求人応募した後の進捗管理はどうすればいいのか?【テンプレ公開】

求人応募した後の進捗管理はどうすればいいのか?【テンプレ公開】転職ノウハウ
この記事は約8分で読めます。

 

 

求人応募後の進捗管理で悩んでいる人「転職活動で最も忙しい求人応募の段階だ。並行して求人応募しているので、最悪面接辞退なんてことがないか自分でも怖い、、、うまい進捗管理ができるといいんだけど、、個人的には細かすぎるような気もする。ポイントだけをおさえて進捗管理する方法を知りたい。できればテンプレがあればいいな。」

 

こういった疑問に答えます。

先ほど、こんなツイートをしました。

 

求人応募の進捗管理は重要だがやり過ぎも負担がかかる。エクセルかスプレッドシートで簡単な表を作れば十分。①応募日②企業名③職務④応募媒体⑤書類選考⑥一次面接⑦二次面接⑧内定日 くらいの情報で十分かと。基本的に確定情報だけ管理する。予定をまぜると訳わからなくなる。

 

本記事を読めば以下のことがわかるようになっています。

 

この記事を読めばわかること

  • 求人応募した後の進捗管理の方法がテンプレ付きでわかる。
  • 転職エージェント推薦の場合、進捗管理のポイントがわかる。
  • 直接応募の場合、進捗管理のポイントがわかる。

 

とは言っても、何の根拠もなく書いているわけではありません。

この記事には以下の根拠があります。

 

この記事の根拠

  • 上記の通り。

 

記事構成は以下のとおりです。

5分ほどで読める記事ですので、しばらくお付き合いください。

  • 求人応募した後の進捗管理はどうすればいいのか?【テンプレ公開】
  • 転職エージェント紹介で求人応募した場合の進捗管理
  • 直接応募で求人応募した場合の進捗管理

 

では一つずつ解説します。

 

 

求人応募した後の進捗管理はどうすればいいのか?【テンプレ公開】

求人応募した後の進捗管理はどうすればいいのか?【テンプレ公開】

 

採用内定通知が出るまでは、ひんぱんに進捗管理をする必要があります。

転職面接日がバッティングするのを避けるためです。

 

進捗管理では内定のタイミングに特に神経を使ってください。

転職エージェント推薦の場合はアドバイザーを上手く使いましょう。

 

紹介された求人以外が本命の場合は、相談の仕方が難しいですね。

建前でも転職エージェントには、紹介された求人が第一志望と言っておくことです。

 

内定辞退をすることは可能です。

ですが内定辞退する場合は誠実に話しましょう。

>>内定承諾後に内定辞退は可能か?【転職エージェント推薦の方が有利】

>>内定辞退のマナーはどうすればよい?【誠心誠意説明すれば大丈夫】

 

例えば、別な求人に応募したら急に内定が出てしまい、そちらの方が〇〇の理由で行きたいと思いましたとかです。

お世話になった転職エージェントは転職後も色々相談することがあり、私も実際そうしています。

 

とても頼りになる存在ですので、縁は切れないようにお互い納得できるような形で転職先を決めましょう。

さて、ここまでの応募求人をどう管理するかですが、複雑な表を作ると更新が面倒ですし、長続きしません。

 

私が作成していた進捗管理表のテンプレを公開しますので、参考にしてください。

とてもシンプルで必要最低限の情報だけを管理しています。

 

項目は増やしすぎないことが、途中で投げ出さない秘訣です。

本当にシンプルな表なのです。

 

進捗管理は必要最低限の情報にしないと続きません。

 

 

  • 応募日
  • 企業名
  • 職務:ざっくりで良い
  • 媒体:転職エージェント・転職サイト・ハローワーク
  • 各選考の日付

 

上記のような表なら、簡単に作れますよね?

そして、スプレッドシートで読み込めば、スマホでも見ることができて、さらに便利です。

 

クラウドで進捗管理するのが、楽でいいのではないでしょうか?

