転職理由を深掘りしないとどうなるか?

転職理由
この記事は約5分で読めます。
Sponsored Links

転職活動をする上での出発点は転職理由です。転職理由が腹落ちしていない状態で転職活動に入ると、どうなることが想定されるでしょうか?

Sponsored Links

転職の方向性が定まらない

まず考えられることは転職理由が定まらないことで、自分を見失うことです。

自分を理解することがとても重要なのが転職活動です。

自己理解が十分にできていないとどうなるか?

 

転職で重要なことは転職を成功させるための3つのポイントとは何か?に書いてありますが、例えば「給料改善の目的で転職したい」のか、「キャリアアップするための転職」なのかの転職理由・目的が不明確になります。

 

当然、モティベーションが維持できませんよね。

惰性(だせい)で転職活動を続けてしまいます。

3ヶ月が経過しても、転職先が決まらないことが大いにあり得ます。

 

更に色々な職種に応募してしまいます。

転職理由が内定をもらうことに変わってしまいます。

このような方法で転職活動を続けていると、6ヶ月を経過しても納得できる転職先は決まりません。

転職のゴールが見えずに苦しんでしまいます。

転職の方向性が定まらず、転職先が決まりません。

 

転職の目的がわからなくなる

転職理由の深掘りが出来ていないということは、何のための転職かが腹落ちしていないということです。

あなたが納得をしていない転職活動には、当然どこかで無理が出てきます。

転職の方向性が定まらないというのも当然あります。

転職の目的が不明確だと、何のための転職なのかわからなくなってきます。

 

転職のきっかけは色々ありますよね。

ほかの会社での今までの職種経験を積んで、よりレベルアップをしたいと願う転職。

給料アップを願い、キャリアアップすることで、それを実現するための転職。

などです。

これは転職のきっかけ、つまり、退職理由です。

 

転職理由にしっかりと落とし込まないとダメだと今までも書いてきました。

転職目的がはっきりしていないと、ゴールがわかりにくくなります。

現職に対する不満のままで、転職活動に入っているのと同じことになりますよね。

退職理由が明確になっている状態です。

 

辞めてどうする?の転職理由が不明確なまま。

前項で書いたことと、本質的には同じ事です。

それではどのような方針で、どのような求人に応募していくかが決められません。

求人検索して、行き当たりばったりで応募しても、うまくいくはずはありません。

 

求人応募に際してのガイドラインもきちんとメモに残しておくと迷うことはなくなります。

✅ 希望職種は?

✅ 希望業界は?

✅ 雇用形態は?

✅ 希望年収は?

✅ 社会保険完備?

✅ 勤務地は?

✅ 転勤の有無?

などの項目を可視化しておくのです。

 

それにより転職の方向性は定まります。

ですがそれを決めた根拠が必要ですよね。

それが転職理由なんです。

そうじゃないと、何となく上記の希望条件を決めてしまうことになります。

 

転職の方向性は決まっているが、転職理由は決まっていない。

そういう場合が結構多いです。

日常の応募では特に困りませんから。

書類選考を通過して、面接の段階になるとそうはいきません。

転職理由は必ず質問されるからです。

 

転職してから希望と違うと気づく

転職理由を深掘りしないと、転職の方向性は不明確なままです。

あくまで決まったような感じのものになっているだけです。

なぜ、この職種に応募するのか?を理解せずに転職の方向性だけ決めてはまずいですよね。

 

転職の方向性の内容も非常に薄いものとなります。

希望と外れてても、応募することを繰り返せば、何のための希望条件かわからなくなります。

結果として、望まない転職をしてしまうことが非常に多くなります。

 

例えば、給料が下がってしまう。

例えば、未経験で慣れない職種へ転職したが、業務が面白くない。

例えば、勤務地が希望と違うところに配属された。

などです。

 

これらは、事前に調査しておけば、避けられたものばかりです。

転職理由を明確にすることは、ただの面接対策ではありません。

あなたが今後、どうしていきたいかのビジョンをはっきりさせること。

それが目的です。

 

転職はあくまでも自己実現のための手段です。

本当の目的は転職理由にあるのです。

それが実現できないような会社に転職したとしても、またうまくいかなくなります。

転職の際に【あなたの実現したい何か】が明確になっていないため、このようなことになるのです。

 

どの会社に転職しても、上司とうまくいかずに転職を繰り返すお知り合いはいませんか?

