広告

【採用担当が教える】なぜ転職サイトを転職活動の中心とすると、失敗するのか?

【採用担当が教える】なぜ転職サイトを転職活動の中心とすると、失敗するのか? 転職サイト
転職サイト
この記事は約24分で読めます。

 

 

転職サイトを中心に、転職活動している人「転職サイトを中心に、転職活動しているが、うまくいっていない。原因は転職サイトの使い方にあるのだろうか?それとも、転職サイトに頼るのは限界があるのだろうか?転職サイト中心で転職活動する場合、ほかの手段も考えたほうが良いのだろうか?」

 

こういった疑問に答えます。

 

 

転職エージェントの選び方

  • 転職エージェントは、総合型から使うのが良い
  • 転職の軸が決まっていれば、特化型も使ってOK

 

  • 「総合型」とは、幅広い業界・職種・年齢層の求人を取り扱っている転職エージェント。
  • 「特化型」とは、特定の業界・職種・年齢層に特化した求人を保有する転職エージェントです。

 

  • おすすめ転職エージェント比較表
転職エージェント リクルートエージェント doda パソナキャリア ビズリーチ GEEKLY(ギークリー) type転職エージェントIT ワークポート レバテックキャリア レバテックエキスパート マイナビ IT AGENT TechClipsエージェント ウィルオブ・テックキャリア クラウドリンク ギークスジョブ HiPro Tech ( 旧:i common tech ) ウズカレIT(旧ウズキャリIT) LHH転職エージェント(旧 Spring転職エージェント) JAC Recruitment ランスタッド ロバート・ウォルターズ エンワールド リクルートダイレクトスカウト MS-Japan type女性の転職エージェント LIBZ(旧 LiBzCAREER) マイナビジョブ20's マイナビエージェント type転職エージェント DYM就職 就職Shop 第二新卒エージェントneo UZUZ UZUZ理系 ハタラクティブ ジェイック就職カレッジ リバラボインターンシップ キャリアスタート リクナビNEXT Re就活 ミイダス 転職ドラフト
運営会社 リクルート パーソルキャリア パソナ ビズリーチ Geekly キャリアデザインセンター ワークポート レバテック レバテック マイナビ notari ウィルオブ・ワーク Cloud Link ギークス パーソルキャリア UZUZ Adecco Group JAC Recruitment ランスタッド ロバート・ウォルターズ エンワールド リクルート MS-Japan キャリアデザインセンター リブ マイナビ マイナビ キャリアデザインセンター DYM リクルート ネオキャリア UZUZ UZUZ レバレジーズ ジェイック スリーバックス キャリアスタート リクルート 学情 ミイダス リブセンス
公開求人数 389,480件 05/25更新 197,858件 05/25更新 49,000件 86,036件 15,000件 9,588件 59,000件 20,282件 非公開 15,000件 5,000件 常時数千件 3,000件 3,666件 500件 1,500件 36,900件 12,000件 6,000件 2,062件 1,000件 132,490件 7,505件 9,588件 2,000件 3,600件 54,000件 9,588件 非公開 非公開 非公開 1,500件 1,500件 60,000件 62,000件 非公開 1,000件 63,466件 10,860件 非公開 常時100社以上
非公開求人数 280,642件 05/25更新 非公開 100,000件 非公開 20,000件 19,249件 20,000件 非公開 5,000件 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 35,000件 15,000件 30,000件 非公開 非公開 非公開 非公開 19,249件 非公開 19,249件 非公開 19,249件 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開
