【キャリアの棚卸し】あなたの強みはどうすればわかる?

履歴書・職務経歴書
この記事は約5分で読めます。
Sponsored Links

「あなたの強みはなんでしょうか?」と面接で聞かれたとき、あなたはどうやって答えますか?これは面接対策以前に把握しておくべきことです。強みをリストアップする方法は。。。

Sponsored Links

キャリアの棚卸しを徹底的に!

JAC Recruitmentオリジナルのキャリアの棚卸しシート

 

 

転職活動の始まりはキャリアの棚卸しです。

キャリアの棚卸しが転職活動で最重要な訳とは?で書いたようにこの作業はとても重要なものです。

 

 

キャリアの棚卸しをきちんと行うことによって、あなたの強みがわかります。

上図の『JAC Recruitmentオリジナルのキャリアの棚卸しシート』を使うとします。

 

④、⑤であなたの職務経歴の自己評価をするようになっています。

自己評価が高い部分は、その理由も⑤で書く必要があります。

 

そのため、このフォーマットは理想に近いものです。

強みが客観的にリストアップできてしまうことになります。

 

ここまでを徹底的にまずは行ってください。

あなたの強みはそれ以外にもありますから。

 

 

キャリアの強みとは?

 

 

実はキャリアの強みには三種類あります。

 

✅ ヒューマンスキル:コミュニケーションやストレス耐性など対人スキル

✅ テクニカルスキル:職種や仕事内容によるスキルや知識

✅ コンセプチュアルスキル:仕事の進め方や問題発生時の解決のしかた

 

キャリアの棚卸しで発見できた強みは、職務経歴からリストアップしたものです。

ヒューマンスキルやテクニカルスキルについては、職務経歴からもわかる部分です。

 

 

当然キャリアの棚卸しをきちんと行っていれば、この二つのスキルについては自分でも理解できていると言えます。

特に誰でもできる職務経歴書の作成方法!で書いたようにテクニカルスキルが応募書類を書く際には中心となってきます。

 

あなたが何ができるかを具体的に記述することで、応募先の企業にアピールするものです。

コアスキルポータブルスキルとも呼ばれており、例えどこの会社に行こうとも通用するスキルのことです。

 

この項目は職務経歴書の最初の方に書くことが多いでしょう。

 

 

そのためテクニカルスキルについては誰もが力を入れて書くのです。

ライバルに差をつけるためには、ほかのことを徹底的に深掘りする必要があります。

 

 

 

コンセプチュアルスキルこそが一番のカギ

 

 

コンセプチュアルスキル問題解決能力のことで、採用する側からすると最も重視するポイントです。

コンセプチュアルスキルについての気づきがないために、中々内定が出ない方も多いはずです。

 

 

前職で私が面接を行っていたときは、コンセプチュアルスキルに関連する質問を必ずしていました。

 

✅ 一番苦労した仕事はなんでしょうか?

✅ 失敗した時、どうやって対応しましたか?

✅ あなたが提案をしても、受け入れられなかった場合は、どうしますか?もしくは、どうしましたか?

✅ 仕事の進め方で上司にほめられたことは何ですか?

✅ 部署間で意見集約を行ったことはありますか?

 

 

これらは全て問題解決能力の一部です。

この回答の仕方でその人の問題解決能力はわかります。

 

仕事をしていると、問題が発生するのは日常茶飯事です。

発生した問題に対して、どのように対処してきたか?を面接官は知りたいのです。

 

 

あとは提案能力です。

問題が発生した時、場当たり的にいつも対応しているのか?

 

それとも、問題が発生しない解決策を提案して、実践してきたのか?

