【転職活動】職務経歴書を見直す時期と内容【転職の軸ごと】

履歴書・職務経歴書
この記事は約7分で読めます。

転職活動で職務経歴書の内容をよくするために適切な時期に見直すことはとても大切です。本記事では職務経歴書を見直すべき時期と内容について、転職の軸ごとに解説します。ご興味のある方はご一読ください。

【転職活動】職務経歴書を見直す時期と内容【転職の軸ごと】

【転職活動】職務経歴書を見直す時期と内容【転職の軸ごと】

 

転職活動では職務経歴書と面接がポイントです。

面接に呼ばれるためには書類選考を通過する必要があります。

 

職務経歴書はきわめて重要だと言えるのです。

職務経歴書に完成はありません。

 

職務経歴書は気づいたら修正していくことが大切です。

このような見直しは毎日行ってもやり過ぎではないです。

 

ただしバージョン管理はしっかりしましょう。

求人によっては以前のバージョンを使う方が良い場合があるからです。

 

本記事では転職活動期間中の職務経歴書を見直すタイミングと項目がわかるようになっています。

 

  • 転職の軸ごとに職務経歴書見直す内容は異なる
  • 一ヶ月経過したら職務経歴書を見直しが必要
  • 三ヶ月経過したら職務経歴書の大幅見直しが必要か検討

 

一つずつ解説します。

 

 

転職の軸ごとに職務経歴書見直す内容は異なる

転職の軸ごとに職務経歴書見直す内容は異なる

 

基本は応募する求人に合わせて、職務経歴書を作成するというのが建前となっています。

ここでは転職理由が決まって、転職活動に入り、キャリアの棚卸し、職務経歴書と一通り完成させた後の見直しの必要性について、書こうと思います。

 

同業界・同職種への応募の場合

 

同業界・同職種への応募の場合は職務経歴書を見直す必要はあまりありません

作成日や求人票の応募要件で濃淡をつける程度で構いません。

 

求められていないスキルについては軽く書く程度にします。

その代わり、応募要件で求められているスキルに関して重点的に書くのです。

 

>>誰でもできる職務経歴書の作成手順

 

 

業界用語・専門用語を使って、あなたの経歴をアピールできる求人です。

求人の中でも、伝えたいことが伝えやすい部類に入ると言えます。

 

経験を生かしてキャリアアップをしたい場合の多くの方は、業界・職種ともに同じものを選んで転職活動をすると思います。

業界選定に迷ったらどうすればいいのか?でも取り上げた通り、転職の軸はブレないように注意して転職活動をした方が良いと思います。

 

>>業界選定に迷ったらどうすればいいのか?

 

今の業界は5年後、いえ、3年後すらあるかどうかわからないからです。

それであるならば、あなたの転職の軸をしっかり固めて、転職活動する方が良いのではないでしょうか?

 

同業界同職種への求人というのは、今後無くなっていくものもあるでしょうし、成長するものもあるでしょう。

業界というよりは、職種に関しての詳しい説明を書いておくことの方が重要です。

 

応募する企業でどんな事業を検討しているかわかりません。

その企業では人材がいないため、求人を出す場合も多いのです。

 

ほとんどの場合は極秘プロジェクトのため、求人票への「募集の背景」に関する記載はありません。

転職エージェントを使えば、このような非公開求人の募集の背景も知ることが出来ます。

 

経験を生かした転職の場合は転職エージェントを使った方が、極秘の優良求人を知ることが出来るので有利です。

 

他業界・同職種への応募の場合

 

同業界・同職種の場合と同じです。

職務経歴書を見直す必要はあまりないと思います。

 

見直す項目も同業界・同職種の場合と同様ですが業界が違うのでその部分の修正を加えます。

業界に特化した業務については採用する側が求めていないのであれば、軽く触れる程度で構わないのです。

 

基本的に同職種への応募である限り、職務経歴書の書き方はそんなに変わりません。

他業界であろうと、応募する職種にニーズ、需要があるわけですから。

 

例えば、エレクトロニクス業界から自動車業界へ転職する場合が典型例です。

ご存知のように自動車業界は自動運転へとシフトしています。

 

