転職サイトで求人が見つからない時どうする?【3つの検索条件見直し】

転職サイト
この記事は約5分で読めます。

転職サイトの重要な機能の一つである求人検索。貴重な情報源ですよね。求人を検索しても、希望するものが見つからない場合はどうすればいいでしょうか?

転職サイトで求人が見つからない時どうする?

 

求人数は景気の動向によって変動するものです。

一定数、常にあれば良いのですが希望する求人が転職サイトで検索しても見つからない時はどうすればよいのでしょうか?

 

転職サイトには検索条件があります。

それを見直すことでみつかる可能性も出てきます。

 

以下の3つの条件を見直すことで改善されるはずです。

 

  • 希望条件を見直してみる
  • 職種のみで検索してみる
  • エリア限定で検索してみる

 

一つずつ解説します。

 

 

希望条件を見直してみる

 

転職サイトには豊富な求人が掲載されています。

ですが「あなたが希望条件にあう求人数」はつねに変動しています。

 

 

希望条件そのままで求人検索しても多くの求人数が検索できる場合もあれば、希望条件で検索してもなかなか求人が見つからない場合もあります。

 

 

求人が見つからない場合、どうすればよいでしょうか?

まずは、希望条件を見直してみましょう。

 

【希望条件は厳しすぎないか?】の観点から再確認します。

 

例えば、

 

 

確認ポイント:希望勤務地は狭すぎないか?

対応例:東京都を一都三県に広げてみる

 

 

確認ポイント:希望年収は多すぎないか?

対応例:年収条件はとりあえず外す

 

 

確認ポイント:業界条件は狭すぎないか?

対応例:業界設定をとりあえず解除してみる

 

 

これだけの希望条件見直しだけでも、求人検索結果は変わってきます。

毎日行う転職サイトを使うメリットと賢い活用術とは?で書いたような転職サイトでの希望条件の見直しが簡単にできると良いですね。

 

【情報強者】転職サイトを使うメリットと賢い活用術とは?
転職活動を進める上で、転職サイトを活用することは欠かすことはできません。登録することでどのようなメリットがあるのでしょうか?

 

その日に求人が一件も登録した希望条件で見つからないときは、上記の三点を見直して、再検索してみてください。

希望条件の求人数によっては、どれかを検索条件として登録しておくのも、手間を省くことになります。

 

不要な求人が検索されてしまいますが、希望条件に近いものをブックマークしていけば良いので、さほど手間ではないです。

登録した検索条件での求人数が少ないようでしたら、見直してしまう方が良いですね。

 

type

 

 

職種のみで検索してみる

 

検索条件を最もゆるくした状態が職種のみでの検索です。

業界や勤務地を指定しないことで、求人検索の目的のほかにも、わかることがあります。

 

それは現時点でのあなたの職種の転職市場での状況です。

業界や勤務地がネックとなって、求人が検索できないのかもしれません。

 

職種のみで検索することでなじみのない業界の求人が出てくるでしょう。

そのために多くの転職サイトではキーワード指定ができるようになっています。

 

実際の仕事で使っているキーワードを指定することで、あなたがイメージする求人に近いものが見つかりやすいです。

ただあまりにも多くキーワード指定してしまうと業界指定していることと同じことなので、必要最小限にしましょう。

 

業界再編が今後進んでいくことは間違いありません。

あなたが今在籍している業界だって、いつなくなるかわかりません。

 

それに比べて職種の場合は一部の職種を除けば、ほかの業界で応用が利くはずです。

例えばITエンジニアは自動車業界の中心的な役割になっていくでしょう。

 

つまり今まで経験した職種はとても貴重だということです。

それに比べて業界にこだわる必要はありません。

 

あなたの経験が活かせる業界はほかにもあるかもしれません。

そのためにも一度は職種だけで求人検索してみてください。

 

いままで見えなかったことがわかるかもしれませんよ。

 

転職活動で役に立つおすすめの転職サイト7選
転職サイトって、数が多くて迷ってしまいますよね。本記事では転職活動で役立つおすすめの転職サイトをご紹介しますね。

 

 

エリア限定で検索してみる

 

未経験歓迎の求人へ応募する場合は、勤務地は自宅から近い方が良いですよね。

転職の方向性が決まっていれば、もちろん、検索条件に職種、業界を入れることをおすすめします。

 

