採用担当者に読まれる職務経歴書とは?【見せ方のテクニックです】

履歴書・職務経歴書
この記事は約5分で読めます。
Sponsored Links

応募書類の中でも職務経歴書は読まれるかどうかが第一関門です。内容が充実していることは前提として、読ませるためのテクニックを考えてみましょう。

Sponsored Links

採用担当者に読まれる職務経歴書とは?

 

【3秒ルール】をご存知でしょうか?

見た目の第1印象、数秒で読むか読まないか、人は決めるそうです。

 

ちなみに私は採用担当者を経験していますので、読みにくい職務経歴書を山ほど見てきました。

 

採用担当の経験も踏まえて、「採用担当者に読まれる職務経歴書」を解説しますね。

 

例として、2つの職務経歴書を作ってみました。

内容は同じことが書かれています。

 

その場合、どちらの方が見やすい職務経歴書でしょうか?

左側は読まれないでシュレッダー行きかもしれませんね。

 

ほとんどの人が右側の職務経歴書を選ぶのではないでしょうか?

これは極端な例ですが、ちょっとしたところで、左側の職務経歴書を書いていたりしませんか?

 

人間、不思議なもので、そのちょっとしたことが不快に感じたりするのだと思います。

書類選考を通過する職務経歴書の3つのポイントとは?に書いたように内容だけでなく見た目も重要なポイントです。

 

 

結論から申し上げますと、職務経歴書は右側のように書けば、採用担当者に読まれます

 

 

職務経歴書の使用フォント・サイズ・年号を目的によって揃える

 

職務経歴書のフォント

 

気づいていらっしゃらない方もいるかもしれません。

右側の職務経歴書は使用するフォントを揃えています。

 

対して、左側の職務経歴書はフォントが違う部分が多々あります。

見ただけではわからないレベルです。

 

無意識のうちに、左側の職務経歴書は「見にくいなぁ」って思ってるのではないでしょうか?

「MSゴシック」「MSPゴシック」「MS明朝体」「MSP明朝体」と代表的なフォントでも4つあります。

 

どれが良いかは好みで決めて構わないと思います。

個人的には職務経歴書のフォントにはゴシック体が適していると思います。

 

等幅フォント(MS)か幅調整フォント(MSP)かは、どちらでもいいと思います。

ただフォントは一貫して同じにすることをおすすめします。

 

例外として、最初の「職務経歴書」に関しては、等幅フォントの強調文字が良いでしょう。

それ以外の職務経歴書の本文についてはフォントを統一する方が見やすいと思いますよ。

 

職務経歴書のフォントにまで気を使えれば「仕事でも気がきく」と期待されます。

結果として、採用担当者に職務経歴書を読んでくれる可能性が高くなるのです。

 

職務経歴書の文字サイズ

 

職務経歴書の文字サイズについては、左側はバラバラですよね。

それに対して、右側の職務経歴書はあるルールで揃えてあります。

 

まずは、1行目は最もサイズを大きくしています。

2行目の名前以降はサイズは揃えてあります。

 

バランスよく見えるように調整することが大事です。

また英数字については、半角サイズにしましょう。

 

全角文字で揃えても良いのですが、英数字だけは例外です。

ビジネスで英数字を全角で書く人はほとんどいません。

 

スタンダードなのは、半角英数字です。

反対に漢字、ひらがな、カタカナは全角で統一します。

 

職務経歴書の文字サイズにまで気を使えれば「仕事でも気がきく」と期待されます。

結果として、採用担当者に職務経歴書を読んでくれる可能性が高くなるのです。

 

職務経歴書の年号は西暦に統一

 

履歴書、職務経歴書とで年号を統一することも、ポイントです。

書類選考や面接の際、採用担当者は履歴書と職務経歴書を対比させながら読みます。

 

その時に履歴書・職務経歴書のどちらかの年号が和暦、西暦で書かれていたらどうでしょう?

採用担当者にとっては、とても読みにくいですよね?

