転職活動前に明確にすべき3つのこととは?

転職理由
この記事は約5分で読めます。

今は雇用状況が良いこともあり、軽い気持ちで転職しようとする人がいます。本当に転職して大丈夫か?自問自答してみましょう。

転職理由が明確になっているか?

一番重要なのですが認識されていないこととして、転職を決意する前にやるべきことは?に書いたように転職理由が明確になっているかということがあげられます。

これは単なる書類選考対策や面接対策ではないのです。

多くの転職活動をしている方がその重要さに気づかずに過ごしています。

 

事実私が転職活動しているときも、どうやって面接を乗り切ろうかぐらいにしか考えていませんでした。

冷静になった今だからこそわかるのですが、転職理由が最も重要だったんだなってわかります。

これからどんな仕事に携わっていきたいか、それはなぜか?

がメイン構成になりますから、重要なのは当然なのです。

 

転職理由を深掘りしないとどうなるか?に書いたように転職理由は自分だけの言葉で話せることが重要です。

そうしないと何も始まりません。

転職理由が明確になれば、転職の方向性もおのずと決まってきます。

転職の方向性が決まれば、サポートしてくれる転職のプロはたくさんいるのです。

転職理由は薄っぺらいままにしないことです。

転職活動に入っても大丈夫な人かどうかはそこで決まってしまいます。

 

キャリアビジョンが描けているか?

転職理由の延長線上にキャリアの棚卸しをしっかり行う効果とは?でも取り上げたキャリアビジョンがあります。

あなたは3年後、5年後、10年後にどうなっているかを想像することができますか?

あるいは、どうなっていたいですか?

 

今は世の中の動きがどんどん早くなっています。

同じ仕事が10年後もあるかというとないのかもしれません。

求人検索も必要でしょう。

 

ですがもっと重要なのは未経験からITエンジニアに転職できる方法をそっとお教えします!で例を挙げたITエンジニアのように今後も需要がある求人をリサーチすることです。

シュリンクする一方の市場に勤めても、厳しいですからね。

需要のあるところは採用意欲が高いですから、求人数とある程度はリンクしています。

 

そこまで神経質になる必要はありません。

それよりもあなたのキャリアビジョンの方が重要です。

これまではキャリアは仕事・経歴というイメージでした。

今は意味がもっと広くなっています。

 

例えばあなたはご家庭で何らかの役割を担っていますよね?

地域活動についても、関わっているはずです。

理事会、PTAの役員とかですね。

 

全くプライベートな時間の過ごし方もキャリアに含まれます。

つまり仕事が全てではないということです。

当たり前のことなのですが、忘れがちなことです。

 

以下に挙げますと、

✅職業

✅地域

✅余暇

✅学習

✅家庭

これらをすべてキャリアと呼んでいます。

 

私は紙に書いて忘れないようにしています。

これまでは年功序列が当たり前だったため、仕事以外のことは考えないできたのです。

今はもう年功序列ではありません。

 

上司があなたより若いというのも普通でしょう。

そうすると、標準的なキャリアはなくなってしまったということです。

標準モデルはないので、あなたが作らなければいけません。

 

これはライフプラン・ライフデザインとも呼ばれています。

仕事の位置づけも人によって変わるでしょう。

パートやアルバイトで良いという人に転職理由は重要ですといっても、響きませんからね。

 

このブログでは、正社員での転職を目指す方向けの情報を提供しています。

そのような方は仕事の位置づけはとても高いと思います。

少なくとも【生活のために働く】ではないでしょう。

【社会へ帰属したい】ためでもないでしょう。

 

やはり【自己実現】のために、働いていらっしゃるのではないでしょうか?

その自己実現が何なのか?

それが転職理由であり、キャリアビジョンです。

 

適切な転職方法を知っているか?

転職活動に入る前に、どんな手段での転職方法があるのかは調べておきましょう。

各転職方法においても、メリット、デメリットがあります。

比較してみましょう。

 ハローワーク転職サイト転職エージェント
求人年齢制限がない20代向けの求人が多い優良な非公開求人が多い
応募自分で行うウェブサイトから自分で行うコンサルタントが代行
キャリア相談一応あるなしコンサルタントが行う
書類添削なしなしコンサルタントが行う
面接日程調整自分で行う自分で行うコンサルタントが調整
対策自分で行う対策が書かれている場合もあるコンサルタントと対策
入社交渉自分で行う自分で行うコンサルタントが交渉
退職面接交渉自分で行う自分で行うコンサルタントがアドバイス