 

 

転職エージェント紹介で求人応募した場合の進捗管理

転職エージェント紹介で求人応募した場合の進捗管理

 

転職エージェントの紹介で求人に応募した場合は、担当アドバイザーが書類選考の結果確認とか、面接日程調整、待遇面の交渉を行ってくれます。

ですので、あなたがやることは【直接応募】の場合に比べて負担はとても少ないです。

 

求人応募の仕方として「1社の選考結果が出てから次の求人に応募」では時間がかかってしまいます。

複数求人への同時応募は転職活動では常識であり、だからこそ求人応募の進捗管理が大切なのです。

 

求人応募のタイミングについても、よく考えなければいけません。

求人応募の順番はある程度考えないと、本命ではない求人が内定が早く出てしまい、とても困ることがあります。

 

内定辞退しても、本命の求人でも選考失敗する可能性ありますから。

本命求人の前後はほかの予定を入れないようにしましょう。

 

できるだけ求人応募のタイミングは揃えることで、予想もしやすくなります。

選考のスピードは各社もちろん違います。

 

ですが、大体の選考期間というのは決まっています。

求人応募の時期が同じであれば、ほとんど同じようなタイミングで選考が進むはずです。

 

  • 書類選考で止まっている
  • 面接の結果連絡がない場合は見送り
  • キープされている場合もある

 

上記のように企業からの連絡が遅れることは多いです。

その場合は気にせず転職活動を続けるべきです。

>>【キープ】転職面接の返事が遅い3つの理由とは?【転職活動を続けよ】

 

なので、応募のタイミングも考える必要があるのです。

決して、行き当たりばったりの応募はいけません。

 

日程については最低これだけはおさえておきましょう。

 

  • 求人応募日
  • 面接のどうしても都合がつかない日

 

応募日は書類選考の結果がもし連絡がない場合に、一週間後を目処に進捗を確認するために必要です。

面接の都合がつかない日は、日程調整は転職エージェントが行いますが、都合はあなたに聞いてくるので、すぐに答えられるようにするためです。

 

転職エージェント推薦での応募の場合は、基本的には細かい管理はいらないので、この程度で大丈夫。

 

  • 二次面接・最終面接と進むにつれて、内定確率が高まります。円満退社の準備を事前に行いましょう。
  • 退職の意思表示はおよそ1~2ヶ月前には上長に伝えましょう。

 

引き留めに会うかもしれませんが、対応法はアドバイザーがフォローしてくれます。

業務引継ぎに約2週間かかるので、マニュアルを作っておくと良いでしょう。

 

期間としては退職までの期間が最も長いです。

引越を伴う転職の場合もありますから、それでも時間は足りないと思います。

>>【失敗せず】転職の進め方で転職サイトと転職エージェントを使おう!

 

 

直接応募で求人応募した場合の進捗管理

直接応募で求人応募した場合の進捗管理

 

転職エージェント推薦での応募に比べて、ハローワークや転職サイトなどの直接応募の場合は応募段階からすべて自分で行う必要があります。

当然、進捗管理も自分で行う必要があります。

 

  • 応募資格を満たしているかの確認
  • 応募手続きを行う。ウェブサイトか郵送で対応
  • 書類選考の結果確認。メールか電話で対応
  • 面接日程調整。企業の採用担当者と直接行うので、対応に注意!電話で行いましょう。メールは確認の意味であとで送りましょう。

 

上記項目を求人ごとに管理します。

そして提示された条件に対して、企業と年収交渉を行う必要があります。

 

私は転職エージェント、転職サイトの両方で転職した経験があります。

転職サイトの場合は正直内定を受け入れたら、年収交渉なんてできませんでした。

 

最初に年収交渉をするべきでした。

年収交渉をして内定を断わられたらとビビってしまいました。

 

内定取り消しは違法ですが知りませんでした。

やはり転職のプロである転職エージェントに任せた方が良い結果が出ますね。

 

転職サイトはメンタル面で内定してからがきついです。

ハローワークはもっときついです。

 

履歴書・職務経歴書などの応募書類も企業に自腹で郵送する必要があります。

私はそれがいやで、ハローワークは使いませんでした。

 

この時代に紙で書類を送るのも抵抗ありました。

応募求人の進捗管理は私はエクセルで行っていましたが、スプレッドシートの方が便利だと思います。

>>直接応募と転職エージェント推薦、勝つのはどっち?

 

 

 

>>【採用担当ニーズ別厳選】転職エージェントおすすめ119選!【デメリット・メリット解説】

>>【採用担当が徹底解説!】転職エージェントのデメリット・メリット

>>【無料あり】エンジニア歴15年の筆者がおすすめするプログラミングスクール5選