【キャリアの棚卸し】にかける期間はどれくらいがベスト?

キャリアの棚卸し
この記事は約5分で読めます。
Sponsored Links

転職活動はキャリアの棚卸しから始まります。しっかり行わないと、後で困りますが、いつまでもこの作業を行っているわけにはいきません。一体、どのくらいの期間で仕上げるのが良いのでしょうか?

Sponsored Links

転職活動の期間は90日以内がベスト!

 

 

転職活動は最低でも3ヶ月ほどかかると言われています。

退職・引継ぎが1ヶ月ほどかかりますので、実質的な転職活動としては2ヶ月くらいです。

 

 

転職活動内容としては、以下のようなものがあります。

 

 

キャリアの棚卸し

履歴書

職務経歴書

✅応募

面接

内定

✅退職・引継ぎ

 

 

これらを短期集中で行う方がなぜいいのでしょうか?

それは人間の集中力はそんなにもたないからです。

 

 

転職活動が長期化すると、本来の【転職の目的】がわからなくなってきます。

だらだらと応募だけを続けることは、良くありません。

 

 

転職先が決まったとしても、そこが本当にあなたの目的に合っていない可能性があります。

すると、転職を繰り返してしまいます。

 

 

これでは何のための転職かわかりませんよね。

できるだけ早く転職先を決めるように日々の作業量を決めておきます。

 

 

転職先が決まるまでは、在職中の方はとても苦しいですが、作業量が大きく影響します。

1日に30分くらいしか転職活動にさける時間がないのでしたら、長期化してしまうでしょう。

 

 

転職は覚悟をもって、むしろこちらの方に力をいれるくらいで作業をしてください。

1日2時間くらいは最低でも時間を取るようにしましょう。

 

 

逆算してスケジュールを立てよう!

 

 

転職活動を3ヶ月で行う場合のスケジュールイメージを立ててみました。

全てがこのスケジュールに従う必要はもちろんありません。

 

 

 

事前準備、応募・面接、内定・退職の3つにおおまかにわけてみました。

  • 事前準備はキャリアの棚卸し、履歴書、職務経歴書を作成し、【転職の方向性】を決めるまでです。
  • 応募・面接はまさに最も時間のかかる部分で、1社あたり1~2週間くらいかかります。複数求人へ同時応募を進めないと、ここは時間ばかりかかってしまいます。求人の進捗スケジュールはしっかり管理しましょう。
  • 内定には1週間、退職には1ヶ月くらいかかります。

 

 

このように転職活動期間から逆算すると、各段階にどれだけ期間をかけるべきか見えてきます。

実は転職理由が明確になっている方であれば、事前準備の期間はそんなにかかりません。

 

 

逆に転職理由が明確でない場合は、事前準備の期間をそれなりにかける必要があります。

ここでも転職理由が内定までの期間に影響があるんですね。

 

 

キャリアの棚卸しは何日間が適当か?

 

 

転職活動期間は各人、異なっても問題ありません。

大幅に3ヶ月を超えることだけは避けるべきです。

 

 

Aさん、Bさん、Cさん、Dさんの転職スケジュールがあるとしましょう。

Aさんの場合は転職理由が明確になっていませんが、キャリアの棚卸しに時間をかけずに、応募・面接に時間をかける計画です。

 

 

あまりいい計画とは言えませんね。

効率的に進めるには、事前準備の期間をもう少しかけるべきだと思います。

 

 

Bさんは転職理由を明確にするため、キャリアの棚卸しはAさんよりも時間をかけて、応募・面接の期間を短縮する計画です。

これが標準的な計画だと思います。

 

 

Cさん、Dさんは事前準備の期間を重視し、キャリアの棚卸し、職務経歴書作成に時間をかけて、応募・面接をより短くする計画です。

標準よりも早めに転職先が決まる計画ですね。

 

 

転職活動のペースは人それぞれでいいと思います。

ですが、期限を決めて行うことはとても重要です。

 

 

以上のシミュレーション結果より、キャリアの棚卸しは多くても10日で終えないと、90日間での転職活動は終えることはできません。

転職スケジュールを立てることはきわめて重要です。

 

 

そしてあなたがどのような状態なのかによってスケジュールも大きく変わります。

キャリアの棚卸しに10日以上かかるような場合は、一刻も早く転職活動をスタートさせるべきです。

 

 

結果として20日くらいかかったとしても、100日以内で転職成功できるでしょう。

転職活動はあなた一人でやり抜くのはとても大変ですよね。

 

 

