転職エージェントを上手く使う5つのポイント【求人推薦される方法】

転職エージェント
この記事は約8分で読めます。
Sponsored Links

転職エージェントは利用方法次第では、最も楽に良いところに転職可能です。使い方の基本を本記事ではとりあげます。

Sponsored Links

転職エージェントを上手く使う5つのポイント【求人推薦される方法】

 

転職エージェントを使う目的は、あなたの所有スキルと転職の目的に相応しい求人を紹介してもらうことです。

そのためにはエージェントが企業へ推薦する上位候補者はあなたであることが理想です。

 

転職エージェントから優良な求人を紹介してもらうためには、あなたのスキルもありますが、担当コンサルタントとのコミュニケーションがきわめて重要となります。

スムーズに転職をおこなうためには退職交渉もとても重要ですので、それも含めて以下の5つのポイントをおさえて、転職エージェントを利用しましょう。

 

  • コンサルタントとこまめにコンタクトをとる
  • 紹介された求人はできるだけ前向きに検討する
  • 希望条件はハッキリと伝える
  • can,want,mustを情報共有する
  • 年収交渉は徹底的に、円満退社のアドバイスも

 

一つずつ解説します。

 

 

コンサルタントとこまめにコンタクトをとる【1】

転職エージェントのコンサルタント

 

転職エージェントの売りは何といっても、あなたに担当のコンサルタントがつくことです。

コンサルタントはあなたに転職のプロの目線から的確なアドバイスをしてくれます。

 

転職アドバイスだけでなく、応募手続き、給与交渉などの転職支援サービスも行います。

いわばあなたにとって有能な秘書がつくようなものですね。

 

良い求人を紹介してもらうためには、あなたのキャリアを理解してもらう必要があります。

キャリア相談、面談が最も重要です。

 

あなたが何が出来るのかをコンサルタントに見極めてもらい、転職市場価値をきちんと判断してもらうためです。

コンサルタントが事前に想定していたあなたのスキルとピッタリであったときには、面談のその場で何件か求人を紹介してもらえるでしょう。

 

求人紹介がない場合でも、あきらめる必要はありません。

エージェントと定期的にコミュニケーションをとることです。

 

誰でもできる転職エージェントの紹介求人数を増やす方法に書いたようにこまめにコンタクトをとることによって、タイミングよく良い求人を紹介してもらえる確率が上がります。

 

誰でもできる転職エージェントの求人紹介数を増やす3つの方法とは?
転職エージェントに登録したけど、求人がなかなか紹介されないなぁ、とお悩みの方にきっと役立つ情報です。私も初めての転職のときに失敗したからです。失敗から学んだ例とも言えます。知っているだけで転職活動は強いです。情報収集はこまめに行いましょう。

 

これだけでも求人紹介される機会、チャンスが増えます。

コンサルタントも人間だからです。

 

求人紹介が増えれば、選択肢も増えることになります。

その中からあなたは応募を検討すれば良いのです。

 

求人紹介されないことには、転職エージェントの利用価値はあまりないと言えます。

求人紹介されるための対策は極めて重要です。

 

 

リクルートエージェント

 

 

 

紹介された求人はできるだけ前向きに検討する【2】

 

まずはなぜ転職エージェントは無料で利用できるのか?にも書きましたが、転職エージェントのビジネスモデルについて説明します。

 

なぜ転職エージェントは無料で利用できるのか?【ビジネスモデルに起因】
転職エージェントといえば、転職活動でなくてはならないものです。さまざまなサービスがあるのですが、利用料は無料です。それはなぜでしょうか?

 

転職エージェントのビジネスモデルを理解することでエージェントを上手く利用できるからです。

実はとてもシンプルです。

 

✅企業がエージェントに求人依頼をします。

✅エージェントは求められているスキルに近い転職希望者を探し、求人紹介します。

✅ 企業に候補者を紹介します。

✅ 企業での選考後、転職希望者と雇用契約を結びます。

✅ 転職希望者が入社したあと、想定年収の3割程度を紹介手数料として、企業に請求します。

 

つまり、転職エージェントの売り上げは転職希望者が転職成功しない限りゼロなんです。

転職エージェントが利益を得る仕組みをよく理解しておきましょう。

 

転職エージェントのビジネスモデルを理解して、使うことはとても重要です。

例えばコンサルタントが求人紹介しても、求職者が応募をなかなかしてくれず、売り上げが期待できない場合、その転職希望者に対しては、そっけなくなるのは事実でしょう。

 

