キャリアの棚卸しを手抜きするとどうなるか?


【キャリアの棚卸し】が転職活動を進める上で、重要なことはわかっている方が多いんですが、間違った対応をすると、とても非効率な転職活動となります。一体どうなってしまうのでしょうか?

【キャリアの棚卸し】の目的は何でしょうか?

転職活動を始めるにあたって、【キャリアの棚卸し】が最初の作業となります。

【キャリアの棚卸し】とは、今までいつ、どこで、何を、どのように、実績を出したか?をメインに書き出す作業です。

それが、【職務経歴書】のもととなります。

今までの実績を自己評価することで、あなたの強みがわかり、アピールポイントになります。

それは、書類選考対策、面接対策になりますね。

そして、今までのキャリアを書き出したと同時に、これからどうしたいかのビジョンも書き出します。

これは【転職理由】や【志望動機】、最終面接対策にもなりますね。

つまり、【キャリアの棚卸し】をきちんと行わないと、転職活動のさまざまな対策が効率よく出来ません。

【キャリアの棚卸し】を中途半端にしたまま、応募書類を作成したらどうなってしまうでしょう?

 

【転職の方向性】が決まらない

【転職の方向性】は【転職理由】と一体のものです。

なので、転職活動で最も重要な【転職理由】が定まりません。

【退職理由】はなんとなくわかるでしょう。

ですが、【転職理由】は何となくではいけません。

これがきちんと相手にも自分にも納得できるようには説得出来なければ、転職活動で苦戦することは、自明だからです。

これからどうなりたいのか?が明確になっていないと、どのような方向性で転職活動をするかが決まりません。

つまり、【転職の方向性】が決まらないんです。

【転職の方向性】は【キャリアビジョン】とも、呼ばれています。

つまり、あなたが将来どうなりたいか?

というビジョンのことです。

これに従って、応募する求人の方針も決まります。

何となく、転職サイトで求人検索するにしても、検索条件は指定すると思います。

それが【転職の方向性】に近いものですが、場当たり的に求人検索していたのでは、どこを目指して、転職活動しているのかわからなくなります。

 

希望する転職が実現出来ない!

JAC Recruitmentオリジナルのキャリアの棚卸しシート

【転職の方向性】が決まらないということは、【転職理由】も決まらないということです。

先程、触れたこととダブりますが、重要なことです。

本ブログでも何度も繰り返し、書いていることです。

【転職理由】が決まらないと、【志望動機】も決まりません。

ですので、書類選考、面接通過はとても難しいです。

これほど【キャリアの棚卸し】は、影響範囲が広いのです。

上図を見ていただければ、どれだけ重要かお分かりでしょう。

確かに数週間はかかってしまうと思います。

ですが、最初にクリアにしておくことで、ひょっとしたら、転職する必要はないということがわかる可能性もあるのです。

無理やり転職活動をするのは、ご本人にも、転職先にもunhappyですよね。

お互いwinwinの関係でなければ、転職はうまくいきません。

作業量として、最も大変で重要な【キャリアの棚卸し】はおろそかにせず、きちんと行ってくださいね。

面接のたびに、転職理由を振り返るのは効率的ではないですし、本末転倒ですよね。

転職エージェントでは、キャリアの棚卸しはやってくれませんが、添削はしてくれます。

間違った方向に進まないためにも、第三者の目は大事だと思います。


 【パソナキャリア】に無料で仕事を探してもらう


トップへ戻る

転職に関するご質問は何でもお気軽にどうぞ。









本日のランキングクリックありがとうございました(^^)/

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職情報・転職サイトへ

ニュースレターを購読する

新規記事を誰よりも早くお届けします!