転職エージェントが使えないと感じる理由はどこにあるの?

転職エージェント
この記事は約4分で読めます。
Sponsored Links

あなたが転職エージェントに登録したことがある場合「この転職エージェントは使えない」と感じることもあると思います。その理由は何でしょうか?

Sponsored Links

ビジネスモデルの問題

まずは転職エージェントのビジネスモデルを理解してから使う必要があります。

転職エージェントはどのようにして儲けているのでしょうか?

仕組みはとてもシンプルです。

なぜ転職エージェントは無料で利用できるのか?でも書きましたが、企業に紹介された求職者が選考を通過して、内定承諾し無事入社した場合にフィーを受け取ることが出来ます。

相場としては転職決定者の想定年収の2〜3割と言われています。

つまり転職出来そうな人には手厚いサービスをし、そうでない場合は事務的な対応となりがちなのです。

これはコンサルタントの良し悪しもありますが、ビジネスモデルの問題と言えます。

転職エージェントはボランティアではないですから、フィーが高く貰えそうな人材を優先するのはある意味当たり前なのです。

 

転職エージェントが保有している求人とあなたとのマッチングが取れなければ、エージェントはどうしても事務的な対応となりがちです。

そのためにも複数社の登録をすることをオススメしています。

求人は転職エージェント独自のものが必ずあります。

その中にあなたに相応しいものがある可能性だってるからです。

 

一つの転職エージェントで求人紹介されなくても、必要以上にめげないことです。

結局は求人とのマッチングの問題なのですから。

 

コンサルタントの能力不足

ビジネスモデルの問題があるとは言え、コンサルタントのスキル不足により転職エージェントの評価を落とすことだって当然あります。

評判はすぐに広まりますから、問題のあるエージェントは淘汰されていきます。

結果としてはこの業界は離職率が高いのですが、ベテランのコンサルタントはそれなりに能力が高い場合が多いです。

人材紹介の業界は入れ替わりが激しいので、若手のコンサルタントは経験がほとんどない場合があります。

その時は遠慮せずに担当者を交代してもらいましょう。

本人に言う必要はありません。

転職エージェントごとに担当交代したい場合の方法があります。

ウェブサイトのフォーム上から手続きできるところが大手エージェントでは多いですね。

コンサルタントの能力不足は早めに見極めて、担当交代してもらうに限ります。

ではどうやって見極めるかというと有能なエージェントを素早く見抜く3つのポイントとは?にも書いたように第一印象で決めてよいのです。

あくまでもお見合いのようなものなので、相性が大事なのです。

あまり良い印象を持たなかったら、早めに別なコンサルタントに交代してもらいましょう。

 

転職市場での需要の問題

最後は転職市場で需要があるかどうかです。

あなたのスキルがいくら高くても転職市場で需要がなければ、転職は難しいです。

あなたのスキルと転職市場との需要と供給の関係で転職ができるかどうかは決まります。

 

もちろん努力も大切です。

ただ需要がないところをターゲットにして転職をしようとしても、あなたの目的はかなえられないでしょう。

あなたが設定した転職の方向性に誤りがある場合が殆どです。

転職の方向性は転職理由から導かれるものです。

 

こうなると転職理由を見直すタイミングだということです。

転職活動の初期段階で見直すのは全然ありですが、本格的に応募を始めてからでは引き返すのが大変です。

転職理由を見直すなら出来るだけ早い方がいいです。

 

転職エージェントを複数社使う

転職エージェントは使えないとあなたが思うにも原因があるんです。

今まで書いてきたように転職エージェントの求人との相性であったり、コンサルタントがスキル不足であったりということが殆どです。

 

転職エージェントが使えないというよりはちょっとした使い方のコツが必要なんです。

これらの問題を回避するためには1社だけの転職エージェントに頼るのではいけません。

 

求人の相性もあるでしょう。

コンサルタントの相性もあるでしょう。

転職理由、つまりキャリアプランの見直しも場合によっては必要でしょう。

 

納得できる転職エージェントに出会うためにはそれなりに数を打つ必要があります

数社の登録でうまくいけば運がいい方です。

普通は相性が良いコンサルタントに出会えるのには時間がかかるのです。

 

「転職エージェントなんて使えない」という前に全力で対策してみてください。

他の転職媒体の方が良いとは思えません。

転職エージェント中心で転職活動するのが客観的に見ても正解です。

各社の特徴は登録してみないとわからないでしょう。

 

実際に色々な転職エージェントを使ってみることです。

あなたはすべて無料で利用できるのです。

エージェントを多く利用することで使い方も慣れてくるでしょう。

効率よく転職活動するためにも、複数社同時運用していきましょう。


【リクルートエージェント】

絶対に登録しておきたい転職エージェント8選!

