【コロナ禍】面接中のマスク着用はOKか?【WEB面接がベスト】

転職面接
この記事は約6分で読めます。
Sponsored Links

 

・面接中のマスク着用はOKか?とった方がよいのか?コロナ禍の現状ではどうするのが正解かわからない。

・面接中でもマスク着用をしたいのが本音。気をつける点を知りたい。

・できればマスク着用をしないで済むWEB面接を採用している会社がいい。積極的に行っている業界を知りたい。

 

上記の疑問・お悩みにお答えします。

 

Sponsored Links

面接中のマスク着用はOKか?

 

この記事を読めば、わかること

  • 面接中のマスク着用はOKか?とった方がよいのか?
  • 面接中、マスク着用をしたときに気をつける2点
  • マスク着用を考えなくても良いWEB面接を積極的に採用している業界はどこか?

 

新型コロナウイルス感染症の感染者数が増え続けている影響で、マスク着用がマナーから義務になりつつあります。

そこで転職活動をしている方が悩むのが、面接時のマスク着用についてです。

 

政府の新生活の方針としても「マスク着用しましょう」となっていますので、今までの常識を守る必要はありません。

転職活動中の面接においてのマスク着用についても「特に問題はありません」

 

もちろん注意すべき点はいくつかあります。

それさえ守れば、面接時にマスク着用をしてもOKです。

 

マスク着用したからと言って、面接官から非常識だとは思われませんのでご安心下さい。

ほとんどの会社が政府の方針と歩調を合わせているはずです。

 

出来るだけテレワークがデフォルトで、どうしても出社する場合はマスク、3蜜を避けるのは基本です。

採用面接の時も面接官がマスク着用してくる可能性だって十分あります。

 

あまり神経質になる必要はありません。

面接に全力で臨んでください。

 

この記事の根拠

 

筆者は前職でエンジニア部門の責任者でしたが、採用担当者も兼任していました。

二次面接だけではなく、人事担当とともに一次面接から数多くの面接を行ってきました。

 

最終的な合否については、現場責任者である私の方がイニシアティブを持っていましたので、人事担当の方よりもかなり真剣に面接に臨んできたつもりです。

私は人事担当ではなく、エンジニア部門の責任者ではありますが、上記の点から採用面接についての知見はあり、それがこの記事の根拠となっています。

 

 

以下の順で解説します。

 

  • 面接中に気をつける点
  • WEB面接を積極的に採用している業界

 

 

面接中のマスク着用で気をつける点【たったの2つ】

 

面接時のマスク着用はコロナ禍を考慮すれば、むしろ推奨されるべきことです。

しかし企業としては実際のところ模索中のようです。

 

マスク着用のままだと、採用面接では困る点もあるのです。

企業としてはマスクを取れとは言えません。

 

とてもグレイですよね。

そんなときの解決策としては、あなたが面接官の不安を取り除いてあげる行動をすればよいのです。

 

まさに【面接とは安心である】ですね。

この言葉以上に面接対策はないと思います。

 

 

面接中のマスク着用は問題ありませんが、前提条件があります。

お互い人間同士です。

 

結局、面接中に気をつけるべきことは機微に触れることです。

面接官がマスク着用だと困る点は以下2点に集約されます。

 

  • 声がこもって聞き取りにくい
  • 笑っている、困っているなど面接官から見ると表情がわからない

 

上記は人柄を見る上で重要なファクターです。

採用側としては、できれば素顔で話したいんですね。

 

こんなときは先手必勝です。

 

入室の際に、あなたの方からマスクを一度とって、あいさつしましょう。

 

その時に「すみませんが、マスク着用してもよろしいでしょうか?」と聞いてみましょう。

コロナ禍の今、答えはOKしか考えられません。

 

マスク着用すると面接官が採点しにくい項目は先ほど挙げました。

なので、以下の2点に注意すればOKです。

 

  1. はっきりと聞こえるように大きめの声で話す。声が小さい方は特に注意しましょう。
  2. できるだけ笑顔で答えましょう。話を聞く「うなづき」方も相手が分かるようにしてください。

 

結論

マスクの有無では面接合否に影響はないが、2点だけ注意しよう

 

 

 

マスク着用を考えなくても良いWEB面接を積極的に採用している業界

 

コロナ禍だからというわけではなく、すでにWEB面接は多くの企業に採用されています。

業界で言うとやはりIT業界が、WEB面接を積極的に採用しています。

 