ですが、未経験歓迎の求人に応募したいという「ふわっと」しか決まっていない場合は、どんな求人があるのかを一度はチェックしましょう。

 

求人がないのに、そこにターゲットを決めてしまうと応募で苦戦してしまいます。

 

そのためには、あなたの自宅近郊での求人をくまなくチェックするのが、一番です。

最初はざっと、求人全体を目を通してください。

 

チェックしているときに気になる求人はどんどんリストアップしましょう。

ほかの転職サイトも見る場合があるでしょうから、メモ帳に求人の主な部分をコピペする方が良いでしょう。

 

メモ帳には気になる求人のリスト一覧がこれでできました。

次はこのメモ帳の求人をもう一度、今度は仕事内容を中心に確認します。

 

チェックしながら、応募したいと思えない求人は削除しても良いでしょう。

残った求人については、年収や福利厚生も確認し、出来るだけ早く応募するようにします。

 

応募求人の進捗管理はどうすればいいの?に書いたように求人の状況はきちんと管理しましょう。

 

応募求人の進捗管理はどうすればいいの?
転職エージェントにしろ、転職サイトやハローワークにしろ、求人に応募したら、進捗管理が重要になってきます。今回は求人や面接の進捗管理について書きます。

 


Re就活
転職活動で役に立つおすすめの転職サイト7選
転職サイトって、数が多くて迷ってしまいますよね。本記事では転職活動で役立つおすすめの転職サイトをご紹介しますね。

 

ビズリーチはヘッドハンティング型転職サイトです。掲載されている求人は企業や中堅転職エージェント保有の求人が多いですね。さらに掲載されていない非公開求人についてはヘッドハンターからのオファーという形で出会える可能性が大きく広がります。1000万円以上の非公開求人が殆どですので、いわゆる転職サイトとは一線を画します。オファーを待つだけでも価値があるでしょう。

Re就活は20代向けの求人が多い転職サイトです。登録者数も20代が多いので、まだご存知でない方は一度サイトを見てみることをおすすめします。思わぬ求人に出会えるかもしれませんよ。

スマホから気軽に使える転職サイトです。特徴は書類選考が通過している求人のみオファーが来ることです。それもかなりの頻度ですので、転職エージェントと転職サイトを補完するメディアとして上手く利用できます。転職活動のスキマ時間に使う程度で構わないと思います。

アクセス数No.1の転職サイトです。残業時間で検索したり、月給順にソートしたりする便利な機能があります。これは業界初のサービスです。その他にもユーザーにとってうれしい検索機能があります。この転職サイトは使って損をすることはないので、ぜひ使ってみてくださいね。

リクナビネクストは転職活動中のほぼ全員が使っているリクルートキャリアが運営する転職サイトです。登録はとても簡単ですし、求人検索などの基本的な機能もとても使いやすいので初心者向けとも言えます。転職をすると決めたら、まずはここから使いましょう。

CAREER CARVER

キャリアカーバーはリクルートキャリアが運営するハイクラス向けの転職サイトです。転職後の平均年収の実績は942万円です。リクルートだから実現できる高年収とも言えます。実に多くの転職エージェントと提携しているため、ヘッドハンターの数も半端ないです。求人の質はとても高いものなので、そんなにオファーはないので転職を急がない方や良いところがあったら転職を考えようというスタンスの方には最適だと思います。

この転職サイトはきちんと20代向けと断っているところが良心的です。年齢で応募しても無駄だったということが転職サイトの求人には多いからです。20代の方であれば気軽に使える転職サイトとなっています。レコメンドされる求人の中から興味あるものを答えていくことで、AIがあなたの転職に関する価値観を分析していきます。使い込むうちにだんだんと興味のある求人が増えていくでしょう。気軽に使ってみてください。

東京しごとセンターは東京都が運営する公的な就職支援のための施設です。ここではヤング、ミドル、シニア層それぞれに対して就職支援を行っています。若者正社員チャレンジ事業はヤング層に対しての就職支援で29歳までが対象とし、ニートやフリーターなど就業経験のない方向けの正社員就職を目的とするものです。今まで1500名以上の就職実績があります。通常の就職と違って、実際に企業で働きながらあなたに向くところかどうかを実感することができます。実習の間はアルバイトが出来ず大変だという方には最大10万円の奨励金を用意しているとのことです。今まで就業経験がない方で20代の方はぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

 

トップへ戻る