最悪、新人コンサルタントに担当者が変わったりします。

転職エージェントの利益に関わるので、それは仕方がないことです。

 

それを防ぐにはこちらも希望条件を厳しくし過ぎないことが必要です。

入社するかどうかはともかく、できるだけ紹介された求人については前向きに応募してみることです。

 

応募を繰り返すことで、あなたの強みをコンサルタントも深く理解できてきます。

それに積極的に転職を考えていることをアピールし続ければ、あなたにとってもメリットがあります。

 

求人紹介の数と質が上がっていくからです。

コンサルタントにとって、あなたが上位候補者になれば、良い求人が数多く紹介されるはずです。

 

あなたはエージェントにとっては企業に売り込む商品です。

価値のある存在になって、良い求人を紹介してもらいましょう。

 

 

リクルートエージェント

 

 

 

希望条件はハッキリと伝える【3】

 

転職エージェントに登録すると、最初にキャリア相談、面談があります。

いわば、企業面接のようなものです。

 

面談であなたはエージェントに自己紹介後、希望職種などを質問されますので、回答していきます。

その時に譲っても良いもの、譲れないものと優先順位があると思うんです。

 

例えば、年収はこれ以下は譲れないとか、勤務地は通える範囲にしてくれとかです。

エージェントは企業に推薦できる人か?ということも見ていますので、社会人としてのマナーには気をつけてください。

 

社会人としてのマナーを守ったうえで、あなたの希望条件はハッキリと伝えることがとても重要です。

しかし、この希望条件はなるべく少ない方が良いのです。

 

紹介される求人数に影響するからです。

希望条件はどうしても譲れないことだけを伝えるようにしましょう。

 

あれもこれもと希望すると選択肢は狭くなってしまいます。

結果として、求人紹介はかなり少なくなるでしょう。

 

転職エージェントを利用するコツは、求人を出来るだけ紹介してもらうことです。

最初のキャリア面談でコンサルタントもあなたのスキルを全ては理解できていないので、応募を断る際にも、きちんと理由を伝えれば、軌道修正をしてくれますよ。

 

 

リクルートエージェント

 

 

 

can,want,mustを情報共有する【4】

 

あなたが進むべき軸としては、あなたができること(can)、やりたいこと(want)、やるべきこと(must)の重なり合う部分であることが理想です。

どれかに偏っていたとしても、三つの要素が重なっている求人であれば、転職したあとも、うまくやっていけるでしょう。

 

それが全くの未経験であれば、canの要素がなく、wantが殆どという状態です。

このままで転職するのは難しいので、さまざまなスクールに通うこともありです。

 

それによって、canがゼロでなくなるからです。

mustというのは、あなたが好きではなくても、求められることです。

 

努力しなくても得意なことということなので、この部分は活かすべきです。

キャリアの棚卸しをしっかり行う効果とは?で書いたようにキャリアの棚卸しを行う必要があります。

 

キャリアの棚卸しをしっかり行う効果とは?
転職活動はキャリアの棚卸しから始まると言われています。この作業をしっかり行うことで、その先がかなり楽になります。どのような効果があるのでしょうか?それは………

 

このcan,want,mustをエージェントと情報共有することで、紹介される求人のミスマッチが少なくなります。

これはぜひ行ってください。

 

転職エージェントというのは、登録しただけではもったいないです。

徹底的に利用し、使いこなしましょう。

 

 

リクルートエージェント

 

 

 

年収交渉は徹底的に、円満退社のアドバイスも【5】

 

転職エージェントの売り上げは、あなたが転職した時の想定年収の3割程度です。

エージェントとしては売り上げを上げるために、あなたの年収交渉をしてくれますが、企業がそれで内定取り消しにするとまずいので、限界はあります。

 

当然あなたが100%満足のいく額でないことが多いでしょう。

しかし事前に希望年収を伝えておくことは効果的です。

 

エージェントは転職のプロです。

希望金額がわかっていれば、交渉の仕方も当然変わります。

 

結果として、希望年収に近いものになるはずです。

年収交渉は直接応募ではとても難しいと思います。

 

ハローワークや転職サイトでの転職で年収交渉したという話はあまり聞きません。

個人が企業と年収交渉をするのはきわめてハードルが高いと言えるでしょう。

 

