キャリアの棚卸しにはどんな効果があるのか?


転職活動でも肝となるのが、職務経歴書の作成です。いきなり書き出すのではなく、キャリアの棚卸しをして、求人にあった書類を作成することが重要です。キャリアの棚卸しを行うことには、多くの効果があります。手間がかかりますが、その分のリターンはあるのです。

キャリアの棚卸しとは?

JAC Recruitmentオリジナルのキャリアの棚卸しシート

転職活動は、【キャリアの棚卸し】から始まると言っても良いでしょう。

キャリアの棚卸しとは、あなたの今までの主に職務経歴をリストアップし、整理することです。

もちろん中心となるのは、あなたの職務経歴です。

例えば、こんな感じでリストアップします。

職種によって、違いますので項目は見直しましょう。

項目 内容
いつ 西暦で統一して、時系列でまとめる
どこで 会社名、部署名
仕事 職務内容を詳しく書く
ポジション どんな立場で
どのように 仕事上の工夫
実績 できるだけ定量的に書く

他人に見せるものではありませんので、あなたがわかれば良いのです。

求人に応募する際に、キャリアの棚卸しを完了させることは必須です。

 

転職理由が明確になる

転職を決意する前に、転職理由が明確になっている必要があります。

それはなぜでしょうか?

転職して何をしたいか?ということが明確になっていないと転職理由は言えないし、書けないからです。

 退職理由と混同してはいけない

 退職理由から転職理由に置き換える

 転職しなければいけない理由を明確にする

 上司が気に入らない、給料が安いとかは転職理由ではない

 キャリアパスを軸に構築するのが王道

【キャリアの棚卸し】を行うことにより、あなたの得意なこと、不得意なことが見える化されます。

それを冷静に眺めることで、あなたが進むべき道が見えてくるのです。

つまり、【キャリアの棚卸し】を行うことで、転職理由も明確になるのです。

転職理由は転職活動で最も重要な項目です。

これが決まらないと、業種、職種などの転職の方向性が定まりません。

 

転職の方向性が定まる

転職理由が明確になると、それと同時に転職の方向性も決まってきます。

これもキャリアの棚卸しの大きな効果です。

転職の方向性が決まるということは、目指すべき業界、職種が明確になるということです。

求人に応募する際には、この方向性が定まっていないと、色々な職種、業種に応募したりして、一貫性がなくなります。

面接で【今までどんな求人に応募したか?】を質問されることが多いと思います。

その理由の一つとしては、応募者の転職の方向性が一貫しているかを確認しているのです。

勤務地や待遇で検索をして、応募していると、すぐに行き詰まります。

転職の軸が定まっていないからです。

何を目指しているのか定まっていないからです。

給料を上げるためにだけ、転職するのは、ナンセンスです。

それならば、転職をせずに、出世するように努力した方が効率的です。

転職の方向性は転職理由と同じで、キャリアについてのものです。

もちろん、雇用形態、希望年収、希望勤務地も転職の方向性に入ります。

ですが、それは優先すべき項目ではありません

あくまでも、仕事優先で構築してください。

キャリアの棚卸しから、転職の方向性を構築すれば、このような希望条件が入る余地がありません。

その意味でも、とても効率的なのです。

 

良質の職務経歴書が書ける

職務経歴書の作成方法 でも書きましたが、キャリアの棚卸しが終わると、それを元に作成すればよいので、時間も短く、かつ、良いものができます。

転職の方向性で、あなたが2つの職種を狙うのであれば、職務経歴書は2種類用意する必要があります。

求人ごとに職務経歴書を作成する必要はありますが、効率的に進めるためには、業界、職種によって、使い分けましょう。

 同業種同職種用

 異業種同職種用

 同業種異職種用

 異業種異職種用

大きく分けると、4種類が必要なんです。

さらに異業種といっても、どの業界を目指すのかはっきりしていないと、書類はいくつ作成しても足りませんし、非効率ですよね。

転職理由、転職の方向性が重要である理由はここで顕在化するんです。

これらが明確であればあるほど、用意する職務経歴書は少なくて済みます。

転職理由を明確にしたら、その方向性に向けて、集中して、求人を探すべきです。

そのための応募書類だけを質の高いものを用意すべきです。

 

キャリアビジョンが描くための材料とする

転職理由や転職の方向性はもちろん重要です。

ですが、もっと重要なものがあります。

あなたがこれからどう生きていきたいか?

それをキャリアビジョンと呼びます。

 3年後にどうなっていたいか?

 5年後にどうなっていたいか?

 10年後にどうなっていたいか?

 定年退職後のライフプラン

 あなたが大切にするものは?

仕事だけが全てではありません。

日本もやっと、働き方改革が始まり、残業時間も短くなってきています。

AIに仕事を任せる将来も近いでしょう。

そうすると、今の仕事というのは、形が変わる可能性が大きいのです。

生活があっての仕事であり、逆は成り立ちません。

仕事優先の時代は過去のことです。

今後はあなたがプライベートも含めて、どうなっていきたいかのキャリアビジョンを描かないといけません。

キャリアはいうまでもなく、仕事だけではありません。

生活全てを含んでいるのです。

これを描くには、キャリアの棚卸しができていることが最低限必要です。

転職できれば良いという訳ではありません。

その先を見据えて頑張らなければいけない時代になりました。

ライフプランを考えて、キャリアビジョンを構築しましょう。


オリジナルの【キャリアの棚卸し】シートに定評があります。

登録、面談すると、【キャリアの棚卸し】シートを添削してもらえます。

 【JAC Recruitment】への登録はこちら


 【パソナキャリア】への登録はこちら

 絶対に登録しておきたい転職エージェント7選!はこちら

トップへ戻る

転職に関するお悩みはお気軽にお問い合わせください。








本日のランキングクリックありがとうございました(^^)/

ニュースレターを購読する

新規記事を誰よりも早くお届けします!