対象年代 20代~50代 20代~50代 20代~50代 30代~50代 20代~30代 20代~40代 20代~30代 20代~30代 30代~40代 20代~30代 20代~50代 20代~40代 20代~40代 20代~30代 20代~50代 20代 30代~50代 30代~50代 30代~50代 20代~40代 30代~50代 30代~50代 30代~50代 20代~40代 20代~50代 20代 20代~30代 20代~40代 20代 20代 20代 20代 20代 20代 20代 20代~30代 20代 20代~50代 20代 20代~40代 20代~40代
対応エリア 全国 全国 全国 全国 首都圏 首都圏 全国 全国 全国 首都圏・関西圏 首都圏 全国 全国 関東・関西・中部・九州 全国 東京・大阪・愛知・福岡 全国・海外 全国 全国・海外 全国・海外 東京・大阪・名古屋中心 全国 全国・海外 首都圏 首都圏 首都圏 全国 首都圏 東京、大阪、名古屋、福岡、札幌、仙台、京都、広島 首都圏・関西圏 全国 東京・大阪・愛知・福岡 東京・大阪・愛知・福岡 全国 全国 関東圏 全国 全国 全国 全国 全国
強い転職分野 総合求人 総合求人 総合求人 ハイクラス求人 IT/WEB/ゲーム業界求人 IT/WEB/ゲーム業界求人 ITを中心とした総合求人 IT求人 IT系ハイクラス求人 IT求人 IT事業会社求人 ITエンジニア専門求人 社内SEなど自社内開発求人 ITフリーランス求人 ITフリーランス求人 未経験IT求人 外資・海外求人 外資・グローバル求人 外資系求人 英語力が活かせる求人 外資系求人に強い ハイクラス求人 管理部門・士業求人 IT/営業求人に強い 総合求人 20代専門求人 IT/WEB/ゲーム業界求人 総合求人 第二新卒・既卒・フリーター・ニート向け求人 学歴不問の正社員求人 既卒・フリーター向け求人 既卒向け求人 情報・電子電気・機械系などの理系求人 フリーターの方向け求人 ニートの方向け求人 中卒/高卒/フリーター向け求人 フリーター求人 総合求人 総合求人 総合求人 IT求人
特徴 年収アップ交渉がうまい 転職の悩みを解決 手厚い転職サポートで有名。女性にもおすすめ 年収600万円以上に支持されるハイクラス転職サイト 業界・職種別にコンサルタントが在籍している カウンセリングが丁寧 未経験からのIT転職に強い 年収600万円以上が5000件 年収をさらに上げたいハイクラスの方向け 内定率が高い 年収500万円以上なので、キャリアアップに有益 コンサルタントは2名体制なので、内定率が極めて高い。年収アップがデフォルト 自社内でじっくりスキルアップをしたい方向け 求人数が多いのでITフリーランスなら、まず最初に使いたい 中間マージンがないため、高年収が得られる可能性も You Tube動画での無料講座で未経験IT転職を支援 年収UP率59%、職種別コンサルタント 日系/外資転職とも強い。 年収1500万円以上の求人 英語力を活かして働きたい方向け 年収UP求人に強い 転職後の平均年収950万円 管理求人、決定率第一位 女性のアドバイザーが多いので安心 フレックス、リモート求人が多い マイナビならではのネットワークで、独自求人あり 未経験転職に強い 老舗だが知名度が低いため、穴場の転職エージェント 内定後もサポートが手厚い 書類選考なしで、面接に進める スタッフが第二新卒出身なので、気軽に相談できる 第二新卒・既卒・フリーターにはおすすめ 中退・既卒で理系出身者向けの転職エージェント スキルがなくても、転職活動が可能 スキルがなくても、転職活動が可能 寮が完備。地方からも参加でき、給与が発生 知名度が低いので、穴場と言える 転職活動を開始したら、最初に使ったほうが良い転職サイト 20代が選ぶ転職サイト第一位 企業が直接、求職者にアプローチする転職サイト 厳選された企業から指名を待つだけ

