転職活動が辛いのは決してあなたのせいではない【マッチングが理由】

LIFE
この記事は約6分で読めます。
Sponsored Links

 

 

転職活動が辛くなり悩んでいる人「転職活動が思ったようにいかず、辛い。転職活動を辞めてしまうわけにもいかず、困っている。」

 

上記のお悩み・疑問にお答えします。

Sponsored Links

 

先ほど、こんなツイートをしました。

 

転職活動が辛いと感じる原因は色々ある。キャリアの棚卸し、自己分析ができていなかったり、転職活動が長引いたり。その結果「自分は転職できるのだろうか?」と不安になったりする。それが原因。対策は「一度休む」のが一番。疲れていてはうまくいくものもいかない。リフレッシュして。

 

ちなみに筆者は採用担当者で、数多くの転職面接や書類選考を経験しています。

転職経験も3回ほどあり、50社以上の転職エージェントと転職サイトを利用してきました。

 

採用担当経験、さらには3回の転職経験から、この記事を書いてみました。

5分ほどで読める記事ですので、しばらくお付き合いください。

 

  • 転職活動が辛いのは決してあなたのせいではない【マッチングが理由】
  • 転職活動が辛いときの秘策をそっとお教えします
  • 転職活動が辛いときは転職エージェントに相談するのもおすすめ

 

では一つずつ解説します。

 

 

転職活動が辛いのは決してあなたのせいではない【マッチングが理由】

 

結論「転職活動が辛い理由のほとんどはマッチングが原因」

 

転職活動が辛くなることは「よくある」ことです。

筆者も転職活動中、何度も気持ちが折れましたもん。

 

ただ今思えば、その原因はほとんどがマッチングにあるんです。

マッチングとはあなたができることが転職市場で求められていることと一致することです。

 

タイミングによってはあなたのスキルは求められていない場合もあります。

そのため、本格的な転職活動をする前に求人リサーチを転職サイトで行うことをおすすめしています。

 

転職活動をしていて辛くならないための一番の対策ともいえるでしょう。

 

 

求人応募する際にマッチングしているか「不安」になってくるのもわかります。

事実として、あなたにとって相応しい求人を増やすためには数多くの求人をチェックする必要があります。

 

転職活動は作業量も結構大事です。

もちろん「転職の軸」に従った求人をリサーチすることです。

 

この事前準備を十分に行っていないと転職活動に行き詰まり辛くなってしまうかもです。

転職市場にニーズが十分にあるかのリサーチはとても大切なんです。

 

そうじゃないと後で不採用が続き、あなたが転職活動で辛い思いをするからです。

転職面接での不採用は「決してあなたが否定されたわけではありません」。

 

先ほどから言っているように転職活動はマッチングが全てです。

企業から見てどれだけ戦力になってくれるかです。

 

転職活動が辛くなったとしても、あなたに責任はありません。

単にマッチングの問題なんですから。

 

転職活動が辛い原因はマッチングによるものです。あなたが悪いわけではありません。不採用が続いたとしてもミスマッチが原因です。あまり深刻に考えないようにしましょう。

 

 

転職活動が辛いときの秘策をそっとお教えします

 

結論「転職活動が辛いときは少し休もう。それが最も効果的」

 

転職活動で不採用が続いたりして、辛いときは「とりあえず休み」ましょう。

会社の仕事のような厳密な納期はないのですから、リフレッシュするのが結局は早道です。

 

うまくいっていない原因を分析できないまま転職活動を進めても結果は見えていますよね?

あなたの転職活動が辛い原因はわかりませんが、おそらく「転職理由」や「転職の軸」が明確でないのではないのでしょうか?

 

 

  • 転職理由を明確にする
  • 転職理由に相応しい求人ニーズを転職サイトでリサーチ
  • キャリアの棚卸し
  • 履歴書・職務経歴書の作成
  • 転職エージェント推薦で応募

 

転職活動の手順は上記のようにほぼ決まっています。

あなたがその情報を知らなかっただけなのです。

 

正しい情報を入手することで転職活動は成功します。

なので転職活動は少し休んで、情報収集をしてください。

 

その方がずっと有益です。

 

転職に限らず、失敗しないための秘策は正しい情報こそが全てです。

 

転職活動が辛くてどうしようもないときは、休みましょう。正しい情報収集をしてからやり直す方が効率的です。

 

 

転職活動が辛いときは転職エージェントに相談するのもおすすめ

 

結論「転職エージェントに相談してみるとあなたの強みがわかることが多い」

 

あなた一人で転職活動をするとどうしても自己分析が甘くなりがちです。

転職エージェントに相談することで、第三者目線からのアドバイスがもらえます。

 

それに転職エージェントは「転職のプロ」ですからね。

もちろん転職エージェントには何でも相談しても良いわけではないです。

 

転職についての相談なら大丈夫です。

それ以外のプライベートな相談は遠慮しておいた方がいいでしょう。

 

 

正しい転職活動の進め方としては転職エージェント推薦で応募するのが必須です。

筆者は採用担当経験しているのでわかりますが、直接応募の書類選考はどうしても後回しになります。

 

転職エージェント推薦の応募書類の出来にバラツキがあまりないことが理由です。

直接応募経由の場合は応募書類の出来がピンからキリまでばらつきが大きいので、書類選考が大変なのです。

 

書類選考にかけられる時間は限られますので、数分以内で判断しなければなりません。

転職エージェント推薦の場合は「●●さんが推薦しているんだから安心」と思いながら書類選考しています。

 

直接応募の場合は履歴書を見ても採用担当者が自社で活躍するイメージがわかない場合が多く、どちらかと言えば不利です。

求人応募は転職エージェント推薦が圧倒的に有利なのです。

 

これは採用担当経験しているからハッキリ言えることです。

転職活動が辛いときは休むことをおすすめします。

 

リフレッシュできたら転職エージェントに相談してみましょう。

 

 

転職エージェントが辛いとき、転職エージェントに相談することであなたが気づいていなかった強みをアドバイスしてくれる可能性があります。今できることにこだわってしまうと転職の軸も広がりません。転職するからにはチャレンジすることも大事ですよね。

 

 

 

 

Sponsored Links

コメント