ITに人事担当が強いのもその一因でしょう。

ほかの業界の人事担当はそんなにITには詳しくないのかもしれません。

 

それに比べて、IT業界はほぼWEB面接なので、ねらい目と言えます。

仕事的にもあまり人に合わなくても大丈夫で、自宅で勤務可能な点も有利に働いています。

 

例えばSEやプログラマー、WEBクリエイター、WEBデザイナーなどはまさにはWEB面接向けと言えます。

WEB面接では実際のスキルをチェックすることに重点をおける職種です。

 

営業職のように人とコミュニケーションをとる仕事の場合はWEB面接は難しいでしょう。

成長産業であり、オンラインで仕事が完結するIT業界に転職することは、とてもいいことだと思います。

 

 

 

面接対策の本です。

1冊読むことで面接テクニックは身につきます。

練習・実践は転職エージェントと対策するのが一番です。

 

新しい転職面接の教科書 「最強の内定」を手に入れる! [ 福山 敦士 ]

転職面接の話し方・伝え方 自分に合った働き方を手に入れる! [ 丸山貴宏 ]

10年後、君に仕事はあるのか? 未来を生きるための「雇われる力」 [ 藤原 和博 ]

 

 

面接対策は転職エージェントを利用することで転職失敗を避ける可能性が大きくなります。

 

業界最大手の転職エージェントです。非公開求人だけでも20万件以上保有するのはここだけです。専門コンサルタントがあなたの転職を全力でバックアップします。転職初心者にも使いやすいエージェントですので、キャリア相談や求人を紹介してもらうのに有効活用してください。私自身も最初の転職のときに使った最初の転職エージェントです。コンサルタントの方がとても親切で助かったのを今でも覚えています。これについては相性がありますので、担当者が自分に合わない場合はすぐに変更可能です。ウェブサイトから手続き出来ますので、気を使う必要もありませんしね。

dodaは転職エージェントと転職サイトからの応募が一括管理できるのでとても便利です。エージェント紹介求人画面と転職サイト求人とは分かれていますので、迷うことはありません。私もリクルートエージェントとdodaは転職活動開始後、自己分析が終わったらすぐに利用しました。転職サイトからのスカウトや転職エージェントからの求人紹介がメールでかなりの数ありますので、見逃さないような工夫は必要です。求人は生き物ですから。

ビズリーチはヘッドハンティング型転職サイトです。掲載されている求人は企業や中堅転職エージェント保有の求人が多いですね。さらに掲載されていない非公開求人についてはヘッドハンターからのオファーという形で出会える可能性が大きく広がります。1000万円以上の非公開求人が殆どですので、いわゆる転職サイトとは一線を画します。オファーを待つだけでも価値があるでしょう。

CAREER CARVER

キャリアカーバーはリクルートが運営するハイクラス向けの転職サイトです。転職後の平均年収の実績は942万円です。リクルートだから実現できる高年収とも言えます。実に多くの転職エージェントと提携しているため、ヘッドハンターの数も半端ないです。求人の質はとても高いものなので、そんなにオファーはないので転職を急がない方や良いところがあったら転職を考えようというスタンスの方には最適だと思います。

リクナビネクストは転職活動中のほぼ全員が使っているリクルートが運営する転職サイトです。登録はとても簡単ですし、求人検索などの基本的な機能もとても使いやすいので初心者向けとも言えます。転職をすると決めたら、まずはここから使いましょう。

この転職サイトはきちんと20代向けと断っているところが良心的です。年齢で応募しても無駄だったということが転職サイトの求人には多いからです。20代の方であれば気軽に使える転職サイトとなっています。レコメンドされる求人の中から興味あるものを答えていくことで、AIがあなたの転職に関する価値観を分析していきます。使い込むうちにだんだんと興味のある求人が増えていくでしょう。気軽に使ってみてください。

Re就活は20代向けの求人が多い転職サイトです。登録者数も20代が多いので、まだご存知でない方は一度サイトを見てみることをおすすめします。思わぬ求人に出会えるかもしれませんよ。

口コミサイトでは最も有名です。会社の評判、年収などの口コミ情報を見るのには最適です。求人への応募の際には口コミチェックは欠かせません。転職会議を確認すればまずは評判については大丈夫です。

Sponsored Links