【採用担当者が裏側を語る!】転職エージェントの4つのメリットとは?

【採用担当者が裏側を語る!】転職エージェントの4つのメリットとは?転職エージェント
この記事は約11分で読めます。
Sponsored Links

 

 

転職エージェントを使うことに疑問を持っている人「転職活動では転職エージェントを使うことが必須と言われるが本当だろうか?たまに良くない評判も聞くので転職エージェントを使うメリットはあるのだろうか?転職エージェントを使わないと受けられない転職支援サービスがわかると理解しやすいな。」

 

上記のお悩み・疑問にお答えします。

Sponsored Links
  • 転職活動で特に役立った転職エージェント【おすすめ】
非公開求人数20万件。業界最大手の転職エージェント
転職の悩みを解決。業界第二位の転職エージェント
日系/外資転職とも強い。業界第三位の転職エージェント

 

先ほど、こんなツイートをしました。

 

転職エージェントを使うわかりやすいメリットは4つ。
✔効率的な転職活動ができる
✔求人対策が可能。つまり書類選考、面接対策。
✔転職エージェント推薦なので、内定率は高くなる。
✔多数の優良な非公開求人に出会える。

 

本記事を読めば以下のことがわかるようになっています。

 

この記事を読めばわかること

  • 転職エージェントを使うメリット4つがわかる。
  • おすすめの転職エージェント3社

 

とは言っても、何の根拠もなく書いているわけではありません。

この記事には以下の根拠があります。

 

この記事の根拠

  • 上記の通り。

 

記事構成は以下のとおりです。

10分ほどで読める記事ですので、しばらくお付き合いください。

 

  • 転職エージェントのサービスの流れ【効率的に転職可能】
  • 転職エージェントを使うことで書類選考・面接対策が的確に出来る
  • 転職エージェントを使うと内定率が高くなるメリットがある
  • 転職エージェントを使えば非公開求人に出会えるメリットがある
  • 転職エージェントを使うメリット:まとめ

 

では一つずつ解説します。

 

 

転職エージェントのサービスの流れ【効率的に転職可能】

転職エージェントを使うことで効率的に転職可能

 

転職エージェントは転職活動をする上での必須の転職方法です。転職の進め方は決まっており、転職エージェントは重要な役割を担っています。

 

転職の進め方は以下の7つのステップです。

転職エージェントを使わないと転職活動は非効率になりますよね。

 

  • 転職理由・転職の軸を明確にする
  • 転職理由に相応しい求人ニーズを転職サイトでマーケティング
  • 転職活動のスケジュールを立てる
  • キャリアの棚卸し
  • 履歴書・職務経歴書の作成
  • 転職エージェント推薦で応募
  • 年収交渉・内定・退職

 

>>簡単な転職の7つの進め方を完全公開【これを守らないと失敗する】

 

上図は転職エージェントが提供する内定までの転職支援サービスの流れです。

これをみればわかるように一人よりも、効率的で無駄のない転職活動ができます。

 

もう少し詳しく書くと以下の通りです。

  • 登録
  • キャリア相談(面談)で職務経歴、希望条件をヒアリング
  • 求人紹介
  • 履歴書・職務経歴書の添削
  • 企業への推薦
  • 転職面接の情報提供、対策
  • 年収交渉
  • 内定承諾 or 辞退を企業に連絡
  • 円満退職のためのアドバイス
  • 転職
  • 転職後のアフターフォロー

 

>>転職エージェント推薦での求人応募から入社までの流れ【初心者向け】

 

転職エージェントの特徴は「あなたに担当コンサルタントがつき」二人三脚で転職活動が出来るということが挙げられます。

担当コンサルタントとのキャリア相談を行うことであなたの転職市場価値もわかります。

 

キャリア相談ではコンサルタントがあなたの今までの職務経歴書を確認することで「何が出来る人か?」を把握する場です。

場合によっては「今転職すべきではない」と厳しいアドバイスをもらうかもしれません。

 

スキルが足りない場合もありますが、タイミング的に紹介出来る求人がない時も多いです。

その時は転職するのは「今」ではないということですので、下手に落ち込む必要はないです。

 

求人ニーズが復活するまで無理して転職せずに、スキルアップをしながらタイミングを待ちましょう。

これは転職エージェントを活用すべき1つの大きなメリットです。

 

ちなみに転職市場にニーズがあるかどうかの確認は転職サイトを使う方が簡単です。

>>転職サイトのビジネスモデルを理解した使い方とは?【おすすめ】

 

転職エージェントから求人紹介されれば、推薦状付きで企業に応募が可能ですので前向きに検討してください。「転職エージェント推薦」は大きなメリットです。

直接応募の場合は「どこの誰かわからない」ので転職エージェントに推薦されれば有利です。

 

推薦状には保有スキルはもちろんのこと、人柄についても書かれているので安心材料になります。

有能なコンサルタントの場合は「ダメ押し」で電話してくる場合もあります。

 

筆者は採用担当も兼任していますが、転職エージェント推薦「履歴書・職務経歴書」は出来が良いです。

直接応募の場合は自由に応募できるので、ばらつきが大きいです。

 

転職エージェントを使えば推薦状の効果もあり、効率的な転職活動ができます

 

 

転職エージェントを使うことで書類選考・面接対策が的確に出来る

転職エージェントを使うことで書類選考・面接対策が的確に出来る

 

書類選考や面接対策について一番重要なことは何でしょうか?

