【たった1つ】転職を決意する前にやるべきこと【後で後悔しない】

転職理由
この記事は約6分で読めます。
Sponsored Links

 

 

転職する決意がつかない人「転職活動を始める前にやるべきことを知りたい。後で後悔しないためにも、それだけはやっておきたい」

 

上記のお悩みにお答えします。

Sponsored Links

 

先ほど、こんなツイートをしました。

 

転職を決意する前にやるべきことがある。たった一つなので、必ず実行してほしい。それは転職する目的であり、転職理由である。退職理由だけで転職するのはとても危険。未来像が見えていないのだから。

 

ちなみに筆者は採用担当者で、数多くの転職面接や書類選考を経験しています。

転職経験も3回ほどあり、50社以上の転職エージェントと転職サイトを利用してきました。

 

採用担当者としての目線と転職経験から、この記事を書いてみました。

5分ほどで読める記事ですので、しばらくお付き合いください。

 

  • 【たった1つ】転職を決意する前にやるべきこと【後で後悔しない】
  • 転職を決意するきっかけは退職理由
  • 転職理由を明確にすることで転職が決断できる

 

では一つずつ解説します。

 

 

【たった1つ】転職を決意する前にやるべきこと【後で後悔しない】

 

転職活動を始めると孤独との闘いとなります。

それに打ち勝つためには「なぜ転職するのか?」のモティベーションを保つ必要があります。

 

転職を決意する前にやるべき【たった1つ】のことは、「転職理由を明確にすること」です。

転職理由を明確にすることで転職活動は効率的に進められるのです。

 

 

転職を決意するきっかけは退職理由

 

あなたが転職を決意するきっかけは何でしょうか?例えば、以下の理由でしょうか?

 

  • 年収、給料などの待遇面で不満である。
  • やりたい仕事が出来ない。
  • スキルアップをしたい。
  • 上司によるパワハラの職場環境を変えたい。
  • 福利厚生に不満がある。
  • 残業が多く休みが取れない。
  • プライベートなどない生活だ。
  • 人間関係がうまくいっていない。

 

考え付く限り、リストアップしましょう。

それらはあくまでも会社を辞めるきっかけになったことなので、退職理由と言います。

 

転職活動を始めるために明確にすべきなのは転職理由です。

退職理由は過去のことですから、これだけで転職活動を開始する動機にはなり得ません。

 

実は転職理由と退職理由とは表裏一体でもあります。

将来のキャリアアップなどの未来につながりそうな退職理由が転職理由となります。

 

退職理由はネガティブなものが多いでしょう。

それをポジティブなものにできれば、転職理由となります。

 

在職中の会社で上司に直訴して解決可能そうなことは、それは転職理由にはなりえません。

今の職場で努力することで、達成可能であれば、これも同様です。

 

難しいですが、人事に誠実に現状を説明して、異動可能な場合もあります。

上司や職場を変えることは転職しないでも実現はできます。

 

そういうところまで退職理由を深掘りして考える必要があります。

厳密には転職理由と退職理由はどう違うのか?に書いてありますが、これらの違いは明確です。

 

上記の例で退職理由にしかなりえないものもあります。

退職理由を転職理由に深掘りしないと転職活動は始めるべきではありません。

 

 

転職理由を明確にするためには、退職理由に未来につながるものがないと難しいです。

退職理由をよく精査し、転職理由へと昇華、深掘りしていきましょう。

 

 

転職理由を明確にすることで転職が決断できる

 

あなたはどんなあなたになりたいですか?

10年後のあなたまでキャリアパスが描けていますか?

 

この質問に明確に答えられたあなたは大丈夫です。

あなたの信じる道を歩いてください。

 

もしもまだ曖昧な気持ちだとしたら、今の会社で精一杯頑張る方が良いかもしれません。

これ以上は無理というところまで全力で仕事に取り組んだ先にあなたの未来が見えると思います。

 

今の会社でキャリアを積むのが答えになったら、それはそれでハッピーではないでしょうか?