このように転職方法には特色があります。

転職エージェントを使わないと損だなというのは、お分かりかと思いますが。

転職エージェントの登録からの流れは?に書いたようにまずはあなたに担当コンサルタントがつきます。

 

コンサルタントは有能な秘書のようなものです。

求人紹介から応募書類の添削、応募手続き、面接日程調整、待遇交渉、円満退職のアドバイスなど実に多くのサポートが受けられます。

コンサルタントにあなたのキャリアをきちんと理解してもらうことが転職エージェントを上手く利用する秘訣です。

相性もありますので、複数社への登録をおすすめします。

最初は大手に登録するのが良いでしょう。

慣れてきたら、あなたの職種に特化した転職エージェントを探して、利用してみましょう。


 10万件の企業口コミ。キャリコネ


【リクルートエージェント】


絶対に登録しておきたい転職エージェント8選!

トップへ戻る

業界最大手の転職エージェントです。非公開求人だけでも20万件以上保有するのはここだけです。専門コンサルタントがあなたの転職を全力でバックアップします。転職初心者にも使いやすいエージェントですので、キャリア相談や求人を紹介してもらうのに有効活用してください。私自身も最初の転職のときに使った最初の転職エージェントです。コンサルタントの方がとても親切で助かったのを今でも覚えています。これについては相性がありますので、担当者が自分に合わない場合はすぐに変更可能です。ウェブサイトから手続き出来ますので、気を使う必要もありませんしね。

dodaは転職エージェントと転職サイトからの応募が一括管理できるのでとても便利です。エージェント紹介求人画面と転職サイト求人とは分かれていますので、迷うことはありません。私もリクルートエージェントとdodaは転職活動開始後、自己分析が終わったらすぐに利用しました。転職サイトからのスカウトや転職エージェントからの求人紹介がメールでかなりの数ありますので、見逃さないような工夫は必要です。求人は生き物ですから。

転職エージェントは通常求人獲得する営業担当と求職者のサポートを行うキャリアアドバイザーとで分業制をとっています。ここの転職エージェントは一人のコンサルタントが営業から求職者への転職支援を行う一気通貫体制をとりますので、アドバイザーが求人情報についてとても詳しいメリットがあります。あなたの転職支援を一人のコンサルタントが全てワンストップで担当するメリットとしてはほかにも求人のマッチングがとれないリスクがとても低いことなどが挙げられます。分業制をとるリクルートエージェントやdodaと合わせて使うとどちらがあなたに合うかわかると思います。

ハイスペック求人を取り揃えた転職エージェントで外資系求人に強いことでも有名です。当然ながら高年収求人ばかりですので、高スキルで高年収を目的に転職する方はぜひ使いたい転職エージェントです。ミドル・ハイクラスに特化した転職エージェントですので、それ以外の方は別のところを利用した方が良いでしょう。

マイナビが運営する20代に特化した転職エージェントです。第二新卒の方には最適でしょう。求人の量よりも質にこだわっていますので、求人紹介数が多いリクルートエージェントやdodaと合わせて使いたいところですね。20代の方以外は別の転職エージェントを使った方が良いでしょう。

ビズリーチはヘッドハンティング型転職サイトです。掲載されている求人は企業や中堅転職エージェント保有の求人が多いですね。ヘッドハンターからのオファーで思わぬ求人に出会える可能性が広がります。1000万円以上の求人が殆どですので、いわゆる転職サイトとは一線を画します。オファーを待つだけでも価値があるでしょう。

ワークポートは元々はIT特化型転職エージェントで、現在は幅広い求人を扱う総合型転職エージェントです。ですのでIT関係の求人に強みを発揮し、未経験からのエンジニアへの転職もサポートしています。もう一つの特徴は営業部隊が求人を毎日新規開拓しているということです。新鮮な求人を紹介することで常に生きている求人15000件を確保しています。求人は生き物ですからできるだけ新鮮な方が良いのです。転職決定人数が第一位のワークポートについてはさまざまな評判があります。しかしそのほとんどが担当コンサルタントとの相性の問題なのです。常に新鮮な求人を保有している転職エージェントは他にはありません。使わないともったいないエージェントですよ。

この転職エージェントは東京・神奈川・埼玉・千葉の首都圏エリアに特化しています。特徴としてはそんなに大手ではないので、その分サポートが手厚いということが挙げられます。大手の転職エージェントでは物足りない部分はtype転職エージェントで十分補えるはずです。この転職エージェントで転職した方の71%が年収アップを実現しています。満点の転職エージェントはありません。各々の特徴を把握しながら、上手く利用していきましょう。

ニュースレターを購読する

新規記事を誰よりも早くお届けします!



タイトルとURLをコピーしました