【たった1つ】転職を決意する前にやるべきこと【後で後悔しない】

転職理由
この記事は約5分で読めます。
Sponsored Links

転職活動は安易に始めるべきではありません。転職を決意する前にやるべきことがあります。それもたった一つです。後で後悔しないためにも、これだけはやっておきましょう。

Sponsored Links

【たった1つ】転職を決意する前にやるべきこと【後で後悔しない】

【たった1つ】転職を決意する前にやるべきこと【後で後悔しない】

 

転職活動を始めると孤独との闘いとなります。

それに打ち勝つためには「なぜ転職するのか?」のモティベーションを保つ必要があります。

 

転職を決意する前にやるべき【たった1つ】のことは、「転職理由を明確にすること」です。

転職理由を明確にすることで転職活動は効率的に進められるのです。

 

 

退職理由から転職理由へ

退職理由から転職理由へ

 

あなたが転職の検討をしようかな?と考えたきっかけは何でしょうか?

 

 

  • 年収、給料などの待遇面で不満である。
  • やりたい仕事が出来ない。
  • スキルアップをしたい。
  • 上司によるパワハラの職場環境を変えたい。
  • 福利厚生に不満がある。
  • 残業が多く休みが取れない。
  • プライベートなどない生活だ。
  • 人間関係がうまくいっていない。

 

 

考え付く限り、リストアップしましょう。

それらはあくまでも会社を辞めるきっかけになったことなので、退職理由と言います。

 

転職活動を始めるために明確にすべきなのは転職理由です。

退職理由は過去のことですから、これだけで転職活動を開始する動機にはなり得ません。

 

実は転職理由と退職理由とは表裏一体でもあります。

将来のキャリアアップなどの未来につながりそうな退職理由が転職理由となります。

 

退職理由はネガティブなものが多いでしょう。

それをポジティブなものにできれば、転職理由となります。

 

在職中の会社で上司に直訴して解決可能そうなことは、それは転職理由にはなりえません。

今の職場で努力することで、達成可能であれば、これも同様です。

 

難しいですが、人事に誠実に現状を説明して、異動可能な場合もあります。

上司や職場を変えることは転職しないでも実現はできます。

そういうところまで退職理由を深掘りして考える必要があります。

 

 

厳密には転職理由と退職理由はどう違うのか?に書いてありますが、これらの違いは明確です。

上記の例で退職理由にしかなりえないものもあります。

 

退職理由を転職理由に深掘りしないと転職活動は始めるべきではありません。

 

 

転職理由と退職理由はどう違うのか?
転職しようと決意したときの転職理由はきちんと退職理由と区別できているでしょうか?退職理由と転職理由の違いとは何でしょうか?

 

転職理由を深掘りしないとどうなるか?
転職活動をする上での出発点は転職理由です。転職理由が腹落ちしていない状態で転職活動に入ると、どうなることが想定されるでしょうか?

 

転職理由を明確にするためには、退職理由に未来につながるものがないと難しいです。

退職理由をよく精査し、転職理由へと昇華、深掘りしていきましょう。

 

 

転職理由を明確にすることで未来が見える

転職理由を明確にすることで未来が見える

 

 

あなたはどんなあなたになりたいですか?

10年後のあなたまでキャリアパスが描けていますか?

 

この質問に明確に答えられたあなたは大丈夫です。

あなたの信じる道を歩いてください。

 

 

もしもまだ曖昧な気持ちだとしたら、今の会社で精一杯頑張る方が良いかもしれません。

これ以上は無理というところまで全力で仕事に取り組んだ先にあなたの未来が見えると思います。

 

今の会社でキャリアを積むのが答えになったら、それはそれでハッピーではないでしょうか?

転職理由が明確になったら、転職を決意することです。

 

それはあなたのマインドの問題なのです。

転職すると決意したら後戻りはしないと決めてください。

 

仕事もある程度はセーブすることになるでしょう。

スピード感を持って、動くことは並大抵のことではありません。

 

あなたが全て一人で転職活動をするのでしたら、とても大変です。

転職には転職エージェントの3つのメリットとは?に書かれているように心強い転職エージェントというプロフェッショナルな存在もあります。

 

転職エージェントの3つのメリットとは?
転職活動で最も効果があるとされるのが【転職エージェント】を利用する方法です。それはなぜなんでしょうか?

 

それを利用するのも手段の一つです。

 

 

いずれにせよ、自問自答して、自分なりに答えが出たときが転職のタイミングだと私は思います。

そのときに決断をするのが、最も効率的といえるでしょう。

 

転職を決めたら、実行あるのみです。

 

 

転職というのはノウハウが蓄積されており、その知識があるとないとでは、圧倒的な差が出ます。

詳細なノウハウが書かれたブログを見かけますが、転職初心者の方にとってはポイントが絞れず、読みにくいのではないでしょうか?

 

このブログは主に転職初心者の方でも、わかるように記事を書いていくつもりです。

転職ノウハウだけではうまくいくものもいきません。

 

元採用担当者だった私ですからわかります。

面接ではやはり最後は人柄がその会社と合うかどうかです。

 

面接は企業と応募者とのお見合いのようなものです。

転職活動でやるべきことは決まっています。

 

ただし転職テクニックにおぼれてはいけません。

先方は何を望んでいるかを常に考えることが大切です。

 

効率的な転職活動を行えれば、精神的な負担も軽くなりますよね。

迷うことなく、信じる道を進みましょうね。

 

トップへ戻る

Sponsored Links
タイトルとURLをコピーしました