【採用担当が徹底解説!】会社を辞める前にやるべきことは、たった1つ!

【採用担当が徹底解説!】会社を辞める前にやるべきことは、たった1つ!転職理由
この記事は約5分で読めます。

会社を辞める前にするべきことは、実はたった1つです。それが出来ているかどうかで転職失敗しないかどうかが決まります。

会社を辞める前に退職理由が明確でも、転職失敗する

退職したいと思うときは結構多い?

 

会社を辞めたいと思うときって、ありますよね?

ほとんどが会社に対する不満だと思います。

✅仕事が忙しくて、休みがとれない

✅上司との関係が最悪

✅給料が安すぎる

✅仕事が単調で成長できない

✅異動願いが受け入れられない

  • 上記の通り。

退職理由はほとんどがネガティブなものです。

>>転職理由と退職理由はどう違うのか?【知らないと恥をかく】

 

転職理由が明確になっていないのに、会社を辞めると必ず転職失敗します。

転職活動が長引く原因ともなりますので、辞めたいから会社を辞めるのだけは我慢してください。

 

失業して離職中になると、経済的に厳しいので転職活動は不利となります。

必ず在職しながら、転職先を決めてください。

 

 

キャリアアップの目的で会社を辞める人は増えている

doda作成資料より

 

転職理由は年々変化しています。

>>【ベスト10】転職理由ランキング考察【過半数が転職失敗する?】

 

有効求人倍率が1.0を超えている現在、倒産・リストラや会社や業界の将来が不安であるというような本来の転職理由ではないものは、減ってきています。

給与に対する不満は微増で、マクロでみると給与が上がっているわけではないことがわかります。

 

【ほかにやりたい仕事がある】は最近のびています。

つまりキャリア志向での転職ですね。

 

これは転職のあるべき姿です。

転職というのは、今勤めている会社では実現できないからするんです。

 

もちろん、リストラや会社が倒産したりと、自発的な理由でないことで転職する場合もあります。

そういう場合は理由が明確ですので、転職活動をするしかないわけです。

 

会社都合でない場合は、自己都合退社になります。

キャリア志向で退職しないと、転職の軸が決まらず、行き詰まります。

 

転職理由が明確になった段階で、転職を考えるようにしましょう。

>>【たった1つ】転職を決意する前にやるべきこと【後で後悔しない】

 

情報収集は常に行っていても良いというか、そうすべきです。

転職の準備は常にしているべきで、転職活動は転職理由が明確になってからすべきです。

 

 

会社をやめるなら、転職理由を明確にしてから

転職理由を明確にしてから行動

 

退職理由はネガティブなものです。

会社を辞めたい理由なのですから。

 

辞めてからどうする?という重要な部分が欠落しています。

このまま転職活動を行うと、給料や勤務地、残業時間などの福利厚生ばかりを気にするので、転職失敗します。

 

転職理由を明確にすることは、単なる面接対策ではありません。

転職活動がうまくいくかどうかは、転職理由次第。

 

✅まずは退職理由をリストアップします

✅職場環境を変えなくても、解決できることは、除きます

✅残ったものが転職理由になりうるものです

✅ネガティブなものをポジティブに置き換えます

✅この手順を踏むと、転職理由らしきものが出来ます。

>>【採用担当が徹底解説!】転職理由を明確にする3つの方法を【簡単に】マニュアル化!

 

転職理由はあなただけのものです。

>>【採用担当が徹底解説!】転職理由をなぜなぜ分析で深掘りしよう!

 

転職理由を深掘りしていく必要があります。

転職理由が完成したら、何の不安もなくなります。

 

転職活動を始めるのは、転職理由が明確になってからにすべきです。

在職中であれば、転職活動の時間をとるのは限られています。

 

私は転職エージェントをフルに使いました。

転職に関するアドバイスや退職のアドバイスなどをもらい、助かりました。

 

求人が同じだとしても、エージェント経由での応募は直接応募より内定率が高いです。

企業が払うコストが転職サイトよりも、転職エージェントの方が高いから、なかなか採用されないということを聞くことがあります。

 

トータルの採用コストでいえば、違いは殆どありません。

むしろ、転職エージェントの方が採用コストは安いです。

 

企業は良い人材を紹介してもらうコストも転職エージェントに委託しているのです。

>>それでも直接応募を選択しますか?【エージェントは採用の外注化】

 

会社だけで良い人材を採ろうと思ったら、大変な人件費がかかります。

人件費を考えたら、優秀な転職エージェントに依頼する方が会社は得です。

 

私は採用担当をしていますから、直接応募の書類選考の大変さがわかります。

直接応募で来る応募書類には、良いもの悪いもののばらつきが大きいので読むのが大変です。

 

そこを考慮すれば、転職エージェントを利用する方が安上がりなんです。

転職エージェントが推薦する段階で、書類選考を行っているので、応募者のレベルが高いわけです。

 

転職活動は転職エージェント推薦で求人応募したほうが効率的です。

>>簡単な転職の7つの進め方を完全公開【これを守らないと失敗する】

 

 

>>【採用担当ニーズ別厳選】転職エージェントおすすめ119選!【デメリット・メリット解説】

>>【採用担当が徹底解説!】転職エージェントのデメリット・メリット

>>【無料あり】エンジニア歴15年の筆者がおすすめするプログラミングスクール5選