私なら転職エージェントを使います。

キャリア相談で今後の方針を決められるからです。

 

 

もちろん、あなたなりの案がなければいけません。

全てにおいて頼り切る態度は転職エージェントには嫌われます。

 

 

企業に推薦しにくい人と思われてはあなたも損ですよね。

転職エージェントに登録する際には、気をつけるポイントがあるのです。

 

 

注意点さえ守れば、上手く利用することで転職活動の応募・面接の期間が短縮され、結果として早く転職できるでしょう。

転職エージェントへの登録を早めに検討することで、モティベーションの維持にもなります。

 

 


【リクルートエージェント】

【おすすめ】初めての転職で登録したい転職エージェント10社を厳選

トップへ戻る

業界最大手の転職エージェントです。非公開求人だけでも20万件以上保有するのはここだけです。専門コンサルタントがあなたの転職を全力でバックアップします。転職初心者にも使いやすいエージェントですので、キャリア相談や求人を紹介してもらうのに有効活用してください。私自身も最初の転職のときに使った最初の転職エージェントです。コンサルタントの方がとても親切で助かったのを今でも覚えています。これについては相性がありますので、担当者が自分に合わない場合はすぐに変更可能です。ウェブサイトから手続き出来ますので、気を使う必要もありませんしね。

dodaは転職エージェントと転職サイトからの応募が一括管理できるのでとても便利です。エージェント紹介求人画面と転職サイト求人とは分かれていますので、迷うことはありません。私もリクルートエージェントとdodaは転職活動開始後、自己分析が終わったらすぐに利用しました。転職サイトからのスカウトや転職エージェントからの求人紹介がメールでかなりの数ありますので、見逃さないような工夫は必要です。求人は生き物ですから。

転職エージェントは通常求人獲得する営業担当と求職者のサポートを行うキャリアアドバイザーとで分業制をとっています。ここの転職エージェントは一人のコンサルタントが営業から求職者への転職支援を行う一気通貫体制をとりますので、アドバイザーが求人情報についてとても詳しいメリットがあります。あなたの転職支援を一人のコンサルタントが全てワンストップで担当するメリットとしてはほかにも求人のマッチングがとれないリスクがとても低いことなどが挙げられます。分業制をとるリクルートエージェントやdodaと合わせて使うとどちらがあなたに合うかわかると思います。

ハイスペック求人を取り揃えた転職エージェントで外資系求人に強いことでも有名です。当然ながら高年収求人ばかりですので、高スキルで高年収を目的に転職する方はぜひ使いたい転職エージェントです。ミドル・ハイクラスに特化した転職エージェントですので、それ以外の方は別のところを利用した方が良いでしょう。

マイナビが運営する20代に特化した転職エージェントです。第二新卒の方には最適でしょう。求人の量よりも質にこだわっていますので、求人紹介数が多いリクルートエージェントやdodaと合わせて使いたいところですね。20代の方以外は別の転職エージェントを使った方が良いでしょう。

ビズリーチはヘッドハンティング型転職サイトです。掲載されている求人は企業や中堅転職エージェント保有の求人が多いですね。ヘッドハンターからのオファーで思わぬ求人に出会える可能性が広がります。1000万円以上の求人が殆どですので、いわゆる転職サイトとは一線を画します。オファーを待つだけでも価値があるでしょう。

ワークポートは元々はIT特化型転職エージェントで、現在は幅広い求人を扱う総合型転職エージェントです。ですのでIT関係の求人に強みを発揮し、未経験からのエンジニアへの転職もサポートしています。もう一つの特徴は営業部隊が求人を毎日新規開拓しているということです。新鮮な求人を紹介することで常に生きている求人15000件を確保しています。求人は生き物ですからできるだけ新鮮な方が良いのです。転職決定人数が第一位のワークポートについてはさまざまな評判があります。しかしそのほとんどが担当コンサルタントとの相性の問題なのです。常に新鮮な求人を保有している転職エージェントは他にはありません。使わないともったいないエージェントですよ。

この転職エージェントは東京・神奈川・埼玉・千葉の首都圏エリアに特化しています。特徴としてはそんなに大手ではないので、その分サポートが手厚いということが挙げられます。大手の転職エージェントでは物足りない部分はtype転職エージェントで十分補えるはずです。この転職エージェントで転職した方の71%が年収アップを実現しています。満点の転職エージェントはありません。各々の特徴を把握しながら、上手く利用していきましょう。

Sponsored Links

ニュースレターを購読する

新規記事を誰よりも早くお届けします!



タイトルとURLをコピーしました