これはとても重要なことなんです。

 

職務経歴書には、テクニカルスキルやヒューマンスキルのことは書いてあっても、この【コンセプチュアルスキル】についての意識は薄い方が多いです。

 

 

それはつまり、【コンセプチュアルスキル】を説明できるかで差がついていることになりますね。

問題解決能力を深掘りするためには、自問自答するのが一番です。

 

 

具体的な仕事上の問題をどう解決したかを思い出していくのです。

エクセルでもメモ帳でもいいですから、今まで発生した問題と解決するまでの経緯を書き出してください。

 

その時、結果としてあなたが解決していないものは、強みには入れないことです。

同僚や上司がサポートをして解決したということでしょうから、それはどちらかというと、弱みになりますね。

 

弱みを気づくことも大切ですので、強みとはきちんとわけておきましょう。

そして、思い出すたびに【強みリスト】に追加して行くのです。

当然、職務経歴書に書いた方が良いエピソードがあれば、追加修正します。

 

これを徹底することで、あなたの強みは完璧に近いものとなります。

 

 

JAC Recruitment

 

【リクルートエージェント】

 

【転職失敗しない】総合型転職エージェント8選【おすすめ】
本ブログでは転職活動では転職エージェントを使うことを強く、推奨しています。どこに登録したら良いかわからないというお問い合わせを良く頂きますので、転職活動で役に立つおすすめの転職エージェントをご紹介いたします。

 

トップへ戻る

業界最大手の転職エージェントです。非公開求人だけでも20万件以上保有するのはここだけです。専門コンサルタントがあなたの転職を全力でバックアップします。転職初心者にも使いやすいエージェントですので、キャリア相談や求人を紹介してもらうのに有効活用してください。私自身も最初の転職のときに使った最初の転職エージェントです。コンサルタントの方がとても親切で助かったのを今でも覚えています。これについては相性がありますので、担当者が自分に合わない場合はすぐに変更可能です。ウェブサイトから手続き出来ますので、気を使う必要もありませんしね。

dodaは転職エージェントと転職サイトからの応募が一括管理できるのでとても便利です。エージェント紹介求人画面と転職サイト求人とは分かれていますので、迷うことはありません。私もリクルートエージェントとdodaは転職活動開始後、自己分析が終わったらすぐに利用しました。転職サイトからのスカウトや転職エージェントからの求人紹介がメールでかなりの数ありますので、見逃さないような工夫は必要です。求人は生き物ですから。

ビズリーチはヘッドハンティング型転職サイトです。掲載されている求人は企業や中堅転職エージェント保有の求人が多いですね。さらに掲載されていない非公開求人についてはヘッドハンターからのオファーという形で出会える可能性が大きく広がります。1000万円以上の非公開求人が殆どですので、いわゆる転職サイトとは一線を画します。オファーを待つだけでも価値があるでしょう。

CAREER CARVER

キャリアカーバーはリクルートが運営するハイクラス向けの転職サイトです。転職後の平均年収の実績は942万円です。リクルートだから実現できる高年収とも言えます。実に多くの転職エージェントと提携しているため、ヘッドハンターの数も半端ないです。求人の質はとても高いものなので、そんなにオファーはないので転職を急がない方や良いところがあったら転職を考えようというスタンスの方には最適だと思います。

リクナビネクストは転職活動中のほぼ全員が使っているリクルートが運営する転職サイトです。登録はとても簡単ですし、求人検索などの基本的な機能もとても使いやすいので初心者向けとも言えます。転職をすると決めたら、まずはここから使いましょう。

この転職サイトはきちんと20代向けと断っているところが良心的です。年齢で応募しても無駄だったということが転職サイトの求人には多いからです。20代の方であれば気軽に使える転職サイトとなっています。レコメンドされる求人の中から興味あるものを答えていくことで、AIがあなたの転職に関する価値観を分析していきます。使い込むうちにだんだんと興味のある求人が増えていくでしょう。気軽に使ってみてください。

Re就活は20代向けの求人が多い転職サイトです。登録者数も20代が多いので、まだご存知でない方は一度サイトを見てみることをおすすめします。思わぬ求人に出会えるかもしれませんよ。

口コミサイトでは最も有名です。会社の評判、年収などの口コミ情報を見るのには最適です。求人への応募の際には口コミチェックは欠かせません。転職会議を確認すればまずは評判については大丈夫です。

Sponsored Links