その方はやはり転職理由を深掘りできていないのだと思います。

 

会社に対する不満は退職理由にしかなりません。

✅ 退職理由を深掘りすれば、転職理由が構築できるのです。

✅ 転職理由で自己理解ができます。

 

この作業をきちんと行ってはじめてどうやって自己実現をするかがわかってきます。

転職理由を深掘りできなければ、自己理解ができません。

あなたのキャリアプラン、ビジョンも描けません。

このような状態では、転職できたとしても転職先での成功は望めないでしょう。

 

なぜならば何をしたくて転職をするのかが明確でないからです。

転職理由の重要性はこのような深い事情によるものです。

転職活動を始めるには転職理由が明確になっていなければなりません。

そうでない場合は転職理由を自問自答してください。

場合によっては転職する必要がないかもしれないのですから。

 

転職理由と退職理由はどう違うのか?の記事はこちら


【リクルートエージェント】

絶対に登録しておきたい転職エージェント8選!

トップへ戻る

業界最大手の転職エージェントです。非公開求人だけでも20万件以上保有するのはここだけです。専門コンサルタントがあなたの転職を全力でバックアップします。転職初心者にも使いやすいエージェントですので、キャリア相談や求人を紹介してもらうのに有効活用してください。私自身も最初の転職のときに使った最初の転職エージェントです。コンサルタントの方がとても親切で助かったのを今でも覚えています。これについては相性がありますので、担当者が自分に合わない場合はすぐに変更可能です。ウェブサイトから手続き出来ますので、気を使う必要もありませんしね。

dodaは転職エージェントと転職サイトからの応募が一括管理できるのでとても便利です。エージェント紹介求人画面と転職サイト求人とは分かれていますので、迷うことはありません。私もリクルートエージェントとdodaは転職活動開始後、自己分析が終わったらすぐに利用しました。転職サイトからのスカウトや転職エージェントからの求人紹介がメールでかなりの数ありますので、見逃さないような工夫は必要です。求人は生き物ですから。

転職エージェントは通常求人獲得する営業担当と求職者のサポートを行うキャリアアドバイザーとで分業制をとっています。ここの転職エージェントは一人のコンサルタントが営業から求職者への転職支援を行う一気通貫体制をとりますので、アドバイザーが求人情報についてとても詳しいメリットがあります。あなたの転職支援を一人のコンサルタントが全てワンストップで担当するメリットとしてはほかにも求人のマッチングがとれないリスクがとても低いことなどが挙げられます。分業制をとるリクルートエージェントやdodaと合わせて使うとどちらがあなたに合うかわかると思います。

ハイスペック求人を取り揃えた転職エージェントで外資系求人に強いことでも有名です。当然ながら高年収求人ばかりですので、高スキルで高年収を目的に転職する方はぜひ使いたい転職エージェントです。ミドル・ハイクラスに特化した転職エージェントですので、それ以外の方は別のところを利用した方が良いでしょう。

マイナビが運営する20代に特化した転職エージェントです。第二新卒の方には最適でしょう。求人の量よりも質にこだわっていますので、求人紹介数が多いリクルートエージェントやdodaと合わせて使いたいところですね。20代の方以外は別の転職エージェントを使った方が良いでしょう。

ビズリーチはヘッドハンティング型転職サイトです。掲載されている求人は企業や中堅転職エージェント保有の求人が多いですね。ヘッドハンターからのオファーで思わぬ求人に出会える可能性が広がります。1000万円以上の求人が殆どですので、いわゆる転職サイトとは一線を画します。オファーを待つだけでも価値があるでしょう。

ワークポートは元々はIT特化型転職エージェントで、現在は幅広い求人を扱う総合型転職エージェントです。ですのでIT関係の求人に強みを発揮し、未経験からのエンジニアへの転職もサポートしています。もう一つの特徴は営業部隊が求人を毎日新規開拓しているということです。新鮮な求人を紹介することで常に生きている求人15000件を確保しています。求人は生き物ですからできるだけ新鮮な方が良いのです。転職決定人数が第一位のワークポートについてはさまざまな評判があります。しかしそのほとんどが担当コンサルタントとの相性の問題なのです。常に新鮮な求人を保有している転職エージェントは他にはありません。使わないともったいないエージェントですよ。

この転職エージェントは東京・神奈川・埼玉・千葉の首都圏エリアに特化しています。特徴としてはそんなに大手ではないので、その分サポートが手厚いということが挙げられます。大手の転職エージェントでは物足りない部分はtype転職エージェントで十分補えるはずです。この転職エージェントで転職した方の71%が年収アップを実現しています。満点の転職エージェントはありません。各々の特徴を把握しながら、上手く利用していきましょう。

Sponsored Links

ニュースレターを購読する

新規記事を誰よりも早くお届けします!



タイトルとURLをコピーしました