職務経歴書で採用担当が知りたい本当のトコロとは?

履歴書・職務経歴書
この記事は約5分で読めます。

応募書類の中でも、最も重要な職務経歴書。採用担当を経験した私から見た本当に知りたい部分を公開しますね。

時系列で書いてあるか?

職務経歴書はフリーフォーマットです。

自由に書いて良いのですが、私の場合は【見た目】も重視します。

つまり、レイアウトですね。

見やすいレイアウトにする能力はそのままプレゼン能力となります。

会社では、さまざまな場でプレゼンすることが多いので、これは必須です。

見やすい表としてレイアウトし、職務経歴書を書くこと、それも長すぎず、短すぎずに。

これだけでも採用担当の印象は変わりますよ。

シュレッダー行きの確率はぐっと低くなります。

そして、次のポイントは【時系列】で書かれていることです。

✅時系列というのは、職歴の古いものから年代順に書くことです。

これと反対なのは、逆時系列です。

✅逆時系列とは、職歴の現在から過去にさかのぼっていく書き方です。

もうひとつ、キャリア式というのがあります。

✅キャリア式とは、職務ごとにまとめて書く書き方です。

私の利用していた転職エージェントが採用担当者にインタビューした結果もそうですし、私自身もそうですが、【時系列】で書かれたもの以外は、殆ど読みません

なぜか?

【履歴書】は全て時系列で書かれていますよね?

これが一番の理由です。

採用担当者は履歴書で、どの会社でいつ、何年くらい勤めたのかをざっくりと把握します。

それと比較しやすいのは、明らかに【時系列】で書かれている職務経歴書ですよね?

逆時系列では、履歴書と反対に書いてあるので、読むのが面倒です。

キャリア式にいたっては、履歴書と対応はとれていないので、読んだとしても、理解出来ないですね。

読む側の立場を考えられるのは、大事なことなんです。

まずは、内容以前の話を書いたのは、この時点で読む気をなくす職務経歴書があまりにも多いからです。

「そんなこと知っているよ!」とあなたは言うでしょうが、ほとんどの方は、レイアウトも含めて出来ていません。

内容以前の【見た目】が相手に読んでもらうためにまずは、重要です。

 

データに基づき書かれているか?

そして、いよいよ中身です。

採用担当としては、具体的な実績が知りたいわけです。

職務経歴書で多いのは、以下のようなものです。

✅仕事内容の羅列

業務内容がイメージ出来ない

✅在籍している会社でだけ通用する【方言】で書かれている。

これだと読む側は十分あなたの業務のことを理解できませんね。

採用担当としては、以下を知りたいのです。

いつから

いつまで

✅どの会社

✅どの部署

✅どんな職務を(できるだけ具体的に!)

✅どんな立場で(課長、係長、PMなど)

✅どの程度の規模感で(部署の人数など)

✅どのくらいの実績を出したか?

だいたいの職務経歴書には、職務と実績以外は、きちんと書かれているのです。

職務と実績が書かれていても、わかりにくいものが多いです。

職務については、仕事内容まで内容をくだいて書くことが重要です。

転職エージェントや転職サイトでも使うのであれば、なおさらです。

スカウトが来る確率や求人紹介に影響しますから。

内容はニッチになってしまっても、ニーズがあれば、高い評価となります。

ふわっとした内容、例えば、営業とか、経理とか書かれても、どの程度まで出来るのか、読む側はイメージ出来ないですよね?

常に【読む側の立場を考えて書く】ことで、良い職務経歴書になります。

そのためには、きちんとしたデータに基づいて職務経歴書を書くことです。

客観的な事実が知りたいのです。

そこには、【一生懸命】とかはいらないんです。

職務経歴書はあなたの過去の実績をプレゼンする資料です。

どんな環境で仕事をしたのか?

も、もちろん重要で、業務内容をイメージしてもらうことを盛り込むのが、【職務】です。

【実績】は営業でいうと、いくら売り上げ実績があるとか、顧客をいくつ持っているとかの定性的な内容ではなく、あくまで定量的な内容です。

ほかの職種でも、30%生産性向上を実現したとか書けるはずです。

とにかく、採用担当は数字が知りたいのです。

業界やその会社での数字と比べることが出来ますからね。

業界やその職種でよく使う実績を数値として示すことで、あなたの転職市場価値を知ってもらい、面接の機会につなげましょう。

 

自己PRは不要!

