添え状は履歴書・職務経歴書よりも手間をかけるな!


求人に応募する際の3点セットの一つといわれるものが【添え状】です。カバーレターとも言われていますが、応募書類としての位置づけを考えてみましょう。

添え状の目的は?

求人に応募する際に企業、または、転職エージェントに送付する応募書類として、履歴書・職務経歴書の二通があるのは、よくご存知だと思います。

転職活動をしていると、応募書類三点セットという言葉を聞くことがあるかと思います。

残りの一点がまさに、【添え状】と呼ばれる書類です。

この書類の目的は何でしょうか?

また、履歴書・職務経歴書に比べての重要度はどれくらいなのでしょうか?

まずは目的から考えてみましょう。

添え状はカバーレターとも呼ばれています。

目的を考える上では、カバーレターの方がわかりやすいのではないでしょうか?

例えば、通常のビジネスの場合で考えてみましょう。

あなたが何らかの商品を注文する場合、注文書をつけると思います。

送付する書類一式はどれなのかを明確にするため、最初の一枚目に「送付する書類はこれこれですよ」とビジネスマナーとして、添え状をつけることが一般的ですよね。

実は転職活動もビジネスと考えれば、目的は明確です。

 ビジネスマナーとして表紙の意味でつける。

 送付する書類を明確にする意味でつける。

この二点が添え状の目的です。

以外にとてもシンプルですよね。

つぎは添え状の重要度です。

目的がお分かりになったかと思います。

おのずと重要度もご理解頂けたのではないでしょうか?

あくまでも、応募書類三点セットの中では、優先順位は最下位です。

添え状にかける工数は最低限で良いということです。

その分、良い職務経歴書を作成するようにしましょう。

 

そもそも必須の書類なのか?

添え状の目的はビジネスマナーですので、相手に良い印象をもってもらう以上の効果はありません。

添え状を送りたくないのであれば、特に構わないのですが、印象面で損をするリスクがあります。

採用の合否に影響するかというと、ほとんど関係ないでしょう。

ですが、アンケートによっては3割が合否に影響するいう回答もあるそうです。

理由は言うまでもなく、【ビジネスマナーも知らないのは、問題】ということです。

アンケートの結果なので、全面的に信頼はできませんが、3割の企業が合否に影響する可能性があるわけです。

添え状は送った方が無難ではないでしょうか?

一度テンプレートを作成してしまえば、宛先と日付を変えるぐらいの手間で済みます。

添え状を送らずに書類選考に影響しては、馬鹿らしいです。

それならば、送るように習慣づけてしまいましょう。

結論としては、【必須ではないが、送付する方が無難】ということになります。

 

簡潔に書くのが秘訣!

添え状の書き方には決まりはありません。

サンプルを参考にあなたが作るのが一番です。

ポイントは簡潔に書くことです。

単なる表紙なので、文章は読んでもらえないからです。

私が書類選考していたときは、履歴書と職務経歴書が人事からメールで送られてきただけです。

添え状は送られてきたことはありません。

応募書類を確認したら、添え状は応募受付側で破棄してしまうのが、普通です。

添え状はその程度のものです。

添え状は、上図のようなとてもシンプルなものです。

先ほども言ったように、内容は事務的で構いません

【応募しますので、宜しくお願いします】くらいの定型的な内容です。

以外と重要なのが、直接応募の場合と転職エージェント経由の場合の違いです。

直接応募の場合は、企業に添え状を送りますよね。

ということは、採用担当者が直接見る書類になる訳です。

そういう意味で、【丁寧に】書くことが大事です。

志望動機や自己PRは履歴書に書くので、不要です。

では、添え状に書く内容をこれからお教えしますが、これが絶対ではありません。

あなたのビジネスマナーの範囲で作成して頂くのが良いと思います。

 宛先は企業名と採用担当者を書きます。

転職エージェント経由の場合は、宛先は担当コンサルタントです。

実は転職エージェントからの応募の場合は、コンサルタントは添え状の代わりに、あなたの推薦状をカバーレターとしてつけて手続きすることがほとんどです。

コンサルタントへの応募する際のマナーさえ守れば良いので、添え状はそんなに堅苦しく書く必要はないのです。

 転職エージェント経由で応募するメリットと言えるでしょう。

あなたのアピールポイントを代わりに書いてくれるのですから!

 本文は決まり文句として、【拝啓】で始めます。

 内容は求人に応募する旨を簡潔にまとめましょう。

 本文の終わりには、【敬具】と書きます。

ビジネスレターと同じなので、わかりやすいと思います。

 日付は添え状を送付した(する)日付です。

応募日と合わせても良いでしょう。

 氏名は言うまでもなく、あなたのお名前を書きます。

 【添付書類】の種類と枚数を明記します。

 【以上】で添え状は終わります。

添付書類としては、履歴書・職務経歴書が1部ずつが普通でしょう。

 添え状を仕事で扱う機会がないという方は、一般的なカバーレターとはどういうものかこの機会に調べてみましょう。

このような添え状についても、転職エージェントを使うと、わずらわしさはありません。

コンサルタントが応募を代行してくれるのです。

あなたがやるべきことは、紹介された求人に対して、【応募することにしたのでよろしくお願いします】の内容があれば、添え状は大丈夫です。

宛名も転職エージェントの分だけ用意すれば、事足ります。

修正するのは日付だけで良いわけです。

直接応募の場合に比べて、転職エージェントを使うと、このように面倒なことはしなくてもよいので、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか?

もちろん、登録も利用も全て無料です。

登録したからといって、あなたに損はないのです。

むしろ、本来の転職活動に集中できて、とても効率的です。

転職エージェントを使う効果は転職を希望している方に浸透しています。

ライバルに差をつけるためにも、登録してしまいましょう。


転職エージェントに登録するとあなたに担当コンサルタントがつきます。

コンサルタントは有能な秘書のようなものです。

求人紹介から応募書類の添削、応募手続き、面接日程調整、待遇交渉、円満退職のアドバイスなど実に多くのサポートが受けられます。

コンサルタントにあなたのキャリアをきちんと理解してもらうことが転職エージェントを上手く利用する秘訣です。

相性もありますので、複数社への登録をおすすめします。

最初は大手の転職エージェントに登録するのが良いでしょう。

 【リクルートエージェント】への登録はこちら


 履歴書の書き方はこちら

 転職エージェントの口コミが無意味な訳は?はこちら

 絶対に登録しておきたい転職エージェント7選!はこちら


トップへ戻る

本日のランキングクリックありがとうございました(^^)/

ニュースレターを購読する

新規記事を誰よりも早くお届けします!