【キャリアの棚卸し】あなたの強みはどうすればわかる?


「あなたの強みはなんでしょうか?」と面接で聞かれたとき、あなたはどうやって答えますか?これは面接対策以前に把握しておくべきことです。強みをリストアップする方法は。。。

キャリアの棚卸しを徹底的に!

JAC Recruitmentオリジナルのキャリアの棚卸しシート

転職活動の始まりは【キャリアの棚卸し】です。

キャリアの棚卸し】をきちんと行うことによって、あなたの強みがわかります。

上図の『JAC Recruitmentオリジナルのキャリアの棚卸しシート』を使うとします。

④、⑤であなたの職務経歴の自己評価をするようになっています。

自己評価が高い部分は、その理由も⑤で書く必要があります。

そのため、このフォーマットは理想に近いものです。

強みが客観的にリストアップできてしまうことになります。

ここまでを徹底的にまずは行ってください。

あなたの強みはそれ以外にもありますから。

 

キャリアの強みとは?

実はキャリアの強みには三種類あります。

 ヒューマンスキル:コミュニケーションやストレス耐性など対人スキル

 テクニカルスキル:職種や仕事内容によるスキルや知識

 コンセプチュアルスキル:仕事の進め方や問題発生時の解決のしかた

【キャリアの棚卸し】で発見できた強みは、職務経歴からリストアップしたものです。

ヒューマンスキルやテクニカルスキルについては、職務経歴からもわかる部分です。

当然、【キャリアの棚卸し】をきちんと行っていれば、この二つのスキルについては気づいていると言えます。

特にテクニカルスキルは職務経歴書の中心となる部分です。

あなたが何ができるかを具体的に記述することで、応募先の企業にアピールするものです。

【コアスキル】や【ポータブルスキル】とも呼ばれており、例えどこの会社に行こうとも通用するスキルのことです。

この項目は職務経歴書の最初の方に書くことが多いでしょう。

そのためテクニカルスキルについては、誰もが力を入れて書きます。

ライバルに差をつけるためには、あなたの強みについて、徹底的に深掘りする必要があります。

 

コンセプチュアルスキルはエピソードを思い出そう!

【コンセプチュアルスキル】は問題解決能力のことで、採用する側からすると、最も重視するポイントです。

コンセプチュアルスキルについての気づきがないために、中々内定が出ない方も多いはずです。

前職で私が面接を行っていたときは、コンセプチュアルスキルに関連する質問を必ずしていました。

 一番苦労した仕事はなんでしょうか?

 失敗した時、どうやって対応しましたか?

 あなたが提案をしても、受け入れられなかった場合は、どうしますか?もしくは、どうしましたか?

 仕事の進め方で上司にほめられたことは何ですか?

 部署間で意見集約を行ったことはありますか?

これらは全て問題解決能力の一部です。

この回答の仕方でその人の問題解決能力はわかります。

仕事をしていると、問題が発生するのは日常茶飯事です。

発生した問題に対して、どのように対処してきたか?を面接官は知りたいのです。

あとは提案能力です。

問題が発生した時、場当たり的にいつも対応しているのか?それとも、問題が発生しない解決策を提案して、実践してきたのか?

これはとても重要なことなんです。

職務経歴書には、テクニカルスキルやヒューマンスキルのことは書いてあっても、この【コンセプチュアルスキル】についての意識は薄い方が多いです。

それはつまり、【コンセプチュアルスキル】を説明できるかで差がついていることになりますね。

問題解決能力を深掘りするためには、自問自答するのが一番です。

具体的な仕事上の問題をどう解決したかを思い出していくのです。

エクセルでもメモ帳でもいいですから、今まで発生した問題と解決するまでの経緯を書き出してください。

その時、結果としてあなたが解決していないものは、強みには入れないことです。

同僚や上司がサポートをして解決したということでしょうから、それはどちらかというと、弱みになりますね。

弱みを気づくことも大切ですので、強みとはきちんとわけておきましょう。

そして、思い出すたびに【強みリスト】に追加して行くのです。

当然、職務経歴書に書いた方が良いエピソードがあれば、追加修正します。

これを徹底することで、あなたの強みは完璧に近いものとなります。


転職エージェントでは第3位のJAC Recruitment。

登録者は35歳以上が65%を占め、エグゼクティブ、管理職、外資系の求人が多いです。

年収800万円以上の求人を多数保有しており、現年収が600万円以上の方におススメです。

あなたの強みは、キャリア相談を通して発見することが多いです。

アドバイザーはあなたの強みを知るために、エピソードなどを始め、色々な質問をしているからです。

その結果として、キャリアの棚卸しの完成度も上がり、職務経歴書も良いものができます。

【JAC Recruitment】への登録はこちら


トップへ戻る

本日のランキングクリックありがとうございました(^^)/

ニュースレターを購読する

新規記事を誰よりも早くお届けします!



コメントを残す