先ほど書いたことから導くことができることなのですが、職務経歴書にはあなたの思いは通常の業界でしたら不要です。

一部医療系の職種などでは、重視する場合もあります。

判断に迷う場合は、転職エージェントの担当アドバイザーに従うのが良いです。

エンジニアや営業職のように、実績が書ける場合は、採用担当としてはそれだけを知りたいのです。

人柄については、面接で確認出来ますから、書類選考では、徹底してスキルチェックをするんです。

職務経歴書にたまに、自己PR的なことを書く方がいらっしゃいます。

心掛けているモットーとかです。

これって、実のところあまり読まれないんです。

主観が入っていて、客観性に乏しいからです。

実績が数値できちんと書かれていれば、読みますけど、それこそ、本編を読みます。

最初に全体の要約を書くと思いますが、これが具体的でないと、職務経歴の詳細はまず読みません。

自己PRに力を入れるんだったら、【職務要約】に気合を入れましょう。

この部分は、求人ごとにアピールする部分が少し変わると思います。

手間をかけるのであれば、求人ごとに書き換えましょう。

自己PRは不要です。職務要約に力を入れて取り組みましょう。


【リクルートエージェント】

絶対に登録しておきたい転職エージェント8選!

トップへ戻る

業界最大手の転職エージェントです。非公開求人だけでも20万件以上保有するのはここだけです。専門コンサルタントがあなたの転職を全力でバックアップします。転職初心者にも使いやすいエージェントですので、キャリア相談や求人を紹介してもらうのに有効活用してください。私自身も最初の転職のときに使った最初の転職エージェントです。コンサルタントの方がとても親切で助かったのを今でも覚えています。これについては相性がありますので、担当者が自分に合わない場合はすぐに変更可能です。ウェブサイトから手続き出来ますので、気を使う必要もありませんしね。

dodaは転職エージェントと転職サイトからの応募が一括管理できるのでとても便利です。エージェント紹介求人画面と転職サイト求人とは分かれていますので、迷うことはありません。私もリクルートエージェントとdodaは転職活動開始後、自己分析が終わったらすぐに利用しました。転職サイトからのスカウトや転職エージェントからの求人紹介がメールでかなりの数ありますので、見逃さないような工夫は必要です。求人は生き物ですから。

転職エージェントは通常求人獲得する営業担当と求職者のサポートを行うキャリアアドバイザーとで分業制をとっています。ここの転職エージェントは一人のコンサルタントが営業から求職者への転職支援を行う一気通貫体制をとりますので、アドバイザーが求人情報についてとても詳しいメリットがあります。あなたの転職支援を一人のコンサルタントが全てワンストップで担当するメリットとしてはほかにも求人のマッチングがとれないリスクがとても低いことなどが挙げられます。分業制をとるリクルートエージェントやdodaと合わせて使うとどちらがあなたに合うかわかると思います。

ハイスペック求人を取り揃えた転職エージェントで外資系求人に強いことでも有名です。当然ながら高年収求人ばかりですので、高スキルで高年収を目的に転職する方はぜひ使いたい転職エージェントです。ミドル・ハイクラスに特化した転職エージェントですので、それ以外の方は別のところを利用した方が良いでしょう。

マイナビが運営する20代に特化した転職エージェントです。第二新卒の方には最適でしょう。求人の量よりも質にこだわっていますので、求人紹介数が多いリクルートエージェントやdodaと合わせて使いたいところですね。20代の方以外は別の転職エージェントを使った方が良いでしょう。

ビズリーチはヘッドハンティング型転職サイトです。掲載されている求人は企業や中堅転職エージェント保有の求人が多いですね。ヘッドハンターからのオファーで思わぬ求人に出会える可能性が広がります。1000万円以上の求人が殆どですので、いわゆる転職サイトとは一線を画します。オファーを待つだけでも価値があるでしょう。

ワークポートは元々はIT特化型転職エージェントで、現在は幅広い求人を扱う総合型転職エージェントです。ですのでIT関係の求人に強みを発揮し、未経験からのエンジニアへの転職もサポートしています。もう一つの特徴は営業部隊が求人を毎日新規開拓しているということです。新鮮な求人を紹介することで常に生きている求人15000件を確保しています。求人は生き物ですからできるだけ新鮮な方が良いのです。転職決定人数が第一位のワークポートについてはさまざまな評判があります。しかしそのほとんどが担当コンサルタントとの相性の問題なのです。常に新鮮な求人を保有している転職エージェントは他にはありません。使わないともったいないエージェントですよ。

この転職エージェントは東京・神奈川・埼玉・千葉の首都圏エリアに特化しています。特徴としてはそんなに大手ではないので、その分サポートが手厚いということが挙げられます。大手の転職エージェントでは物足りない部分はtype転職エージェントで十分補えるはずです。この転職エージェントで転職した方の71%が年収アップを実現しています。満点の転職エージェントはありません。各々の特徴を把握しながら、上手く利用していきましょう。

ニュースレターを購読する

新規記事を誰よりも早くお届けします!



タイトルとURLをコピーしました