会社がブラックで辞めたい時は逃げ出そう【仕事はいくらでもある】

退職
この記事は約7分で読めます。
Sponsored Links

 

 

会社がブラックで辞めたいで悩んでいる人「会社がブラック企業で耐え難い。もう限界だ。辞めたいがパワハラ上司に言うのはとても怖い。何とかならないだろうか?」

 

上記のお悩み・疑問にお答えします。

Sponsored Links

 

先ほど、こんなツイートをしました。

 

ブラック企業に無理して働くことはない。精神がぼろぼろになるだけ。生活するのに困らないインフラは日本は整備されています。まずはブラックから逃げること。転職はそれからでも十分間に合う。

 

5分ほどで読める記事ですので、しばらくお付き合いください。

 

  • 会社がブラックで辞めたい時は逃げ出そう【仕事はいくらでもある】
  • 会社がブラックで辞めたいときにすべきこと【超簡単です】
  • 退職代行ガーディアンは労働組合法人なので、会社と交渉可能

 

では一つずつ解説します。

 

 

会社がブラックで辞めたい時は逃げ出そう【仕事はいくらでもある】

 

結論「会社が辛ければ、辞めればよい。人生何とかなるもの。」

 

会社がブラックで毎日のようにパワハラにあっていると辛いですよね。

筆者の元同僚も同じ悩みを抱えていたのでよくわかります。

 

なぜパワハラって、横行するんでしょうか?

ぶっちゃけ職場によるといえます。

 

パワハラやセクハラが横行している職場は間違いなく「ブラック企業」です。

ブラック企業で働き続ける意味はどこにあるでしょうか?

 

ブラック企業からは一日でも早く逃げるのが得策です。

それでも働き続けようとする原因は以下のようなものがあるのではないでしょうか?

 

  • ブラックでも給料をもらえるので、生活の糧を失うのがこわい。
  • 会社を辞めたとしたら、転職可能か不安。
  • パワハラ上司に退職の意思表示をするのがこわい。

 

たしかにブラック企業の上司に辞めると言うのはこわいかもしれません。

もしそのような状態にあるのであれば、あなたの精神はけっこう病んでいる可能性があります。

 

精神が病んでいなければ、会社に退職の意思表示は普通にできるんです。

ブラック企業に社畜として働き続けた結果、心身ともに病んでしまっているとも言えます。

 

このようなブラック企業は一日も早く逃げ出しましょう。

あなたの精神が病んでいては転職活動もできません。

 

仕事を辞めたとしても国から「失業手当」が出ますので当面の間は休んでも問題ないです。

心身ともに健康を取り戻すことが先決です。

 

仕事は贅沢しなければたくさんありますので、悩む必要はないです。

生活するだけなら転職も問題なくできるはずです。

 

転職面接で前職がブラックだったことは必要以上に言う必要はないです。

このあたりの対策は転職エージェントに相談してみるといいでしょう。

 

リクルートエージェントやdodaなどの総合型転職エージェントはキャリアを活かした転職が多いです。

それよりはフリーターやニート向けの転職エージェントに相談してみることをおすすめします。

 

例えば以下の転職エージェントは離職期間が長くなってしまった方、フリーター、ニート向けのものです。

ほとんどが書類選考なしで求人紹介される転職エージェントです。

 

就職Shop
DYM就職
【第二新卒エージェントneo】
ハタラクティブ
就職支援のJAIC(ジェイック)JAIC

 

会社がブラックで辛いときは無理していく必要はないです。失業手当をもらいながら仕事を探せばいいですし、フリーター・ニート向けの転職エージェントに相談するのがおすすめです。日本は何とか生活できるものです。まずはブラック企業を辞めることを考えましょう。

 

 

会社がブラックで辞めたいときにすべきこと【超簡単です】

 

結論「会社がブラックで退職を言い出しづらければ、退職代行を使おう」

 

会社を退職するときには「退職願」を提出する方法と「退職届」を出す方法があります。

まずは退職願を会社に提出して円満退職ができるように交渉しましょう。

 

 

ブラック企業で働いている場合の円満退職するのは難しいかもです。

ですが、退職することなら簡単です。

 

民法によって労働者は自由に会社を辞めることができます。

具体的には労働者はいつでも解約の申し入れが可能で、2週間経過で労働契約は終了します。

 

労働契約の申し入れは雇用主の許可もいりません。

ただ念のため、退職届を会社に提出するのがよいでしょう。

 

ブラック企業はなおさら「辞めるなんて聞いていない」と言いそうです。

法律では辞めることができても、ブラック企業と縁が切れないのでは大変です。

 

そんな時は「退職代行」サービスを使うのがおすすめです。

お金は3万円程度かかりますが、ブラック企業から退職できる手切れ金と考えれば安いものです。

 

退職代行サービスは退職届を会社に届けてくれます。

あなたは会社に行くことなく、一日で退職可能です。

 

退職代行の選び方には注意が必要です。

退職代行は「退職を伝える」こと以外は原則できません。

 

会社と交渉をしたい場合は弁護士か労働組合に頼む必要があります。

退職代行を選ぶときは「どこまでできるのか」確認してから依頼しましょう。

 

ブラック企業を辞める方法は意外と簡単です。退職届を会社に出すだけです。労働者は一方的に労働契約の解約が可能です。それでも退職できない場合は退職代行を使いましょう。一日で退職できます。

 

 

退職代行ガーディアンは労働組合法人なので、会社と交渉可能

 

結論「退職代行ガーディアンは労働組合なので、会社と交渉も可能」

 

退職代行を選ぶときは筆者としては会社と交渉可能なサービスを選ぶことをおすすめします。

株式会社の場合は先ほども書きましたが「退職の意思を会社に伝えるだけ」になります。

 

それ以上のサービスをすると弁護士法に違反してしまい、退職どころかトラブルに巻き込まれかねません。

労働組合か弁護士が運営する退職代行に依頼するのが間違いないです。

 

退職代行ガーディアンは「東京都労働委員会に認証されている法適合の合同労働組合」が運営していますので、違法性なく安心・確実に退職できます。

円満退職の意向があれば、そのように会社と交渉できます。

 

弁護士に依頼しても良いですが、少々お値段がかかります。

いずれにしても代理人として交渉可能な点が退職代行ガーディアンの良い点です。

 

それでも費用は一律\29,800です。

追加料金は一切かかりません。

 

相談も組合員期間はLINEや電話で回数無制限で受け付けています。

退職までの流れは以下の通りでとても簡単です。

 

  • LINEや電話で相談
  • 支払い:クレジットカード、銀行振込
  • 退職

 

面談は不要です。

相談~退職すべてスマホでご利用いただけます。

 

退職代行ガーディアンは労働組合なので、弁護士法に違反することなく会社と交渉ができます。ただ退職の意思を会社に伝えるだけでなく、円満退職できるように交渉可能です。弁護士に依頼するのも可能ですが、割高となります。退職代行ガーディアンは追加料金なしの一律\29,800です。

 

退職代行ガーディアン以外にも弁護士事務所が運営しているところがあります。

また退職代行として最も歴史があるところは弁護士法違反を犯すとは思えませんので、紹介しておきます。

 

退職代行ガーディアン
退職代行ニコイチ
汐留パートナーズ法律事務所の退職代行サービス

 

 

 

Sponsored Links

コメント