一度落ちた企業への再応募は可能なのか?


ある求人に応募してみたけど、見送りになり、あきらめきれない場合もあると思います。果たして、もう一度その求人に応募しても大丈夫なのでしょうか?

同じ企業に応募することのリスクは?

私も経験があるのですが、良い求人へはもう一度挑戦してみたくなりますよね。

求人への応募方法は多くあります。

きちんと管理しておかないと、『実はもう応募したことのある求人だった』ということにもなりかねません。

応募する前に、確認が必要ですね。

再応募は可能か?といえば、それは可能です。

問題は応募しても、応募書類さえ読まれないリスクがあるということです。

企業によって、期間は異なりますが、再応募の場合はある一定の時期はすぐに見送りになります。

応募したことのある求人の場合には、何らかの理由で見送りになっている訳です。

半年くらいで再応募されても、企業は受け付けるでしょうか?

恐らく、難しいでしょう。

 

転職エージェント経由で応募したのであれば、NGになった理由は聞けばわかりますが、直接応募の場合はリスクはより大きいと思います。

なぜかというと、見送りになった理由がわからないので、推定するしかないからです。

  • 書類選考で落ちたのか?
  • 面接までいったのか?

によっても違います。

 

例えば履歴書の年齢で引っかかっていたのでしたら、それこそ時間のムダですよね。

このように一度不採用になっているということは、それなりの理由があります。

再応募には、不採用の理由を解明し、解決しておかないと、リスクを伴うことをまずは認識しましょう。

 

リスク回避するための対策は?

 

それでも再度応募したい場合はどうしたらいいでしょうか?

確実だとは言えませんが、前回の応募書類や面接の状況を振り返ってみることをおすすめします。

箸にも棒にもかからなかったのか、いいところまでいったのかは、あなたの感覚でなんとなくわかるのではないでしょうか?

箸にも棒にもかからないような感覚であれば、時間のムダですので、似たような良い求人を探す方がいいですね。

いい線までいっていたのであれば、詰めが甘かったということです。

どこがまずかったのかを徹底的に深掘りしてみましょう。

履歴書職務経歴書を見直してみてください。

求められていないことをアピールしていたりしませんか?

求人が求めている要件にあうような応募書類にすることが必須です。

もう一度、求人票から良く読んでみてください。

面接についても同じです。

相手が何を求めているかをきちんと考えて、その答えを返すことが大切ですね。

シンプルですが、これ以上の面接対策はありません。

そのためには、場当たり的にことが答えるのではなく、あらかじめ準備をしておくことです。

質問はそのままは来ませんが、その求人の意図を十分に把握していれば、対応は可能です。

このような対策を行なっても、すぐに応募するのは、リスクがあります。

情報収集を徹底的にして、どれくらい経過すれば、再応募できるかを把握して、タイミングよく応募しましょう。

 

リスク回避は簡単にできることではなく、職務経歴書の見直しや面接の振り返りなどの地味な作業が最も確実なんです。

 

転職のプロに相談してみる

そうは言っても、あなた一人で見送りになった理由を深掘りすることは、正直難しいと思います。

応募書類の添削をしてくれる人がいれば心強いですし、面接練習についても同じですね。

あなただけでの転職活動にはどうしても限界があります。

ものの見方も偏ってしまいます。

 

あなたが本気でその求人、その会社に応募したいのであれば、色々な切り口での対策を考えてください。

転職活動を行うためには、あなたをサポートしてくれる転職のプロがいます。

いわゆる、転職エージェントです。

転職エージェントに登録するとあなたに専任のキャリアアドバイザーがつきます。

アドバイザーはあなたにとって、とても有能な秘書のようなものです。

求人紹介から書類添削、面接対策、日程調整、入社交渉など実に多くのサポートが全て無料で受けられます。

アドバイザーにあなたのキャリアをきちんと理解してもらうことが転職エージェントを上手く利用する秘訣です。

相性もありますので、複数社への登録をおすすめします。

最初は大手の転職エージェントに登録するのが良いでしょう。


 【リクルートエージェント】への登録はこちら


トップへ戻る

お気軽にお問い合わせください。









本日のランキングクリックありがとうございました(^^)/

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職情報・転職サイトへ

ニュースレターを購読する

新規記事を誰よりも早くお届けします!