 

履歴書の年号は和暦で書いても違和感はないのですが、職務経歴書の年号が和暦というのは違和感があります。

つまり、履歴書・職務経歴書の年号は西暦で統一するのが読みやすいのです。

 

職務経歴書を年号にまで気を使えれば「仕事でも気がきく」と期待されます。

結果として、採用担当者に職務経歴書を読んでくれる可能性が高くなるのです。

 

 

職務経歴書で表を多用すると見やすくなる

 

職務経歴書で表を多用することで項目と場所が揃い、とても見やすくなります。

結果として、「良い職務経歴書」となります。

 

職務経歴書で表を使わずに箇条書きだけで書いている方が結構いらっしゃいます。

小説ならば構いませんが、職務経歴書は応募先への【プレゼンテーション資料】です。

 

私が書類選考をしていた時には、こういう箇条書きだけのものについては、知らず知らずのうちにきちんと読めていなかったような気がします。

採用担当者が読まなければなにも始まらないので、職務経歴書のデザインは極めて重要です。

 

このように見やすくなるように配慮すると、自然と中身も充実してきます。

読みやすいので、自分でも職務経歴書の添削が進むのです。

 

採用担当者に読まれるレベルの職務経歴書が完成したら、転職エージェントを使わないと損です。

転職エージェント以外の直接応募では、「あなたが何者なのか?」がわかりません。

 

転職エージェントは相応しい候補者であるあなたを企業に推薦状をつけて応募します。

転職エージェント経由で応募することで一歩も二歩もリードすることになるのです。

 

逆にここで「転職エージェントを使う」という行動を起こさないと、転職失敗する可能性だってあります。

リスクはできるだけ最小限にするため、まずは行動しましょう。

 

 

リクルートエージェント

 

 

 

業界最大手の転職エージェントです。非公開求人だけでも20万件以上保有するのはここだけです。専門コンサルタントがあなたの転職を全力でバックアップします。転職初心者にも使いやすいエージェントですので、キャリア相談や求人を紹介してもらうのに有効活用してください。私自身も最初の転職のときに使った最初の転職エージェントです。コンサルタントの方がとても親切で助かったのを今でも覚えています。これについては相性がありますので、担当者が自分に合わない場合はすぐに変更可能です。ウェブサイトから手続き出来ますので、気を使う必要もありませんしね。

dodaは転職エージェントと転職サイトからの応募が一括管理できるのでとても便利です。エージェント紹介求人画面と転職サイト求人とは分かれていますので、迷うことはありません。私もリクルートエージェントとdodaは転職活動開始後、自己分析が終わったらすぐに利用しました。転職サイトからのスカウトや転職エージェントからの求人紹介がメールでかなりの数ありますので、見逃さないような工夫は必要です。求人は生き物ですから。

ビズリーチはヘッドハンティング型転職サイトです。掲載されている求人は企業や中堅転職エージェント保有の求人が多いですね。さらに掲載されていない非公開求人についてはヘッドハンターからのオファーという形で出会える可能性が大きく広がります。1000万円以上の非公開求人が殆どですので、いわゆる転職サイトとは一線を画します。オファーを待つだけでも価値があるでしょう。

CAREER CARVER

キャリアカーバーはリクルートが運営するハイクラス向けの転職サイトです。転職後の平均年収の実績は942万円です。リクルートだから実現できる高年収とも言えます。実に多くの転職エージェントと提携しているため、ヘッドハンターの数も半端ないです。求人の質はとても高いものなので、そんなにオファーはないので転職を急がない方や良いところがあったら転職を考えようというスタンスの方には最適だと思います。

リクナビネクストは転職活動中のほぼ全員が使っているリクルートが運営する転職サイトです。登録はとても簡単ですし、求人検索などの基本的な機能もとても使いやすいので初心者向けとも言えます。転職をすると決めたら、まずはここから使いましょう。

この転職サイトはきちんと20代向けと断っているところが良心的です。年齢で応募しても無駄だったということが転職サイトの求人には多いからです。20代の方であれば気軽に使える転職サイトとなっています。レコメンドされる求人の中から興味あるものを答えていくことで、AIがあなたの転職に関する価値観を分析していきます。使い込むうちにだんだんと興味のある求人が増えていくでしょう。気軽に使ってみてください。

Re就活は20代向けの求人が多い転職サイトです。登録者数も20代が多いので、まだご存知でない方は一度サイトを見てみることをおすすめします。思わぬ求人に出会えるかもしれませんよ。

口コミサイトでは最も有名です。会社の評判、年収などの口コミ情報を見るのには最適です。求人への応募の際には口コミチェックは欠かせません。転職会議を確認すればまずは評判については大丈夫です。

Sponsored Links

コメント