トップへ戻る

業界最大手の転職エージェントです。非公開求人だけでも20万件以上保有するのはここだけです。専門コンサルタントがあなたの転職を全力でバックアップします。転職初心者にも使いやすいエージェントですので、キャリア相談や求人を紹介してもらうのに有効活用してください。私自身も最初の転職のときに使った最初の転職エージェントです。コンサルタントの方がとても親切で助かったのを今でも覚えています。これについては相性がありますので、担当者が自分に合わない場合はすぐに変更可能です。ウェブサイトから手続き出来ますので、気を使う必要もありませんしね。

dodaは転職エージェントと転職サイトからの応募が一括管理できるのでとても便利です。エージェント紹介求人画面と転職サイト求人とは分かれていますので、迷うことはありません。私もリクルートエージェントとdodaは転職活動開始後、自己分析が終わったらすぐに利用しました。転職サイトからのスカウトや転職エージェントからの求人紹介がメールでかなりの数ありますので、見逃さないような工夫は必要です。求人は生き物ですから。

転職エージェントは通常求人獲得する営業担当と求職者のサポートを行うキャリアアドバイザーとで分業制をとっています。ここの転職エージェントは一人のコンサルタントが営業から求職者への転職支援を行う一気通貫体制をとりますので、アドバイザーが求人情報についてとても詳しいメリットがあります。あなたの転職支援を一人のコンサルタントが全てワンストップで担当するメリットとしてはほかにも求人のマッチングがとれないリスクがとても低いことなどが挙げられます。分業制をとるリクルートエージェントやdodaと合わせて使うとどちらがあなたに合うかわかると思います。

ハイスペック求人を取り揃えた転職エージェントで外資系求人に強いことでも有名です。当然ながら高年収求人ばかりですので、高スキルで高年収を目的に転職する方はぜひ使いたい転職エージェントです。ミドル・ハイクラスに特化した転職エージェントですので、それ以外の方は別のところを利用した方が良いでしょう。

マイナビが運営する20代に特化した転職エージェントです。第二新卒の方には最適でしょう。求人の量よりも質にこだわっていますので、求人紹介数が多いリクルートエージェントやdodaと合わせて使いたいところですね。20代の方以外は別の転職エージェントを使った方が良いでしょう。

ビズリーチはヘッドハンティング型転職サイトです。掲載されている求人は企業や中堅転職エージェント保有の求人が多いですね。ヘッドハンターからのオファーで思わぬ求人に出会える可能性が広がります。1000万円以上の求人が殆どですので、いわゆる転職サイトとは一線を画します。オファーを待つだけでも価値があるでしょう。

ワークポートは元々はIT特化型転職エージェントで、現在は幅広い求人を扱う総合型転職エージェントです。ですのでIT関係の求人に強みを発揮し、未経験からのエンジニアへの転職もサポートしています。もう一つの特徴は営業部隊が求人を毎日新規開拓しているということです。新鮮な求人を紹介することで常に生きている求人15000件を確保しています。求人は生き物ですからできるだけ新鮮な方が良いのです。転職決定人数が第一位のワークポートについてはさまざまな評判があります。しかしそのほとんどが担当コンサルタントとの相性の問題なのです。常に新鮮な求人を保有している転職エージェントは他にはありません。使わないともったいないエージェントですよ。

この転職エージェントは東京・神奈川・埼玉・千葉の首都圏エリアに特化しています。特徴としてはそんなに大手ではないので、その分サポートが手厚いということが挙げられます。大手の転職エージェントでは物足りない部分はtype転職エージェントで十分補えるはずです。この転職エージェントで転職した方の71%が年収アップを実現しています。満点の転職エージェントはありません。各々の特徴を把握しながら、上手く利用していきましょう。

Sponsored Links

ニュースレターを購読する

新規記事を誰よりも早くお届けします!



タイトルとURLをコピーしました