将来、車体メーカーになってしまうことに自動車メーカーは危機感をもっています。

それだけは避けなければなりません。

 

つまり、優秀なエレクトロニクス業界やIT業界の人材を必死で欲しがっているわけです。

事実自動車メーカーは、エレクトロニクス業界出身の人材を極秘で募集しています。

 

AI,IoTを中心とした第四次産業革命で、業界が再編しだしているのは間違いのない動きです。

それを考慮すれば、職種が同じであれば、職務経歴書でアピールする部分は変わりません。

 

そして、このような求人も転職エージェントに登録しないと知ることが出来ません

まずは大手の転職エージェントに登録することが始まりです。

 

キャリアを生かした年収の高い求人は、転職エージェントにしかありません。

 

他業種・他職種への応募の場合

 

異業種への転職を希望する場合、求人ごとに最初から最後まで「新規で職務経歴書を作成する」必要があります。

企業研究からはじめて「業界研究」職種研究をしてから職務経歴書を作成し始めましょう。

 

見直すというよりも、毎回作成するイメージです。

異業種求人への応募の場合は、かなり応募書類作成段階でも大変です。

 

転職の軸を変える場合は、ある程度覚悟を決めた段階ですので、短い期間で決めるようにすることを目指してください。

 

>>転職の軸がブレた時、確認すべき3つのポイント【そうなったらどこか間違っています】

 

このような異業種への転職の場合、以前は転職エージェントはサポートしていないことが多かったのですが、多様な働き方になったが多様になることによって、対応するところが増えています。

しかし業界特化型の転職エージェントは、その業界に精通している方しか登録出来ません。

 

リクルートエージェントやdodaのような総合型転職エージェントについては、未経験職種への転職も可能です。

キャリア相談をして職務経歴書の書き方を学んだり、添削してもらうことももちろん可能です。

 

 

一ヶ月経過したら職務経歴書を見直しが必要

一ヶ月経過したら職務経歴書を見直しが必要

 

転職活動後一ヶ月経過したら、【職務経歴書】の見直しをしてみましょう。

ケアレスミスがあるともったいないので、正しい情報が書かれているかを改めて確認しましょう。

 

誤字脱字があるかどうかはもちろん、勤務期間を正確に再確認するのです。

もちろん履歴書と時期があっていないとダメです。

 

雇用保険被保険者証などの信頼できる書類を基に会社の在籍期間を再確認してください。

一度職務経歴書を完成すると見直しすることは意外とないものです。

 

特に転職回数が多い方はミスしやすいので、改めてチェックですね。

次に同じ会社の中でも職務が変わった場合は、職務経歴書に時期を示して、職務を書くと思います。

 

それに間違いがないか、加えることや余計なことはないかを丁寧に見直してください。

 

 

三ヶ月経過したら職務経歴書の大幅見直しが必要か検討

 

三ヶ月経過したら職務経歴書の大幅見直しが必要か検討

 

三ヶ月経過しても、内定が出ない場合は転職活動の中で問題がどこかにあります

あなたは書類選考は通る確率はどれくらいでしょうか?

 

50%を超えていれば、転職面接の対策が必要だと思います。

それ以下であれば、職務経歴書の大幅な見直しが必要な場合があります。

 

求人と職務経歴書との距離感を改めて確認してみましょう。

コツはあなたが採用担当のつもりで書くことです。

 

採用担当社の立場になって、改めて読み返してみましょう。

求人にとって、必要な情報が欠けていませんか

 

求人票のキーワードに出来るだけ合わせて書いていますか?

読み手にとって、不要な情報が多く書かれていませんか

 

キャリアの棚卸しがしっかりと出来ていれば、職務経歴書作成で苦労することはありません。

三ヶ月経過している場合は、職務経歴書を直接直す方が早いので、このような方法でも問題ないです。

 

書類選考でパスするように頑張りましょう。

 

 

>>【おすすめ】失敗しない転職エージェントと転職サイト78選【ニーズ別】

>>おすすめの転職エージェント12選【デメリットも利用した使い方】

>>【無料あり】おすすめのプログラミングスクール3選【まずは行動すべき】

>>【おすすめ】初めての転職で登録したい転職エージェント14社を厳選