上司さえいなくなってしまえばあとは大きな不満がないことに気付いたので、そのまま働き続けることにしました。もしかしたら友人に愚痴ってる間に同じ結論にたどり着いたかも…

しっかりした経験者に方向性を示してもらうようなカウンセリングを求める人には向いてないなと思います。まぁ、新卒や既卒の就職状況・離職状況については詳しかったので、第二新卒で転職って怒られないかな~みたいな気分だったらここなら相談しても大丈夫だと思いますよ。

引用元:若いカウンセラー、よくわからない求人。相談した結果転職をやめた。

 

  • 勉強になりました

今までの経歴は1ミリも聞かれず「あなたのような人間が就職できる会社はほとんどありませんよ」というニュアンスの言い方をされた。アフターコロナの日本の就職難という現状をだるそうに説明され、自分を見下しているというのが話し方から伝わってきた。「本当に就職する気があるならこちらも全力でお手伝いします」と言われたけれど、自分がそんなにやる気ない人間に見えたのだろうか。誰かに頼ろうとした自分が馬鹿だったと痛感したのでもう行かない。

引用元:勉強になりました

 

  • 悪い評判も多いですが、気にする必要はありません。理由はコンサルタントに対するものだから。

転職エージェントはコンサルタント次第とよく言われます。つまりマッチングが全てだからです。

担当者が有能でない場合にはかえって転職活動のじゃまになるだけです。

 

コンサルタントが無能だったら、交代してもらいましょう。

第二新卒エージェントneoが保有する求人は、第二新卒・フリーター・既卒向けのもの。

 

30代以上の方以外は、使わないと損です。

ただし、第二新卒エージェントneoの求人数は少ないため、 ハタラクティブ , 就職Shop などと併用することをおすすめします。

 

第二新卒エージェントneoの無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

 

第二新卒エージェントneoは完全無料ですので、今すぐ行動しましょう

第二新卒エージェントneoは完全無料ですので、今すぐ行動しましょう

 

転職エージェントにもデメリットはあります。

それは転職エージェントはコンサルタントの能力次第で転職活動に影響が出る点です。

 

しかし有能でないコンサルタントは、交代すればよいだけ。

しかも第二新卒エージェントneoは完全無料で使えます。

 

第二新卒・フリーター・既卒での転職をするのであれば、第二新卒エージェントneoのコンサルタントは優秀です。

第二新卒エージェントneoであれば、第二新卒・フリーター・既卒に対しても、サポートが丁寧なコンサルタントが多く在籍しています。

 

もちろん、あなたには金銭的デメリットはありません

第二新卒エージェントneoを使わない理由は、見つからないはずです。

 

行動しないで失敗するのが、最悪です。

行動しながら間違いを修正すれば、良いだけです。

 

第二新卒エージェントneoの無料登録は以下のボタンよりどうぞ。