【転職の常識?】職務経歴書に志望動機・自己PRを書くべきか?

履歴書・職務経歴書
この記事は約5分で読めます。
Sponsored Links

何度か取り上げている職務経歴書に書くべき項目。中でも志望動機と自己PRについてはみなさん書くかどうか迷われているようです。本ブログのまとめ記事になってしまいますが、コンパクトに書きますね。

Sponsored Links

志望動機は履歴書に

志望動機は履歴書に

 

職務経歴書に志望動機を書く必要はあるか?に書いたように職務経歴書に志望動機を書く方を時々みかけますが、合否に影響ないので書かないほうがよいです。

あなたの今までの職務経歴を書くだけでも結構な枚数になってしまうのではないでしょうか?

 

職務経歴書に志望動機を書く必要はあるか?
職務経歴書に【自己PR】は不要だと以前書きました。今回は志望動機について、考えてみましょう。

 

書類選考の合否に影響ない項目はできるだけ書かずに、必要最低限だけで良いのです。

 

職務経歴書を書く際には以下のことを最低限気をつければよいでしょう。

 

  • 簡潔に書く
  • 表形式で見やすく書く
  • 枚数も考慮して書く

 

職務経歴書は「2枚でまとめよ」というのは本当か?に書いたように40代の方が2枚でまとめるのは無理です。

 

職務経歴書は「2枚でまとめよ」というのは本当か?
今回の記事は、職務経歴書の常識、非常識の一つである枚数について考えてみましょう。

 

管理職経験者の40代であれば4枚くらいは書けるはずです。

ちなみに20代は2枚、30代は3枚を目安に書いてください。

 

これくらいの枚数にまとめるためには志望動機を書くスペースはないんですね。

すでに履歴書で志望動機を書くところがありますよね?

 

志望動機は履歴書にあなたの気持ちを込めて書けば十分なのです。

職務経歴書は定量的なデータに基づいた実績が中心になります。

その意味でも志望動機を職務経歴書に書くのはピントがずれるんです。

 

履歴書と職務経歴書とで書く内容がダブってしまうのも良くありません。

履歴書には住所、電話番号、学歴などの個人情報を書きますが、職務経歴書にはあなたの名前を書くだけですよね?

 

その理由はできるだけ各項目・情報をダブらせないためです。

知らず知らずのうちにあなたは出来ているかもしれませんが、全てに書く理由・書かない理由があるんですね。

 

あなたのことを知ってもらうためにはできるだけ情報を色々な角度から採用担当者に読んでもらう必要があります。

履歴書で書いたことを職務経歴書で書くともったいないです。

職務経歴書には履歴書に書いていないこと、つまり、職務経歴を詳しく書くようにしましょう。

 

 

自己PRよりはコアスキルを

自己PRよりはコアスキルを

 

職務経歴書に自己PRは必要?誰でもできる職務経歴書の作成方法!にもすでに書いたことですが、職務経歴書の構成はほぼ決まっています。

上図のような構成となっており、自己PRは必要ありません。

 

職務経歴書に自己PRを書かないでも良いのか?
職務経歴書には必ず自己PRを書くべきと転職本に書かれていることを常識として受け止めていませんか?実はこれこそ常識を疑うべきことなのです。
誰でもできる職務経歴書の作成手順
職務経歴書の作成は履歴書とは比べ物にならないくらいの手間と時間がかかります。本コラムでは、出来るだけ短時間に作成することを目指します。

 

ただしコアスキルはとても重要な項目です。

コアスキルと自己PRは似ているようで違います。

 

「営業成績●●億円上げた」とか「生産性を30%向上させるために○○の開発を行った」などのように実績が数値化できるスキルはコアスキルです。

採用担当者もイメージしやすいからです。

 

一方、「人柄が良い」「何でも一生懸命にやる」などの実績が不明なアピールは自己PRということになります。

この場合は調整力というヒューマンスキルをできるだけわかりやすく売り上げに結び付けることが大切です。

 

企業は利益団体です。

売り上げに貢献していないように見える人は企業にとって魅力的ではないのです。

 

勘の良いあなたならもうおわかりだと思います。

職務経歴書には「客観的な実績」だけを書くようにしてください。

見せ方、書き方次第で同じ実績でもずいぶん変わると思います。

転職のプロである転職エージェントのアドバイスを受けることは必要だと思います。

 

職務経歴書の目的が「募集要項」に合うスキルを持っている人物かを審査するためなのです。

あなたの応募する際の熱意は履歴書に書くべきで、職務経歴書に書いてはいけません。

 

そこを混同すると履歴書と職務経歴書のどちらの完成度も低い応募書類となってしまいます。

あくまでも職務経歴書には「客観的データに基づくこと」を書きましょう。

 

リクルートエージェント

 

 

職務経歴書に志望動機・自己PRを書くべきか?

職務経歴書に志望動機・自己PRを書くべきか?

 

もうお分かりかと思います。

志望動機や自己PRは履歴書に書く方がずっと効果があります。

 

職務経歴書はあなたのスペックを書いたものです。

ある意味冷たく感じられるものです。

 

職務経歴書に熱意を込めた志望動機や自己PRを書いてしまうと浮いてしまいます。

少なくとも採用担当者である私は減点はしませんが、加点もしません。

 

読んでいないといった方が正しいでしょうか?

 

転職活動の貴重な時間を割いて、職務経歴書に志望動機や自己PRを書くのはもったいないのでやめましょう。

 

転職エージェントのメリット・デメリット【おすすめ12社を使う】
転職媒体の中心ともいうべき転職エージェントですが、どんなメリットがあるのかわからない、逆にデメリットも多くあるんじゃないか?など実に数多くのお問い合わせを頂いています。ここでは本ブログのテーマである転職エージェントのメリット・デメリットと転...

 

トップへ戻る

業界最大手の転職エージェントです。非公開求人だけでも20万件以上保有するのはここだけです。専門コンサルタントがあなたの転職を全力でバックアップします。転職初心者にも使いやすいエージェントですので、キャリア相談や求人を紹介してもらうのに有効活用してください。私自身も最初の転職のときに使った最初の転職エージェントです。コンサルタントの方がとても親切で助かったのを今でも覚えています。これについては相性がありますので、担当者が自分に合わない場合はすぐに変更可能です。ウェブサイトから手続き出来ますので、気を使う必要もありませんしね。

dodaは転職エージェントと転職サイトからの応募が一括管理できるのでとても便利です。エージェント紹介求人画面と転職サイト求人とは分かれていますので、迷うことはありません。私もリクルートエージェントとdodaは転職活動開始後、自己分析が終わったらすぐに利用しました。転職サイトからのスカウトや転職エージェントからの求人紹介がメールでかなりの数ありますので、見逃さないような工夫は必要です。求人は生き物ですから。

ビズリーチはヘッドハンティング型転職サイトです。掲載されている求人は企業や中堅転職エージェント保有の求人が多いですね。さらに掲載されていない非公開求人についてはヘッドハンターからのオファーという形で出会える可能性が大きく広がります。1000万円以上の非公開求人が殆どですので、いわゆる転職サイトとは一線を画します。オファーを待つだけでも価値があるでしょう。

マイナビが運営する20代に特化した転職エージェントです。第二新卒の方には最適でしょう。求人の量よりも質にこだわっていますので、求人紹介数が多いリクルートエージェントやdodaと合わせて使いたいところですね。20代の方以外は別の転職エージェントを使った方が良いでしょう。

Sponsored Links
タイトルとURLをコピーしました