転職を決意する前にやるべきことは?


このブログを読んでいるということは、転職の検討を始めている方も多いと思います。でもその前に考えてほしいことがあります。

 

転職理由を書き出す!

転職して大丈夫?

あなたが転職の検討をしようかな?と考えた背景は何でしょうか?

 給料などの待遇面でしょうか?

 やりたい仕事が出来ない。

 スキルアップをしたい。

 上司によるパワハラで環境を変えたい。

 福利厚生に不満がある。

 残業が多く、休みが取れない。プライベートなどない生活だ。

 人間関係がうまくいかず、会社にいづらい環境だ。

考え付く限り、リストアップしましょう。

そして、その中でどうしても今の会社では解決出来ないことがあるとすれば、それが本当の意味での転職理由ということになるでしょうね。

今の会社で上司に直訴して解決可能そうなことは、それは転職理由にはなりえません。

本当に今の職場で努力することでも、達成不可能かどうか考えてくださいね。

人事に誠実に現状を説明して、異動可能な場合もあります。

そういうところまで掘り下げて考える必要があります。

 

転職を決意する!

転職を決意するということはとても大事です。

何となく転職活動を続けても、モチベーションが持ちません。

転職理由を明確にすることは重要です。

転職理由が明確になれば、転職を決意することにつながるからです。

企業との面接で答える志望動機とも密接に関係します。

また同時に、必ず質問されるのが転職理由なんです。

企業側もそれだけ重要視している項目になります。

私が面接官として質問した時も、必ず転職理由はきいていましたね。

そして、それが意外と決め手になったりしましたよ。

つまり、スキルは十分でも内定を出しても、ウチに来ないのでは?と思ってしまうんです。

 

転職理由を明確にすることで未来が見える!

あなたはどんなあなたになりたいですか?

10年後のあなたまでキャリアパスが描けていますか?

この質問に明確に答えられたあなたは大丈夫です。

あなたの信じる道を歩いてください。

もしも、まだ曖昧な気持ちだとしたら、今の会社で精一杯頑張ることをおすすめしますよ。

これ以上は無理というところまで全力で仕事に取り組んだ先にあなたの未来が見えると思います。

今の会社でキャリアを積むのが、答えになったら、それはそれでハッピーではないでしょうか?

再度繰り返しますが、転職すると決意したら、後戻りはしないことです。

仕事もある程度はセーブすることになるでしょう。

スピード感を持って、動くことは並大抵のことではありません。

あなたが全て一人で転職活動をするのでしたら、とても大変です。

ですが、転職には転職エージェントというプロフェッショナルな存在があります。

それを利用するのも手でしょうね。

いずれにせよ、自問自答して、自分なりに答えが出たときが転職のタイミングだと私は思います。

そのときに決断をするのが、最も効率的といえるでしょう。

転職を決めたら、実行あるのみです。

転職というのは、ノウハウが蓄積されており、その知識があるとないとでは、圧倒的な差が出ます。

詳細なノウハウが書かれたブログを見かけますが、転職初心者の方にとってはポイントが絞れず、読みにくいのではないでしょうか?

このブログは主にそういった方たちのために、できるだけわかりやすく書いていくつもりです。

やるべきことは決まっています。

効率的な転職活動を行うことで、精神的な負担も軽くなると思いますよ。

次の記事からは、実行編に移ります。

迷うことなく、信じる道を進みましょうね。

では、一緒に頑張りましょう!

 

トップへ戻る

コメントを残す