転職エージェントが提供可能な3つのサービスとは?

転職エージェント
この記事は約6分で読めます。
Sponsored Links

転職方法としてなくてはならないのが転職エージェントですが万能ではありません。提供可能なサービスを把握することが転職エージェントの使い方で重要なことです。

Sponsored Links

サービス1:キャリア相談

 

転職エージェントが提供するサービスで最も利用価値のあるものはコンサルタントによるキャリア相談です。

転職エージェントとのキャリア相談で気をつけることは?にキャリア面談での注意点を書きましたので、ぜひご一読ください。

 

 

転職エージェントに登録するとあなたに専任のキャリアコンサルタントがつきます。

キャリアコンサルタントはあなたが転職を実現するまで全力であなたを転職支援します。

 

最初のキャリア相談は登録後、対面もしくは電話で行われます。

この面談の目的はコンサルタントがあなたをよく知ることです。

 

あなたがコンサルタントを知る機会でもあります。

キャリア相談では以下の確認をして、求人紹介のための認識をお互いに合わせます。

 

  • あなたの職務経歴の確認
  • 希望する業種、職種
  • 希望勤務地
  • 希望年収
  • その他あなたのこだわり
  • 英語力

 

面談であなたの強みと転職エージェントが保有している求人とでマッチングがとれれば、すぐにでも求人紹介されます。

その時に求人紹介がなくても、粘り強く連絡はすることをおすすめします。

 

求人は生き物だからです。

 

週に一度はコンサルタントと連絡をとりあいましょう。

 

 

サービス2:求人紹介

 

転職エージェントの主なサービスと言えば求人紹介です。

あなたに相応しい求人を紹介し、転職成功させることがコンサルタントの役割です。

 

誰でもできる転職エージェントの紹介求人数を増やす方法のように出来るだけ求人紹介をしてもらう工夫は必要だと思います。

 

 

転職エージェントは企業からの依頼、もしくは営業をかけて求人を受注します。

当然企業の欲しがる人物像をヒアリングしています。

 

コンサルタントから求人紹介をされたということは、企業に推薦しても恥ずかしくないと思われたということです。

積極的に応募するようにしましょう。

 

履歴書・職務経歴書の添削

 

応募書類の添削も転職エージェントは行います。

履歴書・職務経歴書が完成していなくても、転職エージェントを利用することでブラシュアップすることが可能です。

 

もちろん応募に関係なく、添削は依頼できます。

求人紹介されるまでただ待つのではなく、時間を上手く利用して下さい。

 

企業への推薦、応募

 

企業への応募手続きもコンサルタントが全て代行します。

応募と同時に企業に推薦状を送ります。

 

通常の直接応募では添え状を添付しますが、転職エージェント経由の応募の場合は推薦状がその代わりとなります。

ご存知の通り求人紹介されないと転職エージェントからは応募できません。

 

応募のハードルが高くなる分、内定率は直接応募の場合よりも高くなります。

 

面接日程調整

 

面接日程調整は意外と面倒なものです。

これもコンサルタントが代行します。

 

他の転職エージェントを利用しているときは正直に言った方がスケジュール調整がうまくいきます。

複数社使って転職活動することは転職エージェントは織り込み済みです。

 

気を遣わずに正直に言うことでコンサルタントも他社との兼ね合いも考慮してうまく調整してくれます。

転職エージェントは上手く利用しないと損です。

 

遠慮は無用です。

 

 

サービス3:内定後フォロー

待遇交渉

 

待遇面に関する交渉は本人ではとてもやりづらいものです。

転職の際の言いにくい給料交渉はどうするのがよいの?にも書いたように転職エージェントに交渉を任せるのが良いです。

 

 

もちろんあなたの希望額を事前に伝えておけば内定前にエージェント側で待遇面の交渉もします。

転職エージェントはあなたの年収が上がれば売り上げに直接響くので、真剣に待遇交渉をしてくれます。

 

数年前は景気が悪く、交渉が難しかったのですが今は完全雇用といえる有効求人倍率です。

転職エージェントを経由すれば同じ仕事でも給料は高くなる可能性が大きいです。

 

直接応募は今は損です。

少しでも給料が欲しいのならば転職エージェントを使いましょう。

 

内定承諾までのフォロー

 

内定が出た後、承諾するかどうかはとても重要な問題です。

転職エージェントは企業の情報、求人情報を把握しています

 

あなたに情報提供することで内定承諾の判断材料となります。

もちろん転職エージェントも内定承諾するかどうかの相談にのります。

 

ただ転職エージェントも商売です。

転職会議などであなた自身が口コミを確認したほうがよいです。

 

内定辞退したとしてもコンサルタントによりますが、いやな顔はされません。

コンサルタントの相性は最初のキャリア相談である程度わかります。

 

合わない場合は早めに担当者を交代してもらいましょう。

転職エージェントにとってもその方が良いので、すぐ対応してくれます。

 

退職アドバイス

 

転職先が決まっても円満退職ができなければ、最悪転職先の信頼を失ってしまい内定取り消しということにもなりかねません。

円満退職することはとても大切なことです。

 

確かに法的にはあなたの方から一方的に辞めることは可能です。

ですがそれは最終手段です。

 

転職してから前職の社員といつ会うかわかりません。

その意味でコンサルタントからアドバイスをもらえるのはとてもありがたいことなのです。

 

退職手続きはある程度はノウハウがあります。

上長が退職願を受け取らない場合、どうするかなど作戦を練る必要があります。

 

リアルタイムで状況は変わるものですので、コンサルタントと相談しつつ円満退職をしましょう。

 

入社後フォロー

 

転職エージェントは転職後も半年ほどは1ヶ月に一回ほどはフォローの連絡が入ります。

理由はすぐに辞められるとエージェントが困るからですがサービスとしてはありがたいものです。

 

聞いていた話と違っていたら遠慮なく言ってください。

転職エージェントは企業に言ってくれるはずです。

 

 

まとめ

 

転職エージェントが提供可能なサービスはまとめると以下の3つです。

 

  • キャリア相談
  • 求人紹介
  • 内定後フォロー

 

転職エージェントはコンサルタントを上手く利用することであなたの明るい未来が開けます。

まずはキャリア相談からでも気軽にしてみては如何でしょうか?

 


リクルートエージェント

 

 

 

 

 

 

よくある質問

 

 

転職活動の手順を知りたい。できるだけ無駄のないようにしたいので。ハローワーク・転職サイト・転職エージェントの違いや使い方も含めて手順が知りたい。

 

 

転職活動で転職エージェントや転職サイトはどのように利用するのがよいのか?それぞれはどんな人に向くのか?おすすめの転職エージェント・転職サイトも知りたい。

 

 

職務経歴書が上手く書けないので、秘訣を知りたい。面接で注意すべき点やドタキャンする事情があったら、再応募は可能なのだろうか?その時の対策はあるのだろうか?

 

 

上記の質問に対する回答は本ブログの記事のさまざまな記事にとりあげていますので、ご一読頂ければ幸いです。

それでも疑問がある方は遠慮なくお問い合わせください

 

 

 

Sponsored Links

コメント