 

上記の中で、どこがいいか迷ったら大手の転職エージェントリクルートエージェントがおすすめです。

全職種・全年齢層に対応しており、求人数も圧倒的に多いからです。

 

無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

 

近年、多くの求職者が転職サイトを転職活動の中心として活用していますが、なぜか成功するケースは意外と少ないものです。

転職サイトには限界があり、そのまま頼りにするだけでは理想の転職先を見つけることは難しいのです。

 

本記事では、転職サイトの限界や問題点を探りつつ、他の手段を組み合わせて転職活動を成功させるためのアプローチについて考察します。

 

先ほど、こんなツイートをしました。

 

転職活動では、多くの求職者がその手軽さから転職サイトを使う。しかし、転職サイトに頼り切りでは、まず転職失敗する。①原則、公開求人のため、競争率が激しい。その割に学歴フィルターや年齢フィルター設定されていることが多く、応募には非効率②企業に非公開求人が一部の転職サイトを除くと、ほと…

 

本記事を読めば以下のことがわかるようになっています。

 

この記事を読めばわかること

  • 転職サイトを頼りに転職活動することは、転職失敗の原因になりやすいことがわかる。
  • 転職活動に失敗しないための転職サイトの使い方がわかる。

 

とは言っても、何の根拠もなく書いているわけではありません。

この記事には以下の根拠があります。

 

この記事の根拠

  • 上記の通り。

 

記事構成は以下のとおりです。

5分ほどで読める記事ですので、しばらくお付き合いください。

  • 転職サイトの限界
  • 企業の非公開求人
  • 結論

 

 

 

転職サイトの限界

転職サイトの限界

 

転職サイトは、求人情報へのアクセスや応募手続きの簡便さという点で優れています。
しかし、その一方で以下のような限界も存在します。

 

リンクの競争

 

転職サイト上では、同じ求人情報に多くの求職者がアクセスし応募するため、求人リンクの競争が激化しています。
多くの応募者の中から自分の情報が埋もれてしまう可能性があり、選考のチャンスを逃してしまうことがあります。

 

情報の信頼性

 

転職サイトに掲載される求人情報は、必ずしも正確かつ最新ではありません。
企業側が求人情報を更新していない場合や、募集が終了しているにもかかわらず掲載が続いている場合もあります。

 

求職者は情報の信頼性を確保するために、追加の確認や調査が必要となります。

 

 

企業の非公開求人

企業の非公開求人

 

さらに、転職サイトには掲載されていない非公開求人も存在します。
多くの企業が非公開求人を採用しており、それらの求人情報はネット上には出回っていません。

 

転職サイトだけに頼ると、非公開求人にアクセスする機会を逃してしまう可能性があります。
非公開求人にアクセスするためには、ネットワーキングや人脈の活用が重要となります。

 

転職エージェントの非公開求人とは?【割り合いもお教えします】

 

ネットワーキングの重要性

 

転職活動において、ネットワーキングや人脈の築き方は非常に重要です。
転職サイトだけに頼らず、他の求職者や業界の専門家との交流を通じて情報を得ることができます。

 

積極的に業界関連のイベントやセミナーに参加し、他の人とのつながりを築くことが重要です。
また、LinkedInなどのビジネス向けのSNSを活用して自己紹介や経歴を公開し、他の専門家や業界関係者と繋がることもおすすめです。

 

ネットワーキングを通じて非公開求人や業界の最新動向にアクセスすることができます。さらに、ネットワーク内のつながりを通じて紹介や推薦を受けることも可能です。

 

自分のスキルや経験を他人にアピールし、求人情報の裏側にアクセスすることができるでしょう。

 

自己PRの限界

 

転職サイトでは、自己PRや経歴をアピールすることができますが、ただそれだけでは他の求職者と差別化することは難しいです。
自己PRの文章や履歴書だけでは、求職者の本当の価値や個性を完全に伝えることはできません。

 

他の手段や方法を組み合わせることで、自己PRの効果を高めることが重要です。
例えば、ポートフォリオや実績の紹介、過去のプロジェクトや成果物のデモンストレーション、自分自身のブログやウェブサイトの運営など、多角的なアプローチが求められます。

 

これによって、自己PRだけでは伝えきれない魅力や能力をアピールすることができます。

 

 

結論

結論

 

転職サイトは転職活動において便利なツールであり、求人情報の収集や応募手続きにおいて役立ちます。
しかし、転職サイトを中心に転職活動を進めることには制約や限界が存在します。

 

リンクの競争や情報の信頼性、非公開求人へのアクセスなど、これらの制約や問題点に直面する可能性があります。
そのため、転職サイトだけに頼るのではなく、以下のようなアクションを取ることが重要です。

 

まず、ネットワーキングを活用しましょう。
業界関係者や専門家との交流を通じて情報を得るだけでなく、自分のスキルや経験を積極的にアピールする機会を作りましょう。

 

人脈を広げることで非公開求人へのアクセス機会も増えるでしょう。
また、転職サイトだけでなく、企業の公式ウェブサイトやキャリアページも積極的にチェックしましょう。

 

一部の企業は求人情報を転職サイトに掲載せず、自社のウェブサイトで募集を行っている場合があります。
直接企業にアプローチすることで、他の求職者よりも早く情報を入手することができます。

 

さらに、転職エージェントやヘッドハンターとの連携も検討してみましょう。
彼らは企業との密な関係を持っており、非公開求人の情報や選考の裏側に通じていることがあります。

 

転職エージェントのデメリットとメリットとは?【転職のプロが徹底解説】

 

