20代転職で職種変更したいが、可能性はあるか?【問題なしです】

20代転職
この記事は約6分で読めます。
Sponsored Links

 

  • 20代転職で職種変更したいが、可能性はあるか?
  • 20代転職する際のおすすめの職種を知りたい。
  • 異職種への20代転職で注意すべきことを知りたい。

 

上記の疑問・お悩みにお答えします。

Sponsored Links

 

先ほどこんなツイートをしました。

 

 

転職で職種変更する際は以下を考慮すべき

 

  • 将来ニーズのある職種か?
  • 未経験でも採用される職種か?
  • 少なくとも20代か?
  • 年収ダウンしても、OKか?
  • 現時点で、将来なくなる職種リストに入っていないか?

 

ちなみに筆者は採用担当経験があり、転職経験も3回あります。

未経験の職種転職の難しさは十分理解しています。

 

ただし20代に限っては未経験でも問題なく転職できます。

それは「将来のポテンシャルを見込んで」の採用だからです。

 

特に第二新卒であれば、新卒とほとんど変わらないので、未経験職種であっても売り手市場と言えます。

この記事の結論は「未経験でも20代なら問題なし」です。

 

どんな職種がおすすめなのかは、この記事で書いていますので、ざっとでもよいので読んでみてください。

記事構成は以下の通りです。

 

  • 20代転職で職種変更したいが、可能性はあるか?【問題なしです】
  • 20代転職する際のおすすめの職種【結論:IT一択】
  • 異職種への20代転職で注意すべきこと

 

では一つずつ解説します。

 

 

20代転職で職種変更したいが、可能性はあるか?【問題なしです】

 

前提条件としては20代の方ということでお話しします。

30代以上になると、経験を活かした転職でないと難しいです。

 

20代の場合はキャリアが浅いので、職種を変えるのも難しくありません。

20代が職種変更での転職可能な理由は3つあります。

 

  • 人手不足の職種
  • 専門的知識不要の職種
  • ポテンシャル重視の職種

 

一つずつ解説します。

 

人手不足の職種は転職可能性あり

 

営業職や販売・サービス職など、労働市場の中で就業者数が多い職種は常に人手不足です。

人手が足りないために経験は問わずに採用されることが多いです。

 

これらの職種については、かなりハードワークになることが予想されます。

「なんとなく」転職するのではなく、この職種に就きたい意思が固まっていれば問題ないです。

 

専門的知識が不要な職種は転職可能性あり

 

専門的なスキルを必要としない仕事であれば、転職可能です。

私としてはスキルアップになるかどうか疑問なので、おすすめしません。

 

転職で職種変更する際も将来成長できる職種に転職することをおすすめします。

コミュニケーション能力を鍛えることができたりする場合もあるので、専門的知識不要だからと言っても、転職する価値のある職種は当然あります。

 

ポテンシャル重視の職種は転職可能性あり

 

20代であれば、吸収率やポテンシャルが評価されます。

特に26歳以下の方は新卒と年齢がほとんど変わらないこと、会社の文化にまだ凝り固まっていないなどの長所があります。

 

さらにビジネスマナーは新卒研修で習得しているので、教育にかける費用も少なくて済みます。

会社にとっては社会人経験のある20代は、とても欲しい人材なんです。

 

 

20代転職する際のおすすめの職種【結論:IT一択】

 

20代であれば問題なく未経験職種でも転職可能です。

職種を選ぶ際には「やりたいこと」で選んでしまうと後悔するかもしれません。

 

未経験職種にせっかく転職するのであれば、将来が明るいところがよいですよね。

間違っても「将来なくなる仕事」に転職することはやめましょう。

 

 

AIに取って代わられる仕事にわざわざ転職する必要はありません。

今はITエンジニアが圧倒的に不足しています。

 

特にAIエンジニア、データサイエンティスト、データアナリスト、AI営業・活用コンサルタントなどのAI関連職種は圧倒的なニーズがあります。

20代であれば、入社後会社が一から育成してくれますので、スキルアップが可能です。

 

ITエンジニアの強みはどこに行っても通用するポータブルスキルを持っていることです。

一度スキルを身につけてしまえば、さらにレベルアップするために転職していくことが可能です。

 

ITエンジニアのキャリアパスは転職するたびに年収アップするのが普通です。

未経験職種に転職するのであれば、IT系がおすすめで、現時点ではそれ一択です。

 

IT系以外の業種・職種はどうなるか不安です。

スキルアップもしにくいです。

 

ITエンジニアの場合は最終的に独立することも可能です。

フリーランスとして働けば、月収100万円も夢ではありません。

 

レバテックキャリア

 

レバテックフリーランス

 

 

異職種への20代転職で注意すべきこと

 

将来ニーズのある職種か?

 

先ほども言ったようにニーズのない職種に転職するのは、とてもリスキーです。

新卒で何となく入社した会社でのキャリアをリセットすることは20代であれば、問題なしです。

 

転職するとなると、これからの職種が軸となってきます。

異職種に転職してから、自動化されてニーズがなくなったら悲しいですよね。

 

転職前に「少なくとも現時点ではなくならない仕事か?」くらいは確認しましょう。

一般事務員、銀行員、タクシー運転手などはその典型です。

 

10年後、君に仕事はあるのか?

 

未経験でも本当に採用される職種か?

 

求人票を信じ込んでしまうのも危険です。

転職エージェント経由での応募であれば、企業のニーズがわかります。

 

未経験求人は最近転職エージェントが扱うようになりました。

企業は採用活動の工数はできるだけ減らしたいのです。

 

未経験と言っても完全な素人では困るので、転職エージェントにスクリーニングしてもらいっているのです。

企業は転職エージェントに採用活動の一部を外注しているとも言えます。

 

このような情報は直接応募では入手できません。

転職サイトの求人であっても、転職エージェントに相談すれば、エージェント推薦で応募可能です。

 

 

少なくとも20代か?【30代以上は可能性なし】

 

30代以上になると今までのキャリアを活かした転職がMustになります。

即戦力採用となるからです。

 

それに対して20代はポテンシャル採用です。

前提条件が違います。

 

職種変更するなら、判断は20代のうちにしないと手遅れになります。

 

年収ダウンしても、OKか?

 

20代転職で職種変更するということは、新卒レベルの年収でも文句は言えません。

会社は手厚く教育してくれるのですから、年収ダウンすることも想定しておきましょう。

 

 

 

Sponsored Links

コメント