Swiftプログラミング言語の3つの特徴とは?【初心者向き】

ITエンジニア転職
この記事は約7分で読めます。
Sponsored Links

 

 

Swiftプログラミング言語を学んでみたい人「最近アプリ開発に興味が出てきたので、ちょっとググるとSwiftがいいとの情報を入手した。Swiftプログラミングでは何が出来るのだろうか?一番の特徴と将来性も知りたい。」

 

上記のお悩みにお答えします。

Sponsored Links

 

先ほど、こんなツイートをしました。

 

Swiftは比較的新しいプログラミング言語である。iPhoneやMacなどのApple向け製品用のアプリ開発言語として、Objective-Cにとって替わるプログラミング言語がSwiftである。Pythonと同様にシンプルで覚えやすい言語であり、Appleアプリ開発は現在ではSwiftだけが対応できる。年収も1000万円クラス。

 

ちなみに筆者はエンジニア経験が20年ほどありますし、採用担当者としても数多くのエンジニアを採用しています。

転職経験も3回ほどあり、50社以上の転職エージェントと転職サイトを利用してきました。

 

エンジニア経験と採用担当者としての目線と経験から、この記事を書いてみました。

6分ほどで読める記事ですので、しばらくお付き合いください。

 

  • Swiftプログラミングの特徴1:Swiftプログラミング言語は【初心者向き】
  • Swiftプログラミングの特徴2:Swiftプログラミング言語は高年収で転職可能
  • Swiftプログラミングの特徴3:Swiftプログラミング言語の将来性

 

では一つずつ解説します。

 

 

Swiftプログラミングの特徴1:Swiftプログラミング言語は【初心者向き】

 

結論「覚えやすく、バグが起きにくく、短時間で開発可能」

 

Swiftプログラミングの特徴1ー1:Swiftプログラミングは覚えやすい

 

Swiftプログラミングは主にApple製品向けのアプリ開発で使われます。

今まではApple製品向けのアプリ開発にはObjective-C言語が使われていました。

 

Objective-C言語のデメリットは初心者向けではないことです。

つまり習得するのに時間がかかってしまいます。

 

さらにObjective-CはApple製品に特化した言語なので、つぶしが利かないのです。

SwiftはWebアプリだけでなく、Webサーバーの開発もできてしまいます。

 

一方、Swiftプログラミングは比較的新しい言語です。

Swiftはそのため、他のプログラム言語の良い部分を取り入れているのです。

 

Swiftの第一の特徴は、書きやすくて読みやすいことです。

これはPythonが持つ特徴の良いとこどりととらえて良いでしょう。

 

 

Swiftプログラミングの特徴1-2:Swiftプログラミングはバグが起きにくい

 

Swiftは不具合が起こりづらく、安定してアプリやシステムを稼働するために必要なコードの安定性を高く保つことができます

その理由はSwiftは「型」に厳しく、他のプログラム言語のように型変換を暗黙的には行わないからです。

 

きちんと「型宣言」をすることはある意味「面倒くさい」のですが、バグにはまるよりはずっとましです。

なのでSwiftでは「文字」と「数字」はきちんと区別しないとプログラムはエラーとなります。

 

プログラムが完成して、納品後に原因不明の動作でバグるよりは良いですからね。

このようにSwiftは安定して動作するプログラムですので、初心者にも安心です。

 

Swiftプログラミングの特徴1-3:Swiftプログラミングは短時間で開発可能

 

SwiftでJavaやObjective-Cよりも大きく変更された特徴の1つが、Playgroundという環境です。

Javaなどを想像して頂ければわかりますが、コーディング環境を構築するのは簡単ではありません。

 

一方、Swift開発環境「Playground」を使えば、リアルタイムで結果を確認できるため、コーディングが間違っていないかはすぐにわかります。

これもPythonの開発環境が容易に構築できることと似ています。

 

 

 

Swiftプログラミングの特徴2:Swiftプログラミング言語は高年収で転職可能

 

結論「Swiftが出来る人が少ないため、転職には超有利」

 

Swiftはこのように有益なプログラミング言語です。

しかしながら、実際の企業ではSwiftができる社員は少ないのです。

 

Swiftができる人を採用した方が早いと会社は考えています。

Swiftができれば転職にはとても有利です。

 

Pythonと同様にSwiftは転職市場価値はとても高いです。

年齢にもよりますが、年収1000万円は堅いでしょう。

 

しかも競争相手はそんなにいません。

プログラミングというとJavaとかを勉強する人が多いです。

 

今の転職市場を見れば、確かにJavaでいいでしょう。

しかし未来を考えたときは、SwiftやPythonの方が価値があるはずです。

 

わかりやすいのは転職サイトで実際に求人を検索してみることです。

そうするとSwift経験者を求めている求人がかなり見つかると思います。

 

IT業界は慢性的な人材不足です。

その原因はスキルに偏りがあるからです。

 

転職で差別化をするなら「Swift」をおすすめします。

 

 

 

Swiftプログラミングの特徴3:Swiftプログラミング言語の将来性

 

結論「Apple製品でもWebアプリ開発でも今後は間違いなくニーズがある」

 

MacやiPhoneを始めとするApple向けのアプリ開発が出来るのは、今まではObjective-Cも使われていましたが、今後はSwift一択になります。

理由はSwiftの3つの特徴によるものです。

 

プログラミングはあくまでも手段です。

覚えるのに時間がかかっていては、何のためのアプリ開発かわかりません。

 

それこそ本末転倒ですね。

今、注目を浴びているプログラミング言語に共通するのは「簡単」だということです。

 

SwiftはApple向けのアプリ開発以外のWebアプリ開発もOKです。

さらにはWebサーバー開発もできるのです。

 

JavaやPHPなどそれぞれ実績があるプログラミング言語はあります。

しかしApple向けのアプリとWebアプリ開発はSwiftだけで請け負うことができちゃうんです。

 

 

これだけでも将来性、抜群だと言えるのではないでしょうか?

ドットインストールやYouTubeなどで独学することも十分可能です。

 

それでもなお難しいと思ったら、プログラミングスクールを検討しましょう。

プログラミングスクールでも無料体験がありますし、全て無料のところもあります。

 

ただし完全無料のプログラミングスクールは転職が前提になっています。

もしも希望する転職先が決まっているのであれば、課金するのもありです。

 

なぜなら転職すれば、年収1000万円は軽くいくので、すぐに回収可能だからです。

 

侍エンジニア塾

 

 

 

 

Sponsored Links

コメント