自分の希望条件やキャリアの目標を共有し、彼らのネットワークを活用することで、より適切な求人情報を受け取ることができるでしょう。
最後に、自己成長やスキルの向上にも注力しましょう。

 

転職活動は単に新しい仕事を見つけるだけではなく、自己成長やキャリアの発展の機会でもあります。

 

新たなスキルや資格の取得、業界トレンドや最新技術の学習など、自分自身を成長させる努力を怠らないようにしましょう。
転職サイトは便利なツールではありますが、それだけに頼ることは成功への道ではありません。

 

多角的なアプローチを取りながら、複数の情報源を活用し、自分に最適な求人情報を見つける努力を続けることが重要です。
自身の魅力や能力を最大限にアピールし、理想のキャリアを築くために、転職サイトだけでなく他の手段も組み合わせて活用しましょう。

 

自己PRを充実させるために、他のプラットフォームやメディアを活用しましょう。
自分の専門知識や経験を発信するためにブログやSNSを活用することで、自己ブランディングを強化することができます。

 

その結果、企業や採用担当者が自分の存在に気づき、積極的にアプローチしてくる可能性が高まります。
さらに、業界団体や専門組織への参加も検討しましょう。業界のトッププレイヤーや専門家との交流の場を提供してくれることで、情報収集や人脈構築の機会が広がります。

 

また、セミナーやイベントへの参加も有益です。
そこでは、業界の最新トレンドやニーズについて学ぶことができ、新たなキャリアの可能性を見つけることもできます。

 

最後に、自己分析を徹底しましょう。
自分の強みや価値観を明確にすることで、求人情報を選別し、自分に合った企業やポジションを見つけることができます。

 

転職サイトにはない直感や感覚を磨き、自身のキャリアパスをより明確に描くことが重要です。
転職サイトは転職活動において便利なツールですが、その限界を認識し、多様な手段を組み合わせて活用することが成功への鍵となります。

 

ネットワーキング、自己PRの充実、業界団体への参加、自己分析の徹底など、これらの要素を組み合わせることで、より良い転職活動を進めることができるでしょう。
重要なのは、自分自身のキャリアの主導権を握り、多角的なアプローチを取りながら、自分にとって最適な選択をすることです。

 

転職サイトを有効活用しつつ、他の手段も活かして、理想的な職場環境やキャリアを手に入れるよう努力しましょう。
転職サイトだけに頼らず、他の手段を活用することで、以下のようなメリットが得られます。

 

  • より多様な求人情報へのアクセス: 転職サイトは数多くの求人情報を提供していますが、必ずしもすべての求人が掲載されているわけではありません。他の手段を活用することで、非公開求人や業界内での口コミ情報など、転職サイトにはない情報にアクセスできます。
  • 人間関係の構築: ネットワーキングや業界団体への参加など、他の手段を通じて人間関係を構築することで、求人情報だけでなく、より具体的な情報やアドバイスを得ることができます。他の専門家や業界の先輩からのフィードバックや指導を受けることで、自身の成長やキャリアの展望を広げることができます。
  • 自己アピールの幅が広がる: 転職サイトでは自己PRや経歴のアピールが主な手段ですが、他の手段を活用することで、自己アピールの幅を広げることができます。ブログやSNSを通じて自身の知見や成果を発信することで、より多くの人々に自身の価値を伝えることができます。
  • 個別のサポートを受けられる: 転職サイトでは多くの求職者が同じ情報を利用していますが、他の手段を活用することで、個別のサポートを受けることができます。転職エージェントやキャリアカウンセラーなどの専門家から個別のアドバイスやキャリアコンサルティングを受けることで、自身の強みやキャリアプランをより具体的に構築することができます。

 

総合的に考えると、転職サイトを中心としつつ、他の手段を組み合わせて転職活動を進めることが転職失敗しない近道です。
多様な情報源にアクセスし、自身のネットワークを広げながら、自己アピールを充実させ、適切な求人情報を見つけることが重要です。

 

