なぜ転職サイトを就活の中心とすると成功しないのか?

転職サイト
この記事は約4分で読めます。
Sponsored Links

転職サイトは一般的には求人サイトとも呼ばれています。確かに求人サイトの役目もあります。しかしそれならばハローワークと何ら変わりありません。転職サイトを有効活用するためにはどうすればいいのでしょうか?それは...

Sponsored Links

公開求人しか掲載されていない!

 

 

転職サイトには、求人広告が結構な数掲載されています。

転職サイトは、求人掲載料で儲けているところが多いので、そうなるのです。

 

企業側から見ますと、求人を掲載した段階で課金されるのが、転職サイトです。

一方、転職エージェントはなぜ転職エージェントは無料で利用できるのか?でも書いたように求人に応募し入社して初めて紹介料が発生するんです。

 

 

さらに転職エージェントには、キャリアコンサルタントがいます。

どちらに良質な求人が集まるかは、明らかですね。

 

企業としては、コンサルタントから秘密裏に有能な人材を紹介してもらいたいのです。

求人について見てみましょう。

 

 

転職エージェントの非公開求人とは?にあるように転職エージェントは非公開求人を多数保有しています。

非公開なので転職エージェントを利用しないと出会えないものです。

 

給料などの待遇面でも優れた求人が多いです。

それに対して転職サイトに掲載されている求人は誰でも見ることが出来る公開求人です。

 

 

企業としては広告として掲載している面があるため、公開としているのです。

公開求人には高待遇の求人はほとんどありません。

 

 

優れた人材は非公開求人で募集しているからです。

 

 

20代向けである!

 

 

転職サイトに掲載されている求人には、年齢制限は書かれていないのが普通です。

雇用対策法により、労働者の募集・採用時には年齢制限を設けることは原則禁止だからです。

 

 

仕事内容からして明らかに20代向けである場合は、年齢制限はしませんが、結果として20代が有利な求人になります。

転職サイトに掲載されている求人は、そのようなものが実に多いです。

 

もちろんミドル向けの求人もあります。

ですが今までの経歴を活かせない求人ばかりです。

 

 

JACリクルートメントのような35歳以上が多くを占め、管理職向けの求人が多い転職エージェントを使った方がミドルの方はよっぽど良いです。

転職サイトでミドルの方が応募を繰り返すことはあなたのスキル以前ではじかれている可能性が高いので、やめましょう。

 

 

逆に20代の方にとっては、求人が豊富に掲載されています。

もちろん、転職エージェントの方が給料の良い求人が豊富にあります。

 

 

転職サイトにはそこまで高スペックではない求人があります。

あなたの目的がご家庭の事情かなんかで時間がない場合、転職サイトを使って転職する方が早いかもしれません。

 

ですが、長い目で見た場合はもらう給料も少なくなります。

どちらを利用するかは、慎重に検討すべきことなのです。

 

 

スカウトを有効利用しよう!

 

 

転職サイトの利用価値は、求人サイト以外でしたら、もちろんあります。

求人検索と違って登録してしないと利用できませんが、転職サイトのスカウトを使いこなすには?にあるようにぜひとも使いたい機能です。

 

 

企業以外にも、転職エージェントからも求人紹介のオファーがあったりします。

出会いの機会として、利用しましょう。

 

 

つまり転職サイトに登録することで、転職エージェントとの縁ができ、そのあと求人をそこから紹介してもらえる可能性もあります。

そのような使い方でしたら、転職サイトは良いのではないでしょうか。

 

 

あくまでも、転職サイトはサブであり、メインではありません

私は転職サイトというのは、使い方によっては非常に有益なものだと思っています。

 

 

ですが、転職サイトばかりで活動するのはダメですよと言いたいのです。

転職エージェントをメインにすることを強くおすすめしますが、それだけではなく、転職サイトやハローワークも利用すべきです。

 

 

ただ、転職サイトはハローワークと違って、実質的に年齢制限がある求人が多いということも知っておいてください。

特にミドルの方でその情報を知らない方は、転職サイトはスカウトのみの利用にとどめるべきです。

 

 

パソナキャリア

 

絶対に登録しておきたい転職サイト7選!はこちら

 

転職エージェントのメリット・デメリット【おすすめ12社を使う】
転職媒体の中心ともいうべき転職エージェントですが、どんなメリットがあるのかわからない、逆にデメリットも多くあるんじゃないか?など実に数多くのお問い合わせを頂いています。ここでは本ブログのテーマである転職エージェントのメリット・デメリットと転...

アクセス数No.1の転職サイトです。残業時間で検索したり、月給順にソートしたりする便利な機能があります。これは業界初のサービスです。その他にもユーザーにとってうれしい検索機能があります。この転職サイトは使って損をすることはないので、ぜひ使ってみてくださいね。

ビズリーチはヘッドハンティング型転職サイトです。掲載されている求人は企業や中堅転職エージェント保有の求人が多いですね。さらに掲載されていない非公開求人についてはヘッドハンターからのオファーという形で出会える可能性が大きく広がります。1000万円以上の非公開求人が殆どですので、いわゆる転職サイトとは一線を画します。オファーを待つだけでも価値があるでしょう。

Re就活は20代向けの求人が多い転職サイトです。登録者数も20代が多いので、まだご存知でない方は一度サイトを見てみることをおすすめします。思わぬ求人に出会えるかもしれませんよ。

リクナビネクストは転職活動中のほぼ全員が使っているリクルートキャリアが運営する転職サイトです。登録はとても簡単ですし、求人検索などの基本的な機能もとても使いやすいので初心者向けとも言えます。転職をすると決めたら、まずはここから使いましょう。

CAREER CARVER

キャリアカーバーはリクルートキャリアが運営するハイクラス向けの転職サイトです。転職後の平均年収の実績は942万円です。リクルートだから実現できる高年収とも言えます。実に多くの転職エージェントと提携しているため、ヘッドハンターの数も半端ないです。求人の質はとても高いものなので、そんなにオファーはないので転職を急がない方や良いところがあったら転職を考えようというスタンスの方には最適だと思います。

スマホから気軽に使える転職サイトです。特徴は書類選考が通過している求人のみオファーが来ることです。それもかなりの頻度ですので、転職エージェントと転職サイトを補完するメディアとして上手く利用できます。転職活動のスキマ時間に使う程度で構わないと思います。

この転職サイトはきちんと20代向けと断っているところが良心的です。年齢で応募しても無駄だったということが転職サイトの求人には多いからです。20代の方であれば気軽に使える転職サイトとなっています。レコメンドされる求人の中から興味あるものを答えていくことで、AIがあなたの転職に関する価値観を分析していきます。使い込むうちにだんだんと興味のある求人が増えていくでしょう。気軽に使ってみてください。

東京しごとセンターは東京都が運営する公的な就職支援のための施設です。ここではヤング、ミドル、シニア層それぞれに対して就職支援を行っています。若者正社員チャレンジ事業はヤング層に対しての就職支援で29歳までが対象とし、ニートやフリーターなど就業経験のない方向けの正社員就職を目的とするものです。今まで1500名以上の就職実績があります。通常の就職と違って、実際に企業で働きながらあなたに向くところかどうかを実感することができます。実習の間はアルバイトが出来ず大変だという方には最大10万円の奨励金を用意しているとのことです。今まで就業経験がない方で20代の方はぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

トップへ戻る

Sponsored Links
タイトルとURLをコピーしました