転職理由が明確になったら、転職を決意することです。

 

それはあなたのマインドの問題なのです。

転職すると決意したら後戻りはしないと決めてください。

 

仕事もある程度はセーブすることになるでしょう。

スピード感を持って、動くことは並大抵のことではありません。

 

あなたが全て一人で転職活動をするのでしたら、とても大変です。

転職には転職エージェントの3つのメリットとは?に書かれているように心強い転職エージェントというプロフェッショナルな存在もあります。

 

 

転職エージェントを利用するのも手段の一つです。

いずれにせよ自問自答して、自分なりに答えが出たときが転職を決意する時期だと思います。

 

転職を決意したら、あとは行動あるのみです。

転職活動のやり方はノウハウが蓄積されており、その知識があるとないとでは、圧倒的な差が出ます。

 

転職ノウハウだけではうまくいくものもいきません。

筆者は採用担当を経験してますので、よくわかります。

 

例えば転職面接では、スキルだけでなく会社の社風と合うかどうかも見られます。

転職面接は企業と応募者とのお見合いのようなものだからです。

 

転職活動での転職面接対策はある程度決まっていますが、テクニック的なものは意外と少ないです。

転職面接では「企業が何を望んでいるか?」を常に考えることが大切です。

 

転職活動は常に応募先が求める人物像を頭に描きながら行えば、上手くいきます。

もしもあなた一人で転職活動するのが不安ならば、転職エージェントのアドバイスをもらいながら転職活動する方がずっと楽ですし、効率的です。

 

独学が苦にならない方はハローワークや転職サイトを使った直接応募で問題ありません。

逆に誰かのアドバイスをもらいながら転職活動をしたい方は、転職エージェントを使いましょう。

 

転職活動はスキルによって、上手くいくかどうかが決まります。

自己アピールが上手い方は直接応募の方が自由に動けると思います。

 

結局はあなたの行動パターンによって、転職方法を選ぶのが良いのです。

 

 

 

業界最大手の転職エージェントです。非公開求人だけでも20万件以上保有するのはここだけです。専門コンサルタントがあなたの転職を全力でバックアップします。転職初心者にも使いやすいエージェントですので、キャリア相談や求人を紹介してもらうのに有効活用してください。私自身も最初の転職のときに使った最初の転職エージェントです。コンサルタントの方がとても親切で助かったのを今でも覚えています。これについては相性がありますので、担当者が自分に合わない場合はすぐに変更可能です。ウェブサイトから手続き出来ますので、気を使う必要もありませんしね。

dodaは転職エージェントと転職サイトからの応募が一括管理できるのでとても便利です。エージェント紹介求人画面と転職サイト求人とは分かれていますので、迷うことはありません。私もリクルートエージェントとdodaは転職活動開始後、自己分析が終わったらすぐに利用しました。転職サイトからのスカウトや転職エージェントからの求人紹介がメールでかなりの数ありますので、見逃さないような工夫は必要です。求人は生き物ですから。

ビズリーチはヘッドハンティング型転職サイトです。掲載されている求人は企業や中堅転職エージェント保有の求人が多いですね。さらに掲載されていない非公開求人についてはヘッドハンターからのオファーという形で出会える可能性が大きく広がります。1000万円以上の非公開求人が殆どですので、いわゆる転職サイトとは一線を画します。オファーを待つだけでも価値があるでしょう。

CAREER CARVER

キャリアカーバーはリクルートが運営するハイクラス向けの転職サイトです。転職後の平均年収の実績は942万円です。リクルートだから実現できる高年収とも言えます。実に多くの転職エージェントと提携しているため、ヘッドハンターの数も半端ないです。求人の質はとても高いものなので、そんなにオファーはないので転職を急がない方や良いところがあったら転職を考えようというスタンスの方には最適だと思います。

リクナビネクストは転職活動中のほぼ全員が使っているリクルートが運営する転職サイトです。登録はとても簡単ですし、求人検索などの基本的な機能もとても使いやすいので初心者向けとも言えます。転職をすると決めたら、まずはここから使いましょう。

この転職サイトはきちんと20代向けと断っているところが良心的です。年齢で応募しても無駄だったということが転職サイトの求人には多いからです。20代の方であれば気軽に使える転職サイトとなっています。レコメンドされる求人の中から興味あるものを答えていくことで、AIがあなたの転職に関する価値観を分析していきます。使い込むうちにだんだんと興味のある求人が増えていくでしょう。気軽に使ってみてください。

Re就活は20代向けの求人が多い転職サイトです。登録者数も20代が多いので、まだご存知でない方は一度サイトを見てみることをおすすめします。思わぬ求人に出会えるかもしれませんよ。

口コミサイトでは最も有名です。会社の評判、年収などの口コミ情報を見るのには最適です。求人への応募の際には口コミチェックは欠かせません。転職会議を確認すればまずは評判については大丈夫です。

Sponsored Links

コメント