さらに、以下のポイントにも注意を払いましょう。

  • 時間と労力の最適化: 転職サイトだけに頼ると、同じ求人情報や企業に対して複数の応募をする可能性があります。これは時間と労力の浪費になります。他の手段を活用することで、より絞り込んだ求人情報を受け取り、効果的な応募を行うことができます。
  • 情報の信頼性の確認: 転職サイトでは、情報の信頼性に疑問が生じることもあります。求人情報や企業の評判を確認する際には、他の手段を活用して情報の裏付けを取ることが重要です。業界の専門家や知人の意見を聞いたり、情報の信頼性を確認するために複数の情報源を参考にしましょう。
  • 自身の目標に合った方法の選択: 転職サイト以外の手段を活用する際には、自身のキャリア目標や転職活動のスタイルに合わせた方法を選択しましょう。ネットワーキングや転職エージェントとの連携、自己PRの強化など、自身の強みや志向に合ったアプローチを選ぶことが重要です。

結論として、転職サイトを転職活動の中心とするだけでは失敗する理由は、制約や問題点が存在し、情報の限定性や競争の激化、企業の非公開求人などが挙げられます。
成功するためには、転職サイトを補完する形で他の手段を活用し、多角的なアプローチを取ることが重要です。

 

ネットワーキング、情報の信頼性の確認、自己PRの充実、個別のサポートの受け取りなど、さまざまな要素を組み合わせて、自身のキャリア目標に向かって努力を続けましょう。

 

【常識外ですが真実!】転職サイトのデメリット・メリット【採用担当が徹底解説!】

【失敗せず】転職の進め方で転職サイトと転職エージェントを使おう!

 

 

転職エージェントの選び方

  • 転職エージェントは、総合型から使うのが良い
  • 転職の軸が決まっていれば、特化型も使ってOK

 

  • 「総合型」とは、幅広い業界・職種・年齢層の求人を取り扱っている転職エージェント。
  • 「特化型」とは、特定の業界・職種・年齢層に特化した求人を保有する転職エージェントです。

 

 

