【初心者向け】簡単なプログラミング言語と難しい言語

【初心者向け】プログラミング言語と向かないプログラミング言語エンジニア転職
この記事は約7分で読めます。

 

 

プログラミング言語の選択で悩んでいる人「プログラミング言語を学習しようと思っているが、どうせならニーズがあるものを選びたい。初心者が学ぶ上で向き不向きもあると思う。初心者向けのプログラミング言語、逆に初心者には向かないものも知りたい。」

 

上記のお悩み・疑問にお答えします。

 

先ほど、こんなツイートをしました。

 

初心者が学習するプログラミング言語のおすすめ。ニーズがあって、簡単なもの。PythonやSwiftがおすすめ。Javaもニーズがあるが少し難しめ。Web系よりもインフラ系。PHPはサーバーサイドのWeb系言語。初心者向けでニーズが多い。

 

本記事を読めば以下のことがわかるようになっています。

 

この記事を読めばわかること

  • 初心者におすすめのプログラミング言語がわかる。
  • 初心者には難しいプログラミング言語がわかる。

 

とは言っても、何の根拠もなく書いているわけではありません。

この記事には以下の根拠があります。

 

この記事の根拠

  • 上記の通り。

 

記事構成は以下のとおりです。

5分ほどで読める記事ですので、しばらくお付き合いください。

 

  • Python言語は初心者向けか?
  • Swift言語は初心者向けか?
  • PHP言語は初心者向けか?
  • Java言語は初心者向けか?

 

では一つずつ解説します。

 

 

Python言語は初心者向けか?

Python言語は初心者向けか?

 

結論「Pythonはシンプルで覚えやすいので初心者向き言語。AI開発でニーズがあるので将来性もある。」

 

初心者におすすめのプログラミング言語はPythonです。

習得が容易でニーズもあるから。

 

Pythonはコンパイル不要な「インタプリタ型言語」です。

動作確認が簡単にできて、開発効率も上がります。

 

Python言語の構文がとてもシンプルです。

ほかのプログラミング言語では長くなる記述もシンプルに書くことができます。

 

プログラマーによってコードは違いますが、Pythonであれば誰が書いても同じコードになります

他人のコードを読んで学習することがPythonは可能です。

 

さらにPythonといえばAIを思い浮かべる方も多いと思います。

Pythonは人工知能開発に加え、Web開発も可能です。

 

例えばDropBox,YouTube,Instagramのような誰でも知っているWebアプリケーションです。

Pythonはプログラミング言語としてのニーズは十分にあります。

 

さらにPythonはコードがシンプルなので初心者向きです。

Python言語ができるエンジニアはまだまだ不足しています。

 

結果としてPythonができれば転職にも有利です。

Webエンジニアの場合は年収580万円くらいで転職可能です。

 

詳しくはこちら>>Pythonのプログラミングにおける最大の特徴【初心者でも簡単】
詳しくはこちら>>Pythonがプログラミング言語初心者に向く3つの理由【将来性】

 

 

 

Swift言語は初心者向けか?

Swift言語は初心者向けか?

 

結論「SwiftはApple向け製品用アプリ開発の標準言語。Pythonと同様に初心者向け。」

 

Swiftプログラミング言語は主にApple製品向けのアプリ開発で使われます。

Swiftは比較的新しい言語のため、ほかのプログラミング言語の良い部分を取り入れています。

 

Pythonの良さは覚えやすさです。

Swiftも同様に初心者にも覚えやすいプログラミング言語です。

 

Swiftはきちんと「型宣言」をしなければいけません。

そのため、Swiftではバグが起こりにくく安定した製品が開発できます。

 

SwiftはApple製品だけでなく、Webアプリ開発も可能です。

将来性という点でもSwiftは初心者向けと言えます。

 

詳しくはこちら>>Swiftプログラミング言語の3つの特徴とは?【初心者向き】

 

 

PHP言語は初心者向けか?

PHP言語は初心者向けか?

 

結論「PHPは覚えやすくニーズもあるので初心者にはおすすめの言語。」

 

初心者にとって最も学習しやすいのがPHP言語でしょう。

普通は変数の「型宣言」が必要ですが、PHPは不要です。

 

これにはデメリットもあります。

例えばデバッグに苦労します。

 

そのためにバグの原因がわからない場合もあります。

原因特定まで時間がかかるのは避けたほうが良いので「型宣言」はしたほうが良いでしょう。

 

PHPの求人はとても多いのでプログラミング言語選定に迷ったら、PHPをおすすめします。

PHPはサーバーサイドのWeb系言語です。

 

フロントエンド言語も習得すれば鬼に金棒です。

つまり「HTML/CSS/JavaScript」です。フロントエンド言語の習得は容易です。

 

フリーランスになることを考えている方の場合「PHP求人の単価はとても高い」です。

レバテックフリーランスによると平均月額72万円だそうです。

 

レベテックフリーランス調べ:PHP求人月額相場

 

 

 

詳しくはこちら>>PHPのプログラミングにおける最大の特徴とは【Webアプリ向け】

 

 

Java言語は初心者向けか?

Java言語は初心者向けか?

 

結論「大規模業務システム開発にJavaは使われるので、初心者には向かない。」

 

JavaはCPUやメモリについての知識がないと習得するのが難しい言語です。

大規模業務システムで使われることが多いため、間違いも許されません。

 

Javaを初心者が学習するのはおすすめできない言語です。

学習コストがかかるためです。

 

Javaでアプリ開発を行うことも可能です。

PythonやPHPよりもJavaでの習得は時間がかかります。つまり学習コストがかかります。

 

基本的にJavaはインフラ系言語です。

初心者には学習しやすいWeb系言語をおすすめします。

 

モチベーションを維持しやすいのもWeb系言語です。

インフラ系のJava言語は開発するシステム規模が大きいので、任される役割が小さくなるからです。

 

Web系のプログラミング言語は任せてもらえる部分が多いのでモチベーションが維持できます。

Javaは中級者以上になってから勉強するほうがうまくいきます。

 

JavaはPythonなどのWeb系言語に比べると初心者には難しすぎます

心が折れるのであれば、Pythonなどの簡単なプログラミング言語から学習する方をおすすめします。

 

 

詳しくはこちら>>Javaがプログラミング初心者に向いていない理由【難しすぎる】

 

>>【おすすめ】失敗しない転職サイトと転職エージェント69選【ニーズ別】

>>おすすめの転職エージェント12選【デメリットも利用した使い方】

>>【無料あり】おすすめのプログラミングスクール3選【まずは行動すべき】

>>【おすすめ】初めての転職で登録したい転職エージェント14社を厳選