常識的なことは転職本を一冊読めば十分です。

 

それ以外で重要なことは求人ごとに求められている要件や人物像に合わせた対策をすることです。

そのためには求人に関する情報収集が必要となります。

 

会社のホームページを見て情報収集をするのは当然として、社風であるとか給料面は転職エージェントに聞いてみるのが手っ取り早いです。

さらに転職会議などの口コミサイトで評判を確認すれば、応募の不安はなくなります。

 

もちろん面接はそれだけでは内定を勝ち取ることは難しいです。

やはり企業研究・求人研究がポイントになります。

 

企業研究は転職会議などの口コミサイトや会社のホームページから情報収集出来ますが、求人研究については求人票以外は普通は情報がありません。

これではあまりにも情報が少ないです。

 

これに基づいて面接対策をしてもその企業が求めている要件とズレた回答をすることは想定できますよね。

やはり求人情報も出来るだけ多く収集すべきです。

 

ハローワークや転職サイトなどの直接応募に限界があるのは求人情報があまりにも少ない状態で応募することにあります。

さらにアドバイスしてくれる人もいませんので、苦労するわけです。

 

一方、転職エージェントは企業から「こんな人がいたら紹介して下さいね」というように具体的なコアスキルを依頼されています。

転職エージェントは先方の企業が欲しがっている人材を把握しているのです。

 

求人票にはそこまで詳細には採用背景や仕事内容、求める人物像、年齢、学歴は書かれていないのが普通です。

転職エージェントから紹介されたということは、その求人に対してマッチングしているということです。

 

積極的に応募するように検討しましょう。

応募したらエージェントから出来るだけ早く、多くの情報をもらうことです。

 

それによって企業が求める職務経歴書が書けます。

面接についても社風を把握しているのとそうでないのとでは雲泥の差です。

 

是非とも担当アドバイザーと面接対策は繰り返し行って下さい。

転職エージェントは「企業が要求していることは何か?」を熟知しています。

 

そのことにより具体的に書類選考・面接対策が行えます。

これも転職エージェントを使うメリットです。

 

 

転職エージェントを使うと内定率が高くなるメリットがある

転職エージェントを使うと内定率が高くなるメリットがある

 

転職エージェント推薦だと紹介料がかかる分、内定率が低くなるという情報が出回っています。

これは正しいのでしょうか?

 

実はこれ正しそうですが、誤りです。

採用コストの視点が抜けているからです。

 

社員を採用するコストを俯瞰的な目線で見ることが大事です。

採用コストは転職エージェントに払う紹介料や転職サイトに払う求人掲載料はほんの一部で、採用担当者の人件費も加える必要があるのです。

 

直接応募での採用であれば、採用担当の人件費が採用コストの大部分となります。

転職サイトに求人を掲載すれば、掲載料が加わる感じですが固定費がほとんどを占めるのは明らかでしょう。

>>それでも直接応募を選択しますか?【エージェントは採用の外注化】

 

一方で転職エージェントに依頼すれば、応募してくる方はエージェントがある程度選んでいます。

書類選考の手間も直接応募よりはずっと省けます。

 

つまり採用業務の一部を企業が転職エージェントに委託しているということです。

企業は面接は何度行っても良いので、採用コストとしては「採用担当の人件費が削減された分に紹介料を足す」ということになります。

 

面接を行うのは採用担当者の人件費となりますが、全ての採用業務を行うよりも転職エージェントに頼む方がずっと安く済むのです。

さらに転職エージェント推薦で応募してくる人は高スキルの場合がほとんどです。

 

内定率が高いのは当然の結果です。

筆者は採用担当ですので、よくわかります。

 

自分の経験からも転職エージェント推薦の方が内定率が高いと断言できます。

 

 

転職エージェントを使えば非公開求人に出会えるメリットがある

転職エージェントを使えば非公開求人に出会えるメリットがある

 

転職エージェントが保有している求人のほとんどは非公開求人です。

ほかの転職方法は公開求人しか保有していません。

 

非公開求人の特徴はハイスペックということです。

給料はもちろんのこと、仕事内容もやりがいのあるものとなっています。

 

企業が非公開とするのは競合他社に知られたくない場合が多いです。

ライバル企業に知られずに新規プロジェクトを立ち上げる時などです。

 

転職エージェントを使わないと非公開求人に出会うことはできないのです。

転職活動で公開求人のみの応募で満足できれば良いですが、殆どの方はそうではないはずです。

 

非公開求人に応募できることも転職エージェントのメリットです。

 

>>転職エージェントの非公開求人とは?【割り合いもお教えします】

 

 

転職エージェントを使うメリット:まとめ

転職エージェントを使うメリット:まとめ

 

本記事で書いた「転職エージェントを使うメリット」をまとめます。

 

  • 転職活動が効率的に出来る
  • 書類選考・面接は求人ごとに対策可能
  • エージェント推薦なので内定率は直接応募に比べて高い
  • 非公開求人に応募可能

 

以下に筆者が実際に使って間違いないと思った転職エージェントを3社示しますので、よろしければ無料申込してみてください。

転職エージェントはサービスの利用料は完全無料ですので、金銭的なデメリットはありません。ご安心ください。

 

  • 転職活動で特に役立った転職エージェント【おすすめ】
非公開求人数20万件。業界最大手の転職エージェント
転職の悩みを解決。業界第二位の転職エージェント
日系/外資転職とも強い。業界第三位の転職エージェント

 

>>転職エージェントの3つのメリットとは?【迷わないで行動しよう】

 

 

>>【採用担当ニーズ別厳選】転職エージェントおすすめ119選!【デメリット・メリット解説】

>>【採用担当が徹底解説!】転職エージェントのデメリット・メリット

>>【無料あり】エンジニア歴15年の筆者がおすすめするプログラミングスクール5選

 

 

Sponsored Links