  • おすすめ転職エージェント比較表
転職エージェント リクルートエージェント doda パソナキャリア ビズリーチ GEEKLY(ギークリー) type転職エージェントIT ワークポート レバテックキャリア レバテックエキスパート マイナビ IT AGENT TechClipsエージェント ウィルオブ・テックキャリア クラウドリンク ギークスジョブ HiPro Tech ( 旧:i common tech ) ウズカレIT(旧ウズキャリIT) LHH転職エージェント(旧 Spring転職エージェント) JAC Recruitment ランスタッド ロバート・ウォルターズ エンワールド リクルートダイレクトスカウト MS-Japan type女性の転職エージェント LIBZ(旧 LiBzCAREER) マイナビジョブ20's マイナビエージェント type転職エージェント DYM就職 就職Shop 第二新卒エージェントneo UZUZ UZUZ理系 ハタラクティブ ジェイック就職カレッジ リバラボインターンシップ キャリアスタート リクナビNEXT Re就活 ミイダス 転職ドラフト
運営会社 リクルート パーソルキャリア パソナ ビズリーチ Geekly キャリアデザインセンター ワークポート レバテック レバテック マイナビ notari ウィルオブ・ワーク Cloud Link ギークス パーソルキャリア UZUZ Adecco Group JAC Recruitment ランスタッド ロバート・ウォルターズ エンワールド リクルート MS-Japan キャリアデザインセンター リブ マイナビ マイナビ キャリアデザインセンター DYM リクルート ネオキャリア UZUZ UZUZ レバレジーズ ジェイック スリーバックス キャリアスタート リクルート 学情 ミイダス リブセンス
公開求人数 389,480件 05/25更新 197,858件 05/25更新 49,000件 86,036件 15,000件 9,588件 59,000件 20,282件 非公開 15,000件 5,000件 常時数千件 3,000件 3,666件 500件 1,500件 36,900件 12,000件 6,000件 2,062件 1,000件 132,490件 7,505件 9,588件 2,000件 3,600件 54,000件 9,588件 非公開 非公開 非公開 1,500件 1,500件 60,000件 62,000件 非公開 1,000件 63,466件 10,860件 非公開 常時100社以上
非公開求人数 280,642件 05/25更新 非公開 100,000件 非公開 20,000件 19,249件 20,000件 非公開 5,000件 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 35,000件 15,000件 30,000件 非公開 非公開 非公開 非公開 19,249件 非公開 19,249件 非公開 19,249件 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開
対象年代 20代~50代 20代~50代 20代~50代 30代~50代 20代~30代 20代~40代 20代~30代 20代~30代 30代~40代 20代~30代 20代~50代 20代~40代 20代~40代 20代~30代 20代~50代 20代 30代~50代 30代~50代 30代~50代 20代~40代 30代~50代 30代~50代 30代~50代 20代~40代 20代~50代 20代 20代~30代 20代~40代 20代 20代 20代 20代 20代 20代 20代 20代~30代 20代 20代~50代 20代 20代~40代 20代~40代
対応エリア 全国 全国 全国 全国 首都圏 首都圏 全国 全国 全国 首都圏・関西圏 首都圏 全国 全国 関東・関西・中部・九州 全国 東京・大阪・愛知・福岡 全国・海外 全国 全国・海外 全国・海外 東京・大阪・名古屋中心 全国 全国・海外 首都圏 首都圏 首都圏 全国 首都圏 東京、大阪、名古屋、福岡、札幌、仙台、京都、広島 首都圏・関西圏 全国 東京・大阪・愛知・福岡 東京・大阪・愛知・福岡 全国 全国 関東圏 全国 全国 全国 全国 全国
強い転職分野 総合求人 総合求人 総合求人 ハイクラス求人 IT/WEB/ゲーム業界求人 IT/WEB/ゲーム業界求人 ITを中心とした総合求人 IT求人 IT系ハイクラス求人 IT求人 IT事業会社求人 ITエンジニア専門求人 社内SEなど自社内開発求人 ITフリーランス求人 ITフリーランス求人 未経験IT求人 外資・海外求人 外資・グローバル求人 外資系求人 英語力が活かせる求人 外資系求人に強い ハイクラス求人 管理部門・士業求人 IT/営業求人に強い 総合求人 20代専門求人 IT/WEB/ゲーム業界求人 総合求人 第二新卒・既卒・フリーター・ニート向け求人 学歴不問の正社員求人 既卒・フリーター向け求人 既卒向け求人 情報・電子電気・機械系などの理系求人 フリーターの方向け求人 ニートの方向け求人 中卒/高卒/フリーター向け求人 フリーター求人 総合求人 総合求人 総合求人 IT求人
特徴 年収アップ交渉がうまい 転職の悩みを解決 手厚い転職サポートで有名。女性にもおすすめ 年収600万円以上に支持されるハイクラス転職サイト 業界・職種別にコンサルタントが在籍している カウンセリングが丁寧 未経験からのIT転職に強い 年収600万円以上が5000件 年収をさらに上げたいハイクラスの方向け 内定率が高い 年収500万円以上なので、キャリアアップに有益 コンサルタントは2名体制なので、内定率が極めて高い。年収アップがデフォルト 自社内でじっくりスキルアップをしたい方向け 求人数が多いのでITフリーランスなら、まず最初に使いたい 中間マージンがないため、高年収が得られる可能性も You Tube動画での無料講座で未経験IT転職を支援 年収UP率59%、職種別コンサルタント 日系/外資転職とも強い。 年収1500万円以上の求人 英語力を活かして働きたい方向け 年収UP求人に強い 転職後の平均年収950万円 管理求人、決定率第一位 女性のアドバイザーが多いので安心 フレックス、リモート求人が多い マイナビならではのネットワークで、独自求人あり 未経験転職に強い 老舗だが知名度が低いため、穴場の転職エージェント 内定後もサポートが手厚い 書類選考なしで、面接に進める スタッフが第二新卒出身なので、気軽に相談できる 第二新卒・既卒・フリーターにはおすすめ 中退・既卒で理系出身者向けの転職エージェント スキルがなくても、転職活動が可能 スキルがなくても、転職活動が可能 寮が完備。地方からも参加でき、給与が発生 知名度が低いので、穴場と言える 転職活動を開始したら、最初に使ったほうが良い転職サイト 20代が選ぶ転職サイト第一位 企業が直接、求職者にアプローチする転職サイト 厳選された企業から指名を待つだけ

 

上記の中で、どこがいいか迷ったら大手の転職エージェントリクルートエージェントがおすすめです。

全職種・全年齢層に対応しており、求人数も圧倒的に多いからです。

 

無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

【転職エージェントおすすめ96選】どこがいい?採用担当が2024年6月徹底比較【求人数・選び方】
2024年6月版転職エージェントおすすめをニーズ別に「どこがいい?」か、知りたくないですか?本記事では、おすすめ転職エージェントについて、選び方も含めて初心者にもわかるように解説。採用担当のプロが厳選した、転職エージェント96社を徹底比較します。