年収交渉もそうですが、円満退社についても転職エージェントはノウハウを多く持っていますので、アドバイスしてもらいましょう。

退職交渉はあなたが会社と行う必要があります。

 

事前にアドバイスをもらっていないとやってはいけないことをしてしまったりします。

決まった手順で退職交渉は行う必要があります。

 

退職交渉で絶対やってはいけない5つのこととは?【失敗しないため】
転職活動の本当の山場は内定が出てからの退職交渉です。やるべきことと、やってはいけないことが明確なのに、その通りに行動せずに、自分の首を絞める場合があります。やってはいけないことは、最低限頭に入れておきましょう。

 

円満退職のために事前にアドバイスを得ることはとても有益と言えるでしょう。

 

このように5つのポイントを念頭に転職エージェントを使うことが、転職活動成功の秘訣です。

 

 

リクルートエージェント

 

【転職失敗しない】総合型転職エージェント8選【おすすめ】
本ブログでは転職活動では転職エージェントを使うことを強く、推奨しています。どこに登録したら良いかわからないというお問い合わせを良く頂きますので、転職活動で役に立つおすすめの転職エージェントをご紹介いたします。

 

【失敗しない】おすすめの転職エージェント12選【デメリットなし】
おすすめの転職エージェントを教えてほしい。転職エージェントのメリットやデメリットを知りたい。転職エージェントを使う上での注意点がわかれば不安はなくなるから、ぜひ知りたい。これらの疑問やお悩みにお答えします。

 

 

トップへ戻る

業界最大手の転職エージェントです。非公開求人だけでも20万件以上保有するのはここだけです。専門コンサルタントがあなたの転職を全力でバックアップします。転職初心者にも使いやすいエージェントですので、キャリア相談や求人を紹介してもらうのに有効活用してください。私自身も最初の転職のときに使った最初の転職エージェントです。コンサルタントの方がとても親切で助かったのを今でも覚えています。これについては相性がありますので、担当者が自分に合わない場合はすぐに変更可能です。ウェブサイトから手続き出来ますので、気を使う必要もありませんしね。

dodaは転職エージェントと転職サイトからの応募が一括管理できるのでとても便利です。エージェント紹介求人画面と転職サイト求人とは分かれていますので、迷うことはありません。私もリクルートエージェントとdodaは転職活動開始後、自己分析が終わったらすぐに利用しました。転職サイトからのスカウトや転職エージェントからの求人紹介がメールでかなりの数ありますので、見逃さないような工夫は必要です。求人は生き物ですから。

ビズリーチはヘッドハンティング型転職サイトです。掲載されている求人は企業や中堅転職エージェント保有の求人が多いですね。さらに掲載されていない非公開求人についてはヘッドハンターからのオファーという形で出会える可能性が大きく広がります。1000万円以上の非公開求人が殆どですので、いわゆる転職サイトとは一線を画します。オファーを待つだけでも価値があるでしょう。

CAREER CARVER

キャリアカーバーはリクルートが運営するハイクラス向けの転職サイトです。転職後の平均年収の実績は942万円です。リクルートだから実現できる高年収とも言えます。実に多くの転職エージェントと提携しているため、ヘッドハンターの数も半端ないです。求人の質はとても高いものなので、そんなにオファーはないので転職を急がない方や良いところがあったら転職を考えようというスタンスの方には最適だと思います。

リクナビネクストは転職活動中のほぼ全員が使っているリクルートが運営する転職サイトです。登録はとても簡単ですし、求人検索などの基本的な機能もとても使いやすいので初心者向けとも言えます。転職をすると決めたら、まずはここから使いましょう。

この転職サイトはきちんと20代向けと断っているところが良心的です。年齢で応募しても無駄だったということが転職サイトの求人には多いからです。20代の方であれば気軽に使える転職サイトとなっています。レコメンドされる求人の中から興味あるものを答えていくことで、AIがあなたの転職に関する価値観を分析していきます。使い込むうちにだんだんと興味のある求人が増えていくでしょう。気軽に使ってみてください。

Re就活は20代向けの求人が多い転職サイトです。登録者数も20代が多いので、まだご存知でない方は一度サイトを見てみることをおすすめします。思わぬ求人に出会えるかもしれませんよ。

口コミサイトでは最も有名です。会社の評判、年収などの口コミ情報を見るのには最適です。求人への応募の際には口コミチェックは欠かせません。転職会議を確認すればまずは評判については大丈夫です。

Sponsored Links