転職エージェントの活用が必須の4つのわけとは?


Sponsored Links



転職活動を行う上で転職エージェントの活用は必須です。改めてその理由を解説します。

Sponsored Links



効率的に転職可能

 

 

先程言ったように転職エージェントは転職活動をする上での必須の転職媒体と言えます。

 

 

上図は転職エージェントの提供する内定までの転職支援サービスの流れです。

 

一人で転職活動をしているとどうしても緊張感がありませんが、転職エージェントを使うことでサポート期間も区切られて無駄のない就活ができます。

 

 

  • 登録
  • キャリア相談(面談)
  • 求人紹介
  • 応募・推薦
  • 面接
  • 待遇交渉
  • 内定
  • 円満退職のためのアドバイス

 

 

転職エージェントの特徴としては、あなたに担当コンサルタントがつき、転職成功まで二人三脚で転職活動が出来るということが挙げられます。

そして最初にコンサルタントとのキャリア相談を行うことであなたの転職市場価値がわかります。

 

 

具体的にはコンサルタントがあなたの今までの職務経歴書を確認することで「何が出来る人か?」を把握する場がキャリア相談です。

なので場合によっては今転職すべきではないと厳しいアドバイスをもらうかもしれません。

 

 

スキルが足りない場合もありますが、タイミング的に紹介出来る求人がない時も同じアドバイスがあります。

その時は転職するのは「今」ではないということです。

 

 

スキルアップをしながら然るべきタイミングを待つことが出来ます。

これは転職エージェントを活用すべき大きな理由です。

 

無駄な応募を繰り返すことは避けられるからです。

 

 

一方ハローワークや転職サイトから直接応募していると、誰もそのようなアドバイスは言ってくれません。

応募するのはあなたの意志次第で出来るからです。

 

可能性がなくても応募を繰り返すことだって、十分あり得ます。

転職する可能性があるかどうかが転職エージェントを使うことで早めにわかるのです。

 


 【パソナキャリア】への登録はこちら


 

 

書類選考・面接対策を的確に出来る

 

書類選考や面接対策について一番重要なことは何でしょうか?

常識的なことは転職本を一冊読めば十分です。

 

 

それ以外で重要なことは求人ごとに求められている要件や人物像に合わせた対策をすることです。

そのためには求人に関する情報収集が必要となります。

 

会社のホームページを見て情報収集をするのは当然として、社風であるとか給料面は転職エージェントに聞いてみるのが手っ取り早いです。

さらにキャリコネ などの口コミサイトで評判を確認すれば、応募の不安はなくなります。

 

 


10万件の企業口コミ。キャリコネ


 

もちろん面接はそれだけでは内定を勝ち取ることは難しいです。

やはり企業研究・求人研究がポイントになります。

 

 

企業研究はキャリコネなどの口コミサイトや会社のホームページから情報収集出来ますが、求人研究については求人票以外は普通は情報がありません。

これではあまりにも情報が少ないです。

 

 

これに基づいて面接対策をしてもその企業が求めている要件とズレた回答をすることは想定できますよね。

やはり求人情報も出来るだけ多く収集すべきです。

 

ハローワークや転職サイトなどの直接応募に限界があるのは求人情報があまりにも少ない状態で応募することにあります。

さらにアドバイスしてくれる人もいませんので、苦労するわけです。

 

 

一方、転職エージェントは企業から「こんな人がいたら紹介して下さいね」というように具体的なコアスキルを依頼されています。

つまり転職エージェントは求人票に書かれていることだけではなく、先方の企業が欲しがっている人材を把握しているのです。

 

 

求人票にはそこまで詳細には採用背景や仕事内容、求める人物像、年齢、学歴は書かれていないのが普通です。

転職エージェントから紹介されたということは、その求人に対してマッチングしているということです。

 

積極的に応募するように検討しましょう。

応募したらエージェントから出来るだけ早く、多くの情報をもらうことです。

 

 

それによって企業が求める職務経歴書が書けます。

面接についても社風を把握しているのとそうでないのとでは雲泥の差です。

 

是非とも担当アドバイザーと面接対策は繰り返し行って下さい。

転職エージェントは企業が要求していることを肌で感じています。

 

そのことにより具体的に書類選考・面接対策が行えます。

 

 

内定率が高い

 

 

転職エージェント経由だと紹介料がかかる分、内定率が低くなるという情報が出回っています。

これは正しいのでしょうか?

 

実はこれ正しそうですが、正しくないのです。

採用するのにかかるコストで比べていないからです。

 

社員を採用するコストを俯瞰的な目線で見ることが大事です。

そうすると転職エージェントに払う紹介料や転職サイトに払う求人掲載料に加えて、採用担当者の人件費も考える必要があるのです。

 

 

直接応募での採用であれば、採用担当の人件費が採用コストの大部分となります。

転職サイトに求人を掲載すれば、掲載料が加わる感じですが固定費がほとんどを占めるのは明らかでしょう。

 

 

一方で転職エージェントに依頼すれば、応募してくる方はエージェントがある程度選んでいます。

書類選考の手間も直接応募よりはずっと省けます。

 

つまり採用業務の一部を企業が転職エージェントに委託しているということです。

企業は面接は何度行っても良いので、採用コストとしては、「採用担当の人件費が削減された分に紹介料を足す」ということになります。

 

面接を行うのは採用担当者の人件費となりますが、全ての採用業務を行うよりも転職エージェントに頼む方がずっと安く済むのです。

おまけに応募してくる人も高レベルです。

 

 

 

内定率が高いのは当然の結果です。

 

 

私は前職で採用を担当していました。

自分の経験からも転職エージェント経由の方が内定率が高かったですね。

 


 【パソナキャリア】への登録はこちら


 

 

非公開求人に応募可能

 

 

転職エージェントが保有している求人のほとんどは非公開求人です。

ほかの転職媒体は公開求人しか保有していません。

 

 

非公開求人の特徴はハイスペックということです。

給料はもちろんのこと、仕事内容もやりがいのあるものとなっています。

 

 

企業が非公開とするのは競合他社に知られたくない場合が多いです。

ライバルに知られずに新規プロジェクトを立ち上げる時などです。

 

 

転職エージェントを使わないと非公開求人に出会うことはできないのです。

転職活動で公開求人のみの応募で満足できれば良いですが、殆どの方はそうではないはずです。

 

 

そういう意味でも転職エージェントの利用は必須なんです。

 

 


 【パソナキャリア】への登録はこちら


 

 

まとめ

 

 

  • 転職活動が効率的に出来る
  • 書類選考・面接は求人ごとに対策可能
  • エージェント推薦なので内定率は直接応募に比べて高い
  • 非公開求人に応募可能

 

 


 【パソナキャリア】への登録はこちら


絶対に登録しておきたい転職エージェント8選!


トップへ戻る


10万件の企業口コミ。キャリコネ


【リクルートエージェント】


絶対に登録しておきたい転職エージェント8選!


フリーター・ニートなら登録しておきたい転職エージェント6選!


Sponsored Links



Sponsored Links
転職に関するご質問は何でもお気軽にどうぞ。

ニュースレターを購読する

